https://yuki1enjoy.com

車ニュース

2022年から23年発売予定のSUV!フルモデルチェンジ情報リークまとめ!

今回は、多くのユーザーから人気を急速に集めているSUV。

国産車に絞って、取材で確認することができた、新型車(フルモデルチェンジ)とマイナーチェンジ(一部改良)情報をお届けする。

2022年から2023年にフルモデルチェンジが予想されるSUVをスクープ!!

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

紹介する車種はこちら

  • CX-80
  • CX-60
  • MX-30
  • エクストレイル
  • キックス
  • キャシュカイ
  • クラウンSUV
  • ランクルプラド
  • ヤリスクロス
  • ハリアー
  • RAV4
  • カローラクロス
  • C-HR
  • RZ
  • RX
  • LBX
  • HR-V
  • XV
  • ジムニーロング
  • ハスラー

マツダの新型車

CX-80

出典:Spyder7 [APOLLO NEWS SERVICE]

CX-80のポイント

発売時期:2023年中

  • CX-8販売終了→後継としてCX-80
  • パワートレインはCX-60で採用の直列6気筒、PHEVを含む4つを展開か
  • CX-60にて採用の8AT採用
  • CX-60にて採用の新デザインコンセプト内装外装か
  • CX-60が全幅1890mmのため全幅1920前後か

CX-60

CX-60のポイント

発売時期:2022年秋頃 4月にも先行予約開始

  • 価格299万円から
  • パワートレインは直列6気筒、PHEVを含む4つを展開
  • 初採用8AT
  • 新デザインコンセプトの内装外装
  • 全幅1890mm

CX-60見積もり価格と限界値引きを公開!【オプションやグレードなど最新情報まとめてリーク】

MX-30

MX-30ポイント

発売時期:2022年中

  • PHEV新設定

日産の新型車

新型エクストレイル

のポイント

発売時期:2022年夏頃

  • 全長40mm、全高50mmほど縮小
  • 内装外装の大幅質感向上
  • 地図表示対応の12.3インチフルTFTメーター
  • 第二世代e-POWER
  • e-ペダル(ワンペダル操作)
  • 現行型生産ラインを縮小で移行の動き

新型エクストレイル【内装外装や装備が凄い!買いを検討する7の理由】

新型キックス

新型キックスのポイント

発売時期:2022年夏頃

  • 第二世代e-POWER採用
  • 4WD新設定
  • 12.3インチフルTFTメーター
  • 新型ノートに近いセンターコンソールデザインなど内装外装の変更

新型キャシュカイ

キャシュカイのポイント

発売時期:2022年3月に欧州発売

  • 第二世代e-POWER採用最大出力190hp
  • e-ペダル
  • 12.3インチフルTFTメーター
  • 新型ノートと類似のセンターコンソール

YouTube日産再生リスト

トヨタの新型車

新型クラウンSUV

出典:ベストカー

クラウンSUVのポイント

発売時期:2022年中央〜2023年中か

  • TNGA GA-K「FFプラットフォーム初採用」
  • セダン先行投入後に発売か
  • SUV
  • セダンから車高UPのクロスカントリーSUV
  • ステーションワゴンスタイル

【2022年3月最新情報】新型クラウン発売へ!どのデザインで登場するんだ?

新型ランドクルーザープラド

出典:Spyder7 [APOLLO NEWS SERVICE]

新型ランクルプラドのポイント

発売時期:2023年中

  • GRグレード新設定
  • TNGA GA-F採用
  • 新型V6エンジン
  • 価格大幅UP

新型ヤリスクロス

左がアドベンチャー:右がZ 発売済みの車両だ

新型ヤリスクロスのポイント

発売時期:2022年8月ごろ

  • アドベンチャー新設定
  • GR新設定
  • インナーミラー常時録画機能採用
  • 内装ブラックカラー
  • カラー変更
  • カラー廃止

ヤリスクロス大人気の中マイナーチェンジへ【GRやアドベンチャー・常時録画機能を装備へ】

新型ハリアー

新型ハリアーのポイント

発売日:2022年秋から冬

  • G“Leather Package”の廃止
  • 「12.3インチT-Connect SD純正ナビ」を「ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus」へ変更
  • プリクラッシュセーフティ「交差点・右左折時対応・緊急時操舵支援機能」を追加
  • TFTマルチインフォメーションディスプレイ12.3インチへ大型化
  • ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉をプラチナホワイトパールマイカ〈089〉へ変更
  • PHEV追加

ハリアーもやっとマイナーチェンジ【PHEVや画面変更など改良を実施へ】

新型RAV4

新型RAV4のポイント

発売時期:2022年秋から冬

  • ハイブリッドに「特別仕様車 Adventure “OFFROAD package”」新設定
  • ディスプレイオーディオ10.5インチへ大型化
  • TFTマルチインフォメーションディスプレイ12.3インチへ大型化
  • デジタルミラー常時録画機能を追加装備
  • プリクラッシュセーフティ「交差点・右左折時対応」に追加対応
  • USB typeAからtypeCへ変更
    など

RAV4マイナーチェンジ【早すぎ!だけど改良ポイントが多くて楽しみだ】

新型カローラクロス

カローラクロスタイ仕様:ライトデザインは異なると予想される

新型カローラクロスのポイント

発売時期:2023年秋から冬

  • ディスプレイオーディオPLUS10.5インチを採用か
  • プリクラッシュセーフティ「交差点・右左折時対応」に追加対応
  • アドベンチャー新設定か
  • GR新設定か
  • インナーミラー常時録画機能採用
  • 内装ワインレッドカラー追加へ
  • カラー変更
  • カラー廃止
    など

トヨタカローラクロス【価格は199万円!見積もり総額を公開!装備やオプションも解説】値引きは?

新型C-HR

新型C-HRのポイント

発売日:2023年から24年ごろ

  • EV
  • サイズ拡大
  • 2Lハイブリッド
  • 燃費27km/L目標か

YouTubeトヨタ再生リスト

レクサスの新型車

RZ

RZのポイント

発売日:2022〜23年中

  • ステアバイワイヤシステム
  • 充電走行距離450kmほど
  • リース&KINTO販売のみか
  • 補助金85万円支給へ

新型RX

出典:グーネット

新型RXのポイント

発表:2022年夏頃
発売日:2022年秋から2023年前半

  • 先代から踏襲のコンセプトデザイン
  • NXのような新世代レクサスを思わせる内外装
  • NXと同様のパワートレイン4つ
  • ハリアーにて初採用の調光パノラマルーフ
  • サイズ拡大で全幅は1920前後へ
  • 価格UP
  • 納期長期化の懸念あり

新型RXフロントとリヤ画像がリーク!外装と内装を徹底考察!最新情報まとめ

LBXと名乗るか?ヤリスクロスのレクサス版が登場へ!!

出典:https://www.kolesa.ru/news/lexus-razrabatyvaet-subkompaktnyy-krossover-pervoe-izobrazhenie-lbx

LBXのポイント

発売日:2023年ごろ

  • UXより車両サイズは小さい
  • 機械式立体駐車場は非対応
  • 全幅は1800mm以下となる
  • PHEVも用意
  • ヤリスクロスと共通のTNGA採用
  • 新世代レクサスの内装外装

ホンダの新型車

HR-V

HR-Vのポイント

日本仕様発表:2022年5月か
発売日:2022年〜23年

  • シビックと共通のプラットフォーム採用
  • ヴェゼルより大きなサイズ感
  • ヴェゼルから質感向上する内装外装
  • ヴェゼルやカローラクロスより価格は高い
  • ダブルウィッシュボーン式サスペンション採用

スバルの新型車

新型XV

出典:グーネット

新型XVのポイント

発売日:2022年〜23年

  • 現行型を踏襲するデザインしながらも新世代のスバルデザインを採用
  • レヴォーグなどに採用のフルTFTメーター地図表示対応
  • 1.5Lターボエンジン採用
  • アイサイトXによるハンズオフ採用か

スズキの新型車

ジムニーロングホイールベース

ジムニーロングのポイント

発売日:2023年以降

  • ジムニー5ドア化
  • 後席居住空間の確保
  • 乗り心地向上
  • シエラの納期が落ち着き次第発売を検討

 

ハスラー

ハスラーのポイント

発売日:2022年5月

  • 全車速対応ACC全車に標準装備
  • 車線逸脱抑制機能全車に標準装備
  • すれ違い支援機能の設定変更

 

YUSA
最後までご覧いただきありがとうございます!動画を併せて見ていただくことで、理解が深まりますよ!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

車の任意保険である自動車保険は、毎年3万円から30万円ほどの高額な費用がかかる。保険は使わずに済むことが一番だが、使わなければ「ただの無駄金」で、できる限り安い自動車保険に加入したい。 見直しを考えて ...

2

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

3

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

-車ニュース
-, , , , , ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.