https://yuki1enjoy.com

車を売る 車売買ガイド

車の買取と下取りの違い【メリットデメリットまとめ】

今乗っている車から別の車に乗り換える際に検討するのが「買取」か「下取り」。

実際はこの2つにどういう違いがあるかご存知だろうか?

意外と曖昧でよく分かっていないという方も多いかも知れない。

「車を売る」という意味では両方同じになるのだが、その流れと過程が違うのだ。

この記事ではそんな「買取」と「下取り」について、それぞれのメリットデメリットについてお伝えしたい。

車の買取と下取りは何が違う?

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

車を何となく手放すと、損をしてしまう。

買取と下取りは、手間、手順などのコストに違いがある。よく理解していただく機会になれば幸いだ。

買取とは?

買取とは、「車を買い取ってもらう」ことを指す。

つまり中古車買い取り業者などへ車を売却するということだ。

買取の流れ

相手:中古車販売専門店や買取専門店

  1. 見積もりを複数業者に対して依頼する
  2. 納得できる査定額の業者へ、了承の連絡をする
  3. 必要書類の提示
  4. 売却車の引き渡し
  5. 買取金額の受け取り

このように見積もり依頼して、額に納得できれば売却し現金をもらうという流れだ。

注意する点としては、見積もりをとる業者は1社だけではなく複数業者へ頼み、相場確認をしながら進めるということだ。

下取りとは?

次に下取りとは、「新しく車を購入するお店で、現在の車を売却し引き取ってもらう」ことを指す。

下取りの流れ

相手:車の購入先となるお店

  1. 次に購入する車を決める
  2. 現在の車の下取りを依頼
  3. 必要書類を提示し契約
  4. 下取り額を差し引いた、新車の代金を支払う
  5. 購入した車と、下取りに出した車を交換する

この様な流れで、現在の車の下取り価格と差し引いた値段で購入できる。相殺のようなイメージだ。

メリット・デメリットは?お得なのは?手間は?


下取りに出すか、買取に出すか、どちらにするか迷う方は多いであろう。

場合によっては、50万円以上の差が出るので、よく検討して損がないよう行動したい。

YUSA
メリット、デメリットをまとめましたので、ご確認ください!

買取のメリット・デメリット

メリットデメリット
金額が高い
相見積もりで競争させれる
相見積もりで相場が確認できる
節約になる
無料
その時の相場により価格が変動する
手間やストレスになるときもある
次車の納車に合わせる必要あり

所要時間:1時間15分ほど

上記の通り、買取は、メリットが多い。

デメリットも存在するが、車を売る手順を確認したり、最適なサービスを利用することで、解決することができる。

下取りメリット・デメリット

メリットデメリット
売る時の手間がかからない
納車まで乗れる
下取り査定料が発生する
価格の妥当性が不透明
50万円以上安いことが多い

所要時間:30分ほど

買取に比べると、下取りのメリットは少なく、やはり価格面でデメリットが多い。

買取と下取りどちらがいいか

YUSA
何があろうと、絶対に買取です!

買取サービスを利用した場合、この手間は、時給換算で、120万円を超える場合があるため

どういうこと?買取サービスの手順を確認

YUSA
買取サービスを利用すると、買取業者は喜んで自宅に来てくれます!

①利用申し込みは、45秒ですぐに完了

予約を取るための電話が数社から入る(数本)。

②買取業者からの電話に出て査定日時を決める。

この対応が面倒という指摘があるが、落ち着いて1件1件対応して、査定日の予約をするだけ。手が空いているときに、申し込めばいい。

申し込みから予約確定▶︎15分ほど

査定の当日は、買取業者が車の状態確認を行い、買取価格が決まる。

買取価格に満足したら売却で、不満なら断るだけだ。売るか、売らないかは、ユーザーの任意となる。

査定と契約▶︎1時間ほど

必見!時短をしながら高く売るコツは??「車売却YUSAの方程式」

YUSA
YUSAは、高く売るコツ「車売却YUSAの方程式」を使っています。

「車売却YUSAの方程式」とは??

消費者有利な自動車市場を目指すYUSAが、車を高く売るために、考えた方程式のこと。120万円以上、高く売れた事例も報告されている。方程式通り行うことで、手間の削減も可能となる。

 

「車売却YUSAの方程式」手順【1】 申し込み後の電話応対で複数の買取業者へ同じ時間にくるよう依頼する

5社が査定する場合も、同じ時間に車を見せることで、手間の削減が可能になる

1社だけを相手にすると、上司から「安くしてもらうように頼め」と指示された営業マンが面倒な存在になることもある。

YUSA
交渉は、正直面倒です。これを避けるためにも、「ナビクル」でたくさん買取業者を呼んで、価格で勝負させるのが1番です。

 

「車売却YUSAの方程式」手順【2】 一斉に価格を入札させる

当日は、一斉に車を見せて、一斉に買取価格の入札をさせるのが1番。

これが、高く売るための厳守ルールとなる。

YUSA
価格勝負に引きずりこむことで、「安くしてほしい」という面倒な交渉から解放されます。
査定当日の流れは、下記にまとめました。

査定当日の流れ

  • 自宅に来た営業マンへ一斉入札の依頼
    「名刺の裏に価格を書いて1時間後に入札してください」とお願いする
  • 一斉に車を見せる
    1時間ほど
  • 一斉に入札させる
    クリアファイルを用意しておき、これに入れさせるとスムーズ
  • 1番高価だった買取業者と売却契約を締結
  • 満足できなければ断る

必要な時間は、たったの1時間15分ほど

YUSA
下取りより、120万円高くなった事例も存在しますから、やるしかないです。

労働時給に換算してみると、120万円高く売れた場合は時給100万円を超え、50万円高く売れた場合は時給40万円を超えてくる

圧倒的な節約と、手間の節約のために「ナビクル」を使おう。

完全無料、今すぐお試しを。

「ナビクル」>>>公式サイト

まとめ

いかがだっただろうか。 「買取」と「下取り」の違い。

従来は、買取に手間がかかるというデメリットがあったが、現在は買取ユーザーたちの不満を解決したサービスが提供されている。

紹介した買取サービスは、利用しても売却は任意で、完全に無料だから、安心して利用してほしい。

関連リンク

※本記事の時間、価格は、過去の経験、実際の査定額に基づき記載

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

車の任意保険である自動車保険は、毎年3万円から30万円ほどの高額な費用がかかる。保険は使わずに済むことが一番だが、使わなければ「ただの無駄金」で、できる限り安い自動車保険に加入したい。 見直しを考えて ...

2

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

3

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

-車を売る, 車売買ガイド
-,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.