https://yuki1enjoy.com

ホンダ CARレビュー ZR-V

ZR-V見積もりと限界値引きを公開!内装外装は?情報まとめ

大人気を集めるヴェゼルより少し大きいカローラクロスに類似したサイズ感のホンダ「ZR-V(HR-V)」。

ホンダは、2022年9月に先行予約を開始した。発売は2023年春頃と発表していて、価格は294,9万円からとなる。

納期が長くなるであろう現在、早期での注文が必要になるため、徹底的に最新情報をリークし皆さんのお役に立てれば幸いだ。

見どころは、見積もり、限界値引きの公開、内装外装などの情報となっている。

2022年9月先行予約を開始!ホンダ新型ZR-Vについて!最新情報まとめてスクープ

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

*こちらの記事は、最新情報を把握しだい随時更新しております。

外装デザイン

米国仕様

注目のエクステリアデザインは、ホンダらしくないデザインと言える。近年では、ヴェゼル、新型シビック、新型ステップワゴンの方で、シンプルなデザインを採用しているためだ。

台形の形をもった大きなフロントグリルが中央にあり、中はヘキサゴン柄となっている。ヘッドライトは、ホンダの車らしくシンプルで、端のL字の部分がデイライト、車幅灯、ウインカーとして点灯する。バンパーは、SUVらしく無骨で迫力を表現するようなデザインで、近年のホンダデザインでは珍しいデザインとなっている。

個人的には、迫力を持たせ、マッスル感のあるデザインで、とてもかっこいいと思う。

米国仕様

続いて、サイド。室内空間をしっかりと確保したボディの形状が見て理解できる。

ただ、ルーフエンドやボディ各所には曲線を持ち、丸みをもったデザインとなっていて、レクサスのようにやたらと迫力を出しているわけではない。

サイドミラーは、しっかりとドア上部に配置し、Aピラー周辺の視界を確保する。

米国仕様

リヤは、やはりの一文字テールランプではない。ただ、リヤガラス上部に大型スポイラー、LEDテールランプにライン発光を採用し、しっかりと上質感を確保している。

ヴェゼルと同じように、バンパーやタイヤフェンダーに、ピアノブラック塗装を採用し、完成度の高いデザインを感じさせる。

個人的には、トレンドの一文字テールランプがよかったと思うが、ここは好みであろう。

日本仕様車

そして、2022年7月に日本仕様車が公開された。

デザインが変化しており、フロントグリルは縦基調に変更。バンパーもデザインが変更され、ボディ同色塗装を多用し、都会的なデザインとなっている。

日本仕様車

サイドは、タイヤフェンダーアーチモールのデザインがピアノブラック塗装から、ボディ同色塗装へ変更されている。

日本仕様車

リヤは、バンパーのデザインが変更され、ピアノブラック塗装から、ボディ同色塗装へ変更。海外仕様ではなかった、マフラーデザインも確認できる。

日本仕様は、海外仕様からタフで無骨なデザインを少し減らし、都会的で高級感を意識したデザインへと変化することになる。日本ユーザーの好みを考慮した変更だろうが、吉と出るのか注目したいところだ。

内装デザイン

米国仕様

続いて、インテリアを見ていこう。新型シビック同様に「HMI(Human Machine Interface)」乗る人を中心とした考えを元に開発した車となっていて、ダッシュボードが低く、前方視界が開けている。

全体は、シビックと同じデザインで、ダイヤル操作のエアコンパネル、ハニカム柄のエアコン吹き出し口、9インチナビ画面などが共通となっている。

シフトレバーを配置するセンターコンソール部分は、シビックよりもしっかりとしたデザインで、大きい形状を持ち、左右にレザー超素材を採用していることが確認できる。

そして、ヴェゼルなどでは非採用の「ワンタッチパワームーンルーフ」を採用。窓を開けて、開放感の確保、空気の入れ替えが可能だ。また、ルームランプが、ヴェゼル同様に、タッチ式を採用していることが画像から確認できる。

ライバルは、トヨタカローラクロス、RAV4、ハリアー、日産エクストレイル、CX-5などだ。

ヴェゼルでは、勝負にならなかった相手も、これならしっかりと太刀打ちできる。

カローラクロス

大人気を集めているカローラクロスと見比べると、かなり上質感で上回っていることが確認できる。HONDAらしい美学に纏められたインテリアは、とても居心地が良さそうで、好印象だ。

日本仕様

そして、インテリアも日本使用車の画像が公開された。

これは、ハイブリッドe:HEV Zだけに採用されるインテリアで、インテリアカラーはマルーンというものだ。海外仕様より、上質感を強く演出する色彩豊な内装色はとてもいいだろう。

ボディカラー

新型ZR-V・ボディカラー
プレミアムクリスタル
ガーネット・メタリック
ミッドナイト
ブルービーム
メタリック
クリスタル
ブラック・パール
スーパー
プラチナグレー
メタリック
ノルディック
フォレスト・パール
プレミアム
クリスタルブルー
メタリック
プラチナ
ホワイト・パール

内装カラーと素材感

ZR-Vに設定されるインテリアは、下記の通り。

グレードカラー素材
Xブラック合成皮革&ファブリック
Zブラック本革
e:HEVXブラック
マルーン
合成皮革&ファブリック
e:HEVZブラック
マルーン
本革

車両サイズ&室内の広さ

全長×全幅×全高4570×1840×1620mm
室内長×室内幅×室内高2535×1470×1280mm

ZR-Vの車両サイズは、ヴェゼルよりおおよそ全長236mm、全幅48mm、全高20mmほど大きい。

プラットフォーム

HONDA シビックと同じプラットフォーム採用

ZR-Vは、新型シビックとプラットフォームを共用する。ホイールベースは、ZR-Vよりシビックの方が70mmほど短いとのこと。

ヴェゼルは、コンパクトカーフィットをベースとして設計された車となっているため、大きな走行性能の違いが期待できるであろう。

パワートレインなど走行性能

ZR-Vは、ガソリンエンジンとハイブリッドエンジンを設定する。

ガソリンエンジンは、米国の2Lエンジンからダウンサイジング。1.5Lエンジンを日本仕様では搭載する。このため、レギュラーガソリン仕様となる。

種類・シリンダー数直列4気筒
総排気量1.5L
トランスミッションCVT
使用燃料レギュラー
最高出力128kW(178PS)/6,500rpm
最大トルク240N・m(kgf・m)/4,200rpm
WLTC燃費FF:14.6km/L
4WD:13.9km/L

ハイブリッドエンジンは、新開発2.0L 直噴エンジンをSUVに初搭載。新型シビックからの流用となる。新次元2モーターハイブリッドシステムで、新開発のものだ。

種類・シリンダー数直列4気筒DOHC
総排気量1.993L
使用燃料レギュラーガソリン
最高出力104kW(141PS)/6,000r.p.m.
最大トルク182N・m(kgf・m)/4,500rpm
フロントモーター最高出力/最大トルクkW(PS)/N・m(kgf・m)
リヤモーター最高出力/最大トルクW(PS)/N・m(kgf・m)
WLTC燃費FF:22.1km/L
4WD:21.7km/L

ハイブリッドのe:HEVは、4つの走行モードを用意。NOMAL、SNOW、ECON、SPORTから選択してドライブを楽しむことができる。

安全先進装備ホンダセンシング(Honda SENSING)

新型ZR-V安全先進装備

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 後退出庫サポート
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)0km/h以上
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
    など

基本的に新型シビックと準拠する内容

注目の新装備

オフロード性能に長けた性能を持つ

新装備

  • リアルタイムAWD
  • ヒルディセントコントロール
  • ハニカムグリルデザイン

今後のスケジュール

事項日程
先行予約2022年9月
発売2023年春

顧客への本格的な情報解禁は、2022年秋ごろが予定されていて、順次先行予約での受注開始となる。

メーカー自身も生産できる台数が正確に見通せない状況で、発売は2022年後半から2023年春へ延期されてしまった。納期の長期化が懸念される。

新型ZR-V グレード展開と価格

新型ZR-Vのグレード展開は、日本仕様だと下記の内容を予定する。

1.5Lガソリン2WD(FF)円4WD円
X2,949,1003,169,100
Z3,548,6003,768,600
2Le:HEV2WD(FF)円4WD(E-four)円
e:HEV X3,298,9003,518,900
e:HEV Z3,899,5004,119,500

価格は予想通り、ヴェゼルより70万円ほど高い価格帯で販売され、299万円〜からのスタート価格で、お値打ち感をPRする戦略となっている。

価格帯としては、ハリアー、CX-5をライバルとしている。

ホンダ新型ヴェゼル【見積もり公開!価格UP装備のコスパは?】HONDA VEZEL 2021
ハリアー見積もり公開!改良で価格は高くPHEVを新設定
マツダCX-5【見積もり総額と値引きは?】2021年12月マイナーチェンジ

オプションについて

メーカーオプション

次に、確認することができているメーカーオプションを見ていこう。ZR-Vは、一つだけ設定される。

メーカーオプションとは?

メーカーオプションは、自動車製造工場で取り付けを行うため、納車後にあとから購入することは基本的にできない。

項目金額(円)
●Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器〈ナビゲーション連動〉
 ●マルチビューカメラシステム
●ワイヤレス充電器
292,000

上記のセットオプションをつけると左サイドミラーの補助ミラーが外れる。

ディーラーオプション

ディーラーオプションとは?

販売店で取り付けを行うオプションのこと。納車した後からも、取り付けを行うことができるため、迷うなら保留が鉄則だ。販売会社により、少し価格が異なるため参考に見て欲しい。

*明らかになり次第、更新

項目金額(円)
フロアマット41,700

ホンダZR-Vの見積もり総額は高いか?

ZR-V e:HEV X 装備と見積もりチェック

e:HEV X 主要装備一覧

e:HEV X 主要装備

  • Honda SENSING
  • フルLEDヘッドライト〈デイタイムランニングランプ付〉(マニュアルレベリング/オートライトコントロール機構付)
  • Honda CONNECT for Gathers+ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • 10.2インチ デジタルグラフィックメーター
  • ドライブモードスイッチ(NORMALモード、SNOWモード、ECONモード、SPORTモード)
  • 左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー
  • リアベンチレーション
  • シートヒーター(運転席/助手席)〈4WD車〉
  • パワーテールゲート(予約クローズ機能付)
  • USBジャック(Type-A/急速充電対応タイプ)
  • USBチャージャー(Type-C/急速充電対応タイプ)
  • 後席充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個付)
  • コンビシート(プライムスムース×ファブリック)
  • ハイデッキセンターコンソール(ドリンクホルダー/大型アームレスト付コンソールボックス付)
  • 18インチアルミホイール(ピューターグレー)
  • エレクトリックギアセレクター
  • メタル製減速セレクター
    など

e:HEV X 見積もり公開!!

現金での支払い総額は、3,983,000円

項目金額金額(10%税込み:円)
e:HEV X3,298,900
・マルチビューカメラシステム
・Honda Connect9inchディスプレイ
・ETC2.0
・ワイヤレス充電器
292,000
ドライブレコーダー65,100
フロアマット41,700
税金・諸費用285,300

ナビゲーションは、ディーラーオプションで購入することも可能だが、メーカー純正のセットOPがオススメなのでこれを選択している。割高なものではない。

ZR-V e:HEV Z 装備と見積もりチェック

e:HEV Z 主要装備一覧

e:HEV Z 主要装備

🔻前述Xの装備に加えて

  • フルLEDヘッドライト〈デイタイムランニングランプ付〉(オートレベリング/オートライトコントロール機構付)
  • LEDアクティブコーナリングライト
  • Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器〈ナビゲーション連動〉
  • マルチビューカメラシステム
  • BOSEプレミアムサウンドシステム(12スピーカー)
  • 運転席8ウェイパワーシート(スライド/リクライニング/ハイト前・後)+助手席4ウェイパワーシート(スライド/リクライニング)
  • ドライビングポジションシステム
  • 左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー(プラズマクラスター技術搭載)
  • シートヒーター(運転席/助手席/リア左右席〈4WD車〉)
  • ステアリングヒーター
  • ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付)
  • ワイヤレス充電器
  • 本革シート
  • ステンレス製スポーツペダル
  • エキパイフィニッシャー
  • 18インチアルミホイール(ベルリナブラック+切削)
  • など

上位グレードZは、全部付きのグレードでメーカーオプションはなしとなる。

e:HEV Z (2WD・FF) 見積もり公開!!

現金での支払い総額は、4,291,600円

項目金額金額(10%税込み:円)
e:HEV Z3,899,500
ドライブレコーダー65,100
フロアマット41,700
税金・諸費用285,300

大台の400万円を超えてしまった!ハリアーのハイブリッドよりは価格が安いので、長い納期と天秤にかけて、ZR-Vを購入するのもアリではある。

ZR-V注意点とは?

ZR-V注意点

①はやくも納期がヤバい

②ガソリンXのコスパが凄くて十分すぎる

③パノラマルーフの設定なし

④Xはナビを11.4インチまで自由に選択できる

⑤補助ミラーは外れるときと外れないときがある

⑥Zではメーカーナビが強制装備となり9インチが限界

⑦暗い夜道を走行するならZを買うべき

⑧綺麗な空気を求めるならZを買うべき

⑨Xはマフラーがダサくなる

⑩Zは夏にシートが蒸れて暑く不快である

⑪シートヒーターの設定がややこしい

⑫Zは荷室が少し狭くなる

ZR-V購入したいと思った理由

購入したい理由

  • ホンダらしくなくイカつい
  • イタリア車みたい
  • 内装は高級感がある
  • サイズ感が日本にちょうどいい
  • 早く買えば納期もそこそこ早い
  • リセールバリューも期待できる

ZR-Vの限界値引きは新型車だけにかなり少ない

ホンダ販売店は、ZR-Vへほとんど値引きを行わない。3万円〜9万円が値引きの相場と販売店から回答を得た。

お得意様やディーラーオプションを多く購入したお客さんには、車両本体価格と付属品価格からで値引き18万円を出した一例があるようだ。ただ、これが限界の値引き金額になるとのことだ。

動画でさらに詳しくチェック!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ホンダ, CARレビュー, ZR-V
-, ,