RAV4 TOYOTA SUV

納期は?RAV4【最新情報だと何ヶ月?】

現行のRAV4は、2018年のNYモーターショーで世界デビューを果たし、翌年4月に日本で発売されている。

そもそも初代RAV4は、1994年に発売され、5ナンバーサイズのコンパクトSUVの先駆けとなる。現行RAV4は、5代目となり、クロスオーバーSUV としても高い評価を得ている。この人気車RAV4も、世界的なコロナウィルス感染拡大による半導体部品の不足による納期遅延が発生している。

今回は、現在のRAV4の納期の最新情報と、できるだけ早くRAV4を納車するには、どうしたらよいか。現在、RAV4を検討している人はぜひ、参考にして欲しい。

トヨタ公式による最新の納期は?

人気車種が多いトヨタ車は、現在の世界的なコロナ感染拡大で半導体部品の供給不足で大幅な納車遅延状態が長期間続いている。

RAV4は、現在どのような状況なのだろうか。トヨタ自動車の工場出荷目処を見ると具体的な予定は出ておらず、販売店に問い合わせするようになっている。RAV4の納期はどうなっているのだろうか。首都圏にある販売店に確認した。

RAV4は、2022年6月現在、オーダーストップ状態となっている。原因は、半導体部品の供給不足となっているからだ。今後の予定としては、10月3日から工場生産を開始するという。このスケジュールでいくと、販売店での受注開始は8月下旬となる予定だ。

トヨタRAV4最新の納期情報は、

ガソリン車 5ヶ月待ち
ハイブリッド車 12ヶ月待ち

となっている。

現在、世界的にコロナの感染拡大の防止措置が少しづつ緩和されてきている。つい先日、上海のロックダウンが解除されたので、今後、半導体部品やその他の不足部品の供給が再開できれば、納期もスムーズになっていくだろう。

RAV4 今後の販売予想と納期への影響は?

国内の自動車メーカーは、世界的なコロナウイルス感染拡大により、半導体部品などの供給不足が原因で納車遅延を起こしている。トヨタ自動車も同様だ。トヨタ自動車にはさらに、納車が遅れる原因がある。

2020年5月より、トヨタディーラー4チャンネルは、全てのトヨタ車の取り扱い(一部車両を除く)をスタートした。今まで取り扱いのない人気車も販売できるので、人気車種の注文数が生産台数を上回り、長期の納車遅延にもなっている。

2022年6月現在の予定では、今年10月3日にRAV4の生産が始まるとすると、販売店での受注スタートが8月からとなる。正式には、まもなくの発表となる。この予定通りならば、8月からの注文から、ガソリン車で約2ヶ月、ハイブリット車は6ヶ月以上の納車待ちとなる。

10月からの生産分からは一部改良があり、価格も若干値上がりするそうだ。海外からの半導体を含む部品供給がスムーズになれば、納期も段々と早くなっていくだろう。

RAV4を早く納車したいけど?

RAV4を取り巻く事情は理解できるが、できるだけRAV4に早く乗りたい人も多いはずだ。2022年10月に一部改良版の発売を開始したRAV4だが、10月以内にも残念ながら受注を停止する見込み。納期が長すぎるためだ。

早く注文するために検討して、商談を進めていくのが必要になる。

現行RAV4の人気グレードは、『2.0G Zパッケージ 4WD』だが、通常は予定より多く生産されているため、早く納車できることが多いのだが、現在の状況では、人気グレードめの納車も不確定だ。かなり、長く後ろ倒しになっている。

早く納車したいのならキャンセル待ちをしておこう

人気車RAV4の納期を販売店で確認するなら、とりあえず「キャンセル待ち」をしておくと良い。販売店も受注業務でバタバタだ。何らかの事情でキャンセルの在庫車が発生しているかもしれない。まず、「キャンセル待ち」を伝えておこう。

キャンセル在庫車の情報が入ってきても、妥協できないグレードやボディーカラーもあるはずなので、その時は断れば問題ない。

KINTOなどのサブスクリプションを利用する

少しでも早く、RAV4に早く乗りたいのであれば、「KINTO(キント)などのサブスクリプション(通称:サブスク=定額利用サービス)」も選択肢に入れてもいいだろう。

「KINTO」は、トヨタ車の定額利用サービス、「定額カルモくん」は国産車全般を利用することができる。サブスクは、クルマを所有するのではなく、決めた期限まで月額で利用できるサービスで、これからの新しいクルマの使い方になる。

KINTOもRAV4に関しては、WEBからの契約が現在できないので、KINTOの取り扱いをしているトヨタ販売店に問い合わせをしてみると良さそうだ。また、定額カルモくんの他、サブスク業者もたくさんあるので、問い合わせをしてみるとよい。

納車を急ぐなら!

サブスクのメリット

●頭金・ボーナス払いが0円

●諸費用のみで支払期間中は定額での支払い

●国産メーカー全車種から選べる

●リース期間は1年から10年以上、1年単位で設定できる

●税金・保険料も月額支払料金に含まれる

※サブスクリプション業者により内容は異なる。

サブスク利用のデメリット

●走行距離制限が設定されている

●契約中の中途解約はできない。

サブスクには、メリットとデメリットがあるので、自分の生活に合わせて検討して見ると良いだろう。サブスク業者により、契約内容が異なるので業者との比較を十分にして、業者を決めよう。

とにかくRAV4に早く乗りたいのなら中古車を選ぶ

新車でこれからRAV4を買っても半年以上かかる。でも、早く乗りたいということであればここは、割り切って中古車を選ぶ方法もある。現行RAV4の在庫はそこそこある。低走行の新古車のような車両から割安感のある車両までさまざまだ。

中古車市場でもRAV4は人気があり、現行RAV4の中古車市場相場も高騰している。物件をそれぞれ吟味してある程度の妥協ができれば、新車価格より安く購入して早く乗ることができる。

中古車のメリットとしては、多少使用感があっても、メーカーオプション装着車があるので、程度と装備が充実していたら購入のチャンスだ。今後もRAV4の中古車相場は高騰しているので、情報収集しながら良い車両があれば、すぐ「買い」だ。

RAV4を買う時は焦らずじっくりと商談を

現行RAV4は、現在オーダーストップ。予定としては、10月からの生産開始、その場合8月より受注を開始する。納車までの期間は、かなり長くなっている。

現行RAV4は、10月の生産より、一部改良されるため若干の価格値上げがあるという。世界的にもコロナウイルス感染拡大防止措置も緩和し、上海ロックダウンも解除され、少しずつ半導体を含む部品供給がスムーズになるだろう。

ただ、これもすぐに解消される訳でもない。コロナ禍以前の状態に戻るにはまだ、もう少し時間がかかる。

少しでも、早く新車のRAV4に乗りたいのであれば、KINTOなどのサブスクリプションサービス(定額利用サービス)を利用する方法もある。メリットとしては、新車契約時の初期費用が新車購入時より抑えることができる。トヨタ販売店でKINTOを取り扱っている店舗で契約できる。

すぐに現行のRAV4に乗りたいのなら、割り切って中古車を選択する方法がある。ただし、新車と違い、在庫のある物件から自分の要望に合うRAV4を探さなければならないが、新車がない状況で中古車市場の相場も高騰しているので、早めの判断が必要だ。

受注が始まるまで、まだ時間はあるので、じっくりと下調べと最新の値引き情報を収集して商談に望み、良い条件でRAV4を購入しよう。

RAV4見積もりと限界値引きを公開!改良情報まとめ

納車を急ぐなら!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-RAV4, TOYOTA SUV
-, ,