https://yuki1enjoy.com

ヤリスクロス CARレビュー TOYOTA SUV

ヤリスクロス見積もり価格と限界値引きは?

トヨタ自動車は、2022年8月8日に大人気コンパクトSUV「ヤリスクロス」の一部改良(マイナーチェンジ)版を発売する。

今回は、「改良の変更点、GR SPORT&アドベンチャー新設定、装備やボディカラーの変更、見積書公開、限界値引き」などについて紹介する。

相変わらず納期が長い一台だ。皆さんの早い、商談、検討のお役に立てれば幸いだ。

2022年8月にも一部改良(マイナーチェンジ)を予定!その内容とは?

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

記事内容と流れ

  • 2022年8月にも発売の車両本体価格
  • どのパワートレインで買うべきか
  • 一部改良での変更点
  • 新グレード設定(アドベンチャー&GR)
  • 今後のスケジュール
  • 主要装備と見積もり総額を公開
  • 買う前の注意点
  • 限界値引きは30万円

装備の充実で車両本体価格は高くなる

ヤリスクロス・ガソリンFF (円)4WD (円)
X1,896,0002,127,000
G2,020,0002,251,000
Z2,232,0002,463,000
Adventure2,331,0002,562,000
GR SPORT2,367,000設定なし

↓ハイブリッドは、37万円から40万円ほど価格が高くなる。

ヤリスクロス・ハイブリッドFF (円)4WD (円)
HYBRID X2,284,0002,515,000
HYBRID G2,394,0002,625,000
HYBRID Z2,606,0002,815,000
HYBRID Adventure2,705,0002,936,000
HYBRID GR SPORT 2,750,000設定なし

2022年8月発売モデルは、グレードが2つ追加となる。

どのパワートレインで買うべき?

ヤリスクロス【HVとGSを比較した!】

一般ユーザーが気にする快適な乗り心地、静粛性などの走行性能において、ハイブリッドはガソリンより優秀な性能を持つ。乗り比べれば、誰もが分かる違いとなっている。

快適な移動をしたいならハイブリッドで、コストパフォーマンスを求めるならガソリンとなる。また、納期はガソリンの方が早い傾向だ。

一部改良での変更点

紹介する内容はこちら

  • 自動防眩インナーミラー
  • 内装ブラックカラー
  • ボディカラー廃止
  • ボディカラー変更
  • Zの内装にブラックカラー追加

自動防眩インナーミラー(ドライブレコーダー付き)

ハリアーのデジタルミラー
ヤリスクロスではデジタルミラー機能は非採用の見通し

ただの鏡だったヤリスクロスのルームミラー。現時点でハリアーのみ採用する常時録画機能を改良にて、採用することになる。ドライブレコーダー同様に録画できるもので、SDカードへ記録がするものとなる。全車でオプションにて設定される。

ハリアーにおいては撮影できる画角が狭いもので、ヤリスクロスで改善されているのか注目したい。この点に関しては、ハリアーの動画で解説している。

YUSA
ハリアーを所有している方は、多くの方がドライブレコーダーを装着されていますので、おそらく必要になることでしょう。
注文を急いでいるなら先に注文をされて、販売店に届いたら納車前に映像を録画してみて確認する。この手順がいいと思いますよ!!

ボディカラー廃止

ヤリスクロス一部カラー:2020年モデル

一方、ボディカラーの方は、整理整頓が実施される。

不人気カラーのプラスゴールドメタリック&ブラックマイカ、シルバーメタリック&ブラックマイカの2色を廃止。

ボディカラー変更

TOYOTA:ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉

ボディカラーの変更にも注目。

やや黄色みがかりクリーム色と表現されるホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉が廃止され、純白に近いパールホワイトと表現されるプラチナホワイトパールマイカ〈089〉に変更される。

出典:トヨタモビリティ東京

並べた画像だと、ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉シエンタの方はやや黄色みを持っていることが確認でき、新採用のプラチナホワイトパールマイカ〈089〉アクアの方は、キリッとした白色であることが確認できる。

Zの内装にブラックカラー追加

ハイブリッド:Z

内装の方では、Zにブラックインテリアカラーを追加。

2020年モデルのZにおいては、ダークブラウンのインテリアのみを設定していたが、男性からの評判が極めて低かった。「チープすぎる」、「これならライズを買いたい」という声が多く出ていた。

*欧州仕様

さらなる飛躍、不満改善のため2022年の改良では、Zにブラックインテリアを追加で設定(合成皮革&ファブリック)。

Zをベース車とするアドベンチャーの方は、サドルタン&ブラック(合成皮革&ファブリック)が標準装備となる。

おそらく発売前からの予定通りの改良なのだろうが、これによって販売層を広げることができるだろう。

欧州仕様のブラックインテリアカラーでは、ステッチ加飾、合成皮革がサイドサポート部分に確認でき、男性ユーザーも納得できる質感を確保している。

より幅広い人たちに支持されることが期待できる変更と言える。

新グレード設定(アドベンチャー&GR)

アドベンチャー(Adventure)

左がアドベンチャー・右がZ (欧州仕様)

2022年8月から新たに発売となる新グレード「Z“Adventure(アドベンチャー)」は、Zがベース車で、

専用バンパー、ルーフレール標準化、ステアリングヒーター標準化(現行型OP設定)などが採用され、Zからデザインを変更。

さらに、インテリアでは、サドルタンのシートデザインを新たに採用し、より幅広いユーザーへ上質感をPRする。Zのダークブラン内装が不評であっただけに、販売店からも期待されていた変更だ。

ホイールは、海外仕様だとアドベンチャー専用デザインを採用するが、日本仕様ではZと同じデザインを採用する。少しがっかりなところではあるが、価格を抑えてくれていると解釈もできる。

アドベンチャー専用装備

  • 18インチ専用ホイール
    →中止:日本仕様ではZと同じ
  • 専用バンパー
  • フロントバンパー&リヤバンパー(ダークグレー塗装)
  • ルーフレール(シルバー)
  • 専用シート表皮(合成皮革[サドルタン]×ツイード調ファブリック[ブラック])
  • ステアリングヒーター

GR SPORT

走行性能を大きく向上するGRグレード「GR SPORT」も新設定される。

市街地からワインディングまで、意のままに操れるクルマとして、実用性とスポーティな走行を両立。ヤリス クロス GR SPORTの開発は、GRヤリスの開発ドライバーも携わり、細部の部品にまで改良を加え、操縦安定性・応答性を向上。「GR」の“走りの味”を「GR SPORT」でも継承することを目指した。「GR SPORT」の日本国内のラインアップは、ヤリス クロス GR SPORTの投入により計6車種となる。

剛性アップ
専用剛性アップパーツ

ベース車の高いボディ剛性をより高水準なものにするため、フロア下とロアバックにブレースを追加。操縦安定性の向上とフラットな乗り心地に寄与。

GR専用サスペンション&電動パワーステアリング

運動性能向上に向け、車高を10mm下げ、スポーツタイヤ「FALKEN FK510 SUV」を装着。同時に、ブッシュ、コイルスプリング、ショックアブソーバー、電動パワーステアリングを、よりスポーティな特性にチューニング。軽快な走りとクルマとの一体感のある操縦性を実現。

GR専用パワートレイン制御&ドライブシャフト

モーターの過渡特性を最適化し、加速、減速時のアクセルレスポンスを向上。モーター駆動のレスポンスをよりダイレクトにタイヤに伝えるため、ドライブシャフトのねじり剛性を向上し、スポーティな走りに磨きをかけ、パワートレーンにも改良を実施。

GR専用エクステリア

フロントのフォグベゼル、リアディフューザーを専用意匠とし、ベース車から踏襲したワイド&ローなスタンスへ。ラジエーターグリル(アッパー・ロア)、リアバンパーロアカバーは、GRの‘G’をモチーフにしたスポーティなメッシュタイプへ意匠変更した。専用18インチアルミホイール(切削光輝/センターオーナメント付)、及び、GR SPORT専用エンブレムも採用する。

個人的には、ホイール、バンパーデザインはもっと思い切ったデザインが欲しかった。

GR専用インテリア

体をしっかりとサポートしてくれるスポーティシート及び専用シート表皮(エアヌバック+合成皮革)を採用。内装は、グロスを抑えたダークメタリック塗装に統一し、運転に集中できるインテリアとなる。

先日、内装外装を徹底レビューしました!!

GR SPORT専用装備

  • 専用剛性アップパーツ
  • GR専用サスペンション&電動パワーステアリング
  • GR専用パワートレイン制御&ドライブシャフト
  • GR専用エクステリア
  • GR専用インテリア

今後のスケジュール

事項日程
先行予約2月ごろから
発売8月8日
試乗車配備8月

納期は、非常に長く、8ヶ月程度となっている。部品供給不足を要因とする工場の生産停止も相次いでおり、納車遅れに警戒が必要だ。

YUSA
早め早め、車検の1年前には、一度商談をされてください!
それでは、次のページにて、見積もり総額をご確認ください。

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ヤリスクロス, CARレビュー, TOYOTA SUV
-, ,