https://yuki1enjoy.com

ライズ CARレビュー TOYOTA SUV

納期は?ライズ【最新情報だと何ヶ月?】

トヨタ車の中でも人気のSUVがライズだ。ライズ(ハイブリッド・ガソリン)は、2019年11月に発売され、2020年上半期の販売台数が1位となるほどの人気車。

SUVならではの力強さとコンパクトサイズで街乗りでも運転しやすく、200万円を切るスタート価格が魅力である。

ライズを購入する上で気になるのが、納車時期。昨今の半導体不足やモデルチェンジやハイブリッドなどの新モデルも加わり、通常の納車時期より時間がかかるようだ。

今回は、ライズの最新の納車時期(納期)と早く納車するための方法などを最新情報で紹介していくので、ライズ購入を検討している人はぜひ、参考にしてほしい。

トヨタ公式による最新の納期

通常であると車の納期は、注文から1ヶ月から2ヶ月であるが、モデルチェンジやEVなどのニューモデルが追加になる場合だと納車は3ヶ月から6ヶ月くらいになる。

現在、トヨタをはじめ、国内自動車メーカーでは、コロナウィルス感染症の拡大と半導体部品の世界的な不足により、全体的に自動車の納車が通常より延びている。人気車のライズも例外ではない。

では、トヨタライズを今の時点で購入すると納車時期はいつ頃になるのか?

トヨタライズ最新の納期情報は、

ガソリン車 3ヶ月待ち
ハイブリッド車 7ヶ月待ち

となっている。

受注が好調な販売会社では、4月、5月ごろで、すでに受注を停止としてしまったところも珍しくない。

こういった販売会社では、2022年秋〜冬にも予定する一部改良の発売を待つことになる。おそらく、先行予約は2022年10月ごろになるだろう。

ちなみに首都圏販売店でのライズ納車時期は、今年の10月中旬以降という発表となっている。地域によっては若干異なるので、トヨタ車販売店に確認するのも良いだろう。どうしても早く新車が欲しいのなら、一刻も早く契約することをおすすめする。

ライズ今後の販売予想と納期への影響

トヨタ車の大幅な納期遅延問題は、ライズも例外ではない。4月に入り、仕入れ先からの部品供給不足により、完成工場の稼働が停止した。実は、1月、3月も工場稼働停止をしている。

このような状況下の中で、今後ライズの販売台数はどのようになっていくのか。2022年に入り、ライズの販売台数は、1月8,494台、2月9,903台、3月11,612台、4月6,343台と昨年よりは、若干落ちてはいる。

しかし、ライズは、発売から長期的に継続して人気車であり、昨今の世界情勢や部品供給不足による工場稼働停止などを勘案しても、まずまずな販売台数を確保している。当面、このような状況が続くことが予想できるが、部品供給不足も解消すれば、生産もスムーズになるだろう。

トヨタの販売店では、この納車遅延の長期化に対して、納車待ちのユーザーに対し毎月、現状の報告などのフォローをしてキャンセルを防いでいる。販売店も車両登録ができない困難な状況が続いている。では、納車待ちのユーザーはどのように見ているのか。

納車遅延状態の中でも、ユーザーは納期が遅れていてもライズを選ぶ。購入するユーザーも現在の状況を理解しており、たとえ納車が長期間遅れていても自分の気に入った新車を購入したいという納車待ちユーザーが多いようだ。

とはいえ、納車遅延が続いてくると、さらに販売台数に影響が及んでくるだろう。

ライズを早く納車したいけど?

ライズの納期長期化が仕方がないと思っていても、やはり早く乗りたいと思うのは当然のことだ。

まず始めとして、住いから少し離れた地区までもターゲットとして、複数のトヨタ販売会社にて(トヨタ店・トヨペット店・トヨタカローラ店・ネッツトヨタ店など)、現在のライズの納車時期を確認してみると良いだろう。

販売会社によって、1か月ほど納期が早いことがあるのも珍しくないからだ。納車時期に関しては、電話での問い合わせに対応してくれるであろう。

人気のグレードなら早く納車できる可能性がある

一つの案として頭に入れていただきたいのが、人気グレードを選ぶという選択。

納期が短縮できるかを確認してもらいたい。私たちユーザーは販売店内の事情まではわからない。なので、販売店で納車が早いグレードやボディカラーなどを聞いてみると良いのだ。

特に人気のある上位グレード系は、工場での生産量を増加させているので、予定よりも早い納期が期待できる。自動車メーカーの利益率が高いことも、これには影響しているのだが。

売れ筋ボディーカラーは在庫している可能性がある

ライズのボディカラーには、単色8種類、ツートンカラーが3パターンの設定となっている。

人気色は、
1位:シャイニングホワイトパール
2位:ブラックマイカメタリック
3位:ブライトシルバーメタリック
となっている。

上記の人気ボディカラーは、販売店で在庫されている可能性がある。

自分が欲しいボディカラーが人気ボディカラーにあてはまるのであれば、販売店にまず在庫があるのか確認してみると良い。万が一在庫があればラッキーだ。

キャンセル待ちをしてみる

トヨタライズは発売当初からの人気車であることから、やむを得ない事情でキャンセルとして在庫されている場合もある。希望のカラー、グレード、オプション内容で見つけるのは難しい可能性が高いが、問い合わせする意味はあるだろう。

販売店もキャンセル車は、なんとしても販売しなければならないので、好都合であると値引きを限界まで出してくれることがある。

KINTOなどのサブスクリプションを利用する

ここ最近になり「クルマのサブスク」という言葉をよく聞くという人は多いだろう。

これはクルマを月額料金で利用できる定額サービス=サブスクリプション(サブスク)というものだ。今回では、納期が早いことから一つの案としてご提案をしたい。

トヨタ車であれば【KINTO】(キント)がある。車を所有ではなく、毎月定額で新車を利用できるというものである。

トヨタとレクサスの新車を定額で利用できるサービスで、納期は人気車でも1か月〜2か月待ちと非常に早い。

サブスクのメリット

メリットは

●納期が早い
●頭金・ボーナス払いを0円にできる
●毎月の支払いはずっと定額で安心
●税金・自動車保険料も月額支払料金に含まれる

などが挙げられる。

サブスク利用のデメリット

デメリットは、

●走行距離に上限がある
●乗り換えが自由にできない
●グレードやオプションが決められている
●走行距離が極端に少ない方は割高

などが挙げられる。

以上のように、一長一短ある。

最大のメリットは、納期が早く1〜2か月ほどでの納車が期待できる点にある。新車が欲しくて、長い納期に困っているなら、オススメの選択である。

納車を急ぐなら!

ライズに早く乗りたいのなら中古車を選ぶのも一つの方法である

紹介してきたように、納車は遅く、急いでいる方にとっては厳しい状況だ。「もっと早く乗りたい」のであれば、ここは割り切って中古車を選ぶといいだろう。

使用感の気になる可能性もあるが、新古車、未使用車と呼ばれる、走行距離の少ない上質車で探すと満足できる車両も見つかる。

ただし、国内各メーカーの納車遅延が続いており、中古車市場の相場も高騰している。人気車ライズも通常相場より高騰しつつあるので、1年落ちのライズであっても、新車価格とあまり変わらないかもしれない。

どうしても早くライズが欲しいのであれば、価格上昇がずっと継続していることから、早く手を打ち中古車を購入するのも一つの方法になるだろう。長い、不透明な納車待ち期間に悩まされるストレスから、逃げることもできる。

ライズを買うときは焦らずじっくりと商談を

人気のコンパクトSUVトヨタライズの納車時期はかなり長くなっている。半導体などの部品供給不足が理由だが、今後どうなるのか?正直先行きは、かなり厳しい状況で、納期が短くなるのはかなり先になるだろう。もっと、納期が長くなる可能性もある。

いずれにしても、じっくりとオプションの装着や好みのボディカラーなどを考え、最終的に納期が早い販売会社で契約を進めるといいだろう。

ライズは、全ての正規トヨタ販売店にて購入することができる。値引き条件なども考慮しながら、ご検討されるといいだろう。

当メディアでは、ライズの購入を力強くサポートしている。検討されている方は、当記事に記載している関連情報もご覧いただきたい。

見積もり公開!トヨタライズ【歓喜の値下げ】2021年11月マイナーチェンジ版

納車を急ぐなら!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ライズ, CARレビュー, TOYOTA SUV
-, ,