https://yuki1enjoy.com

CARレビュー RAV4 TOYOTA SUV

荷室サイズは?RAV4【フラット?容量はどのくらい?】

2018年に発表された5代目のトヨタRAV4。SUVとして人気のこの車種は、荷室サイズが広いことも特徴になっている。

ここでは、購入を検討している人のために、荷室サイズ(寸法)、フラットになるのか、ライバル車の荷室サイズについて、詳しく紹介する。

RAV4 後席使用時の荷室サイズは?容量は?

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!
RAV4 荷室寸法
ライバル車もビビるくらい広い

2019年から販売開始された5代目のトヨタRAV4は、後席を使用しているときでも、荷室サイズが広いのが人気の要因のうちの一つである。

荷室寸法が広く、奥行きの長さは1001mm。後部座席を使用した状態で、奥行きの長さが1000mmを超えている車は、ライバル車には見られない。この奥行きの長さが、トヨタRAV4の武器なのだ。

荷室の横幅も広く、1330mmの幅となり、ゴルフバックなどは簡単に横置きできる。

高さはおよそ880mmで、縦に高い荷物も収納しやすくなっている。荷室のデッキボードを下の段に下げれば、高さをおよそ930mmまで広げることができる。

後部座席を使用した状態のトヨタRAV4の荷室容量は580リットルとなる。

RAV4 ライバル車の荷室サイズは?

RAV4 ライバル車と比べると?
車両サイズは、ライバルより一回り大きい

トヨタRAV4荷室の広さは、他社が販売するライバル車の荷室の広さと比較すると、レベルが高いことが確認できる。

ホンダが販売しているCR-Vは、5人乗りのガソリン車の場合、後部座席を使用した状態では奥行きはおよそ950mmだ。ホンダのCR-Vは、ミドルサイズのクロスオーバーSUVの中では奥行きが長い方だが、それでもトヨタRAV4の1000mmを超えている奥行きと比較した場合には、サイズが短くなる。荷室全体の荷室容量は561Lで、荷室の他にカーゴアンダーボックスに荷物を収納することもできる。カーゴアンダーボックスの容量は24リットルで、荷室の容量と合計すると585Lになる。

スバルのフォレスターも、国内では人気のあるクロスオーバーSUVだ。RAV4のライバル車として知られている。スバルフォレスターも十分な荷室の広さを持っている車だが、この車も後部座席を使用している場合の荷室の奥行きの長さは、トヨタのRAV4より短くなっている。後席使用時の奥行きの長さはおよそ900mmで、トヨタのRAV4の奥行きよりも100mm程度短くなっている。

日産が販売しているエクストレイルも、トヨタRAV4のライバル車の一つだ。2000年から販売開始されたこの車種は、2001年から2010年の10年間、日本国内で最も多く販売されていたSUVの乗用車だった。後部座席を使用した状態でのエクストレイルの奥行きはおよそ880mmで、ここで紹介したライバル車の中では、一番奥行きの長さが短くなっている。エクストレイルの荷室容量は565Lだ。

RAV4 後席を倒すとフラットになる?段差は?

RAV4:後席使用時のラゲッジ

トヨタのRAV4は、後部座席を倒せば、より多くの荷物を載せることが可能になる。後部座席を収納した状態にすると、必要十分に長かった荷室の奥行きがさらに長くなる。後部座席を使用した状態での荷室の奥行きの長さは、およそ1880mmだ。後部座席を使用している状態よりも、800mm以上奥行きを長くすることができる。

後部座席を倒せば荷室の容量が広がる乗用車の場合、問題になることがあるのは、座席を倒した時の状態だ。フラットな状態になるのが荷室としては理想的で、段差ができてしまうと荷物を収納しにくくなってしまう。

RAV4は、後部座席を収納した場合、極端な段差ができることはないが、後部座席の背もたれ部分が少し斜めの状態になってしまうので、完全にフラットな状態にはならない。ただ、大きな段差ではないので、荷物を載せる位置や向きに注意をすれば、安定した状態で荷物を運ぶことができる。

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

車の任意保険である自動車保険は、毎年3万円から30万円ほどの高額な費用がかかる。保険は使わずに済むことが一番だが、使わなければ「ただの無駄金」で、できる限り安い自動車保険に加入したい。 見直しを考えて ...

2

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

3

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

-CARレビュー, RAV4, TOYOTA SUV
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.