https://yuki1enjoy.com

車資産の価値

車をお得に売却するには?流れと手順

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。

知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

車を売却するのに要する期間は?

最短で3日ほど

車を売却するのに要する期間は、平均で一週間程度。急いでいることを伝えれば、申込みから3日程度で車両引き渡しまで行うことが可能です。

ただ、買取業者のスケジュールに依存しますので、繁忙期(3月と9月)は余裕をもった査定依頼がオススメ!車両引き渡しから入金までは、さらに数日の日数を必要とします。特に車を売却したお金を次の車の頭金として使う場合は、日程に注意が必要です。

1週間前の査定依頼がお勧め

車を引き渡したい日の一週間ほど前に、査定依頼するのがオススメ!その後、予定が合う日(数日後が多い)に現車確認をしてもらい、買取金額を確定。

その後数日以内に、車を引き渡す流れが最も一般的。引き渡しが遅いと、事故や消耗リスクが増えますから、買取会社としても高額査定が出しにくい状況となってしまいます。買取をしてくれる会社も、買取したあなたの車をスグに展示して、売りたいのが本音です。実際、4回度の買取査定を依頼していますが、営業マンに「明日車を引き渡せる」と伝えると会社本部に本気で価格交渉をしてくれる場合があるようです。

以上より、一週間前に査定申し込みをして、スグに車を引き渡せる状態で現車確認の場を設けるのが、円滑でお得な流れとなります。

車を売るときの必要書類

車を売るときの必要書類は、下記の通り三点。

買取査定で必要な書類
自動車検査証
自賠責保険証明書
自動車納税証明書

「知らんわ!」と思われたかもしれませんが、いわゆる車検証と一緒に保管されている方が大半でしょう。グローブボックスの中をお探しください。

紛失している場合ですが、「自動車検査証」は必ず必要。その他2点は、買取業者が再発行を代行してくれますので、査定依頼まで進行して問題ありません。

ディーラーの下取りは避けよう!

ディーラーで見積もりをもらいに愛車で行くと間違いなく聞かれること「車の下取りしましょうか?」よく聞かれますよね。大金の運命がここで決まります。


ここで「YES」と回答すると、ディーラーは通常相場よりも安い価格で、顧客の車を査定するのが慣習なのです。

車に詳しくないユーザーを相手に安く車を仕入れ、これを中古車として販売し、利益を出すのです。ビジネスですから、批判をするつもりはありませんが、皆さん損はしたくないですよね。

これに対して、買取査定は複数の競争相手が存在し、査定額を比較することが可能。何でもそうですが、相見積もりで競争を促すのはとても大切なことです。

絶対に少しの手間を惜しんだらダメです。数十万円損をします

買取サービスの利用は自分のニーズに合うものを!

私は、4度買取査定を経験していますが、正直どこを使用しても査定する買取業者は同じ。

結局は、「買取日本一はビ〇〇!!」など、CMやら看板の見覚えがあるような会社さんに査定をしてもらうことになります。

では、どのサービスを利用するのか?ですが、「あなたが何を重視するのか!」これが一番大切!

「より多くの買取業者へ査定依頼をして競争させたい!」「高く売りたいけど気が引ける。電話応対を最小限にしたい」などお考えがあるでしょう。

車売却の成功とはズバリ!「自分にマッチする買取サービスを利用する」ことなのです。

1.サポート窓口がある買取査定

一括査定.comは、社団法人 日本自動車購入協会(通称:JPUC)と提携し、ユーザー相談窓口「JPUC車売却消費者相談室」を設けているのが特徴。

買取業者の紹介に留まらず、困りごとの相談に応じてくれるのは心強いです。

良い点
実績のある優良買取業者のみを紹介
40秒で査定申し込みが可能
ユーザー相談窓口がある
悪い点
優良業者のみを紹介しているため、査定依頼が最大8社と少ない
営業マンとの交渉が必要
複数の電話応対が必要になる
  • 競争させて高価買取を引き出したい
  • 相談窓口があると安心できる
  • 価格を比較したいが少し不安がある

に該当する方は、一括査定.comがおすすめです。

2.誰もが知る知名度が売り

リクルートが提供するカーセンサーの一括査定サービス。最大の売りは知名度で、知人含めて利用している方が多く、これが安心に繋がる。

また、思い切った高価買取を引き出すなら、やはり多くの買取業者に現車確認をしてもらい、価格競争をさせることが最善の手段です。

営業マンとの交渉や複数の電話にストレスを感じないなら、カーセンサーです。

良い点
知名度が高く利用している人が多い
90秒で査定申し込みが可能
最大30社の査定額が貰える
多くの買取業者に現車確認をしてもう事で最高額が生まれやすい
悪い点
ユーザーサポートは特にない
営業マンとの交渉が必要
複数の電話応対が必要になる
  • 車に詳しい
  • 交渉を得意とする
  • とにかく競争させて最高額を引き出したい

に該当する方は、カーセンサーがおすすめです。

カーセンサー.net簡単ネット査定

3.電話一本で契約まで完了

カーネクストは、多様な販路を保有しているため年式の古い車に強く、10年落ち10万キロ超の車両を高価買取できるのが売り。傷ついた車の買取にも強く、現車確認も必要としないから驚きです。

また、電話一本で契約まで可能で、最も手間が少ない買取サービスと言えます。

良い点
電話一本で契約まで可能
現車確認の必要がない
年式の古い車や事故車、不動車両に強い
個人情報を提供するのは一社だけ
悪い点
複数の価格を比較できない
人気のある綺麗な車なら現車をPRした方が高値がでる
車に装備するオプションなどを正確に伝える必要がある
  • 古い車を売りたい
  • 現車確認さえも面倒くさい
  • とにかくスピーディーに済ませたい

に該当する方は、カーネクストがおすすめです。

4.時短をしながら価格比較ができる

ユーカーパックは、ココ数年で急成長しているサービス。買取査定のストレスであった、何件もの電話応対を一社だけにし、入金までのサポート体制を構築しています。

プロによる現車確認が一度ありますが、オプション装備の正確な把握含めて、一回プロに見てもらえるのはメリットだと言えます。

良い点
電話応対は一社だけ
現車確認は一度だけ
最大5000社からの入札で最高額を生み出す
個人情報を提供するのは一社だけ
営業マンとの交渉が必要なく詳しい必要がない
悪い点
営業マンとの直接交渉ができない
ユーカーパックの入札状況に依存する
綺麗な車なら買取業者に直接見てもらった方がずば抜けた高値が出やすい
  • 買取業者を競わせて高価買取を目指したい
  • 車に詳しくない
  • 競わせて高価買取を目指したいけど面倒くさい

に該当する方は、ユーカーパックがおすすめです。

筆者のYouTubeチャンネルへ
  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-車資産の価値
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。