車を売る正しい手順とは?

ダイハツ CARレビュー 軽自動車

納期は?タント【最新情報だと何ヶ月?】

ダイハツ車の中で、幅広い世代に人気のスタンダードな車として地位を獲得しているのがタントだ。タントは、2022年10月に発売され、タントやタントカスタム、タントファンクロスの累計受注台数が発表後1ヵ月時点で約50,000台となるほどの人気車である。

若い世代や子育て世代、シニア層など男女関係なく幅広い年齢層から購入されているようだ。タントは、質の良い快適な走行や、高級感を感じさせる広い車内が魅力的な車である。

タントを購入する上で気になるのが、納車時期。昨今の半導体不足や新型車(フルモデルチェンジ)、一部改良(マイナーチェンジ)などで新モデルが加わり、通常の納車時期より時間がかかる。


今回は、タントの最新の納車時期(納期)と早く納車するための方法などを最新情報で紹介していくので、購入を検討している人はぜひ、参考にしてほしい。

ダイハツ公式による最新の納期は?

タント

通常であると車の納期は、注文から1ヶ月から2ヶ月であるが、新型車(フルモデルチェンジ)、一部改良(マイナーチェンジ)などが実施される場合だと納車は3ヶ月から6ヶ月くらいになる。

現在、ダイハツをはじめ国内自動車メーカーは、コロナウィルス感染症の拡大と半導体部品の世界的な不足により、全体的に自動車の納車が通常より延びている。もちろん、タントも例外ではない。

では、ダイハツタントを今の時点で購入すると納車時期はいつ頃になるのか?

ダイハツタントの納期は最新情報で、

ガソリン車 3ヶ月待ち

となっている。

年末決裁や決算時期などが重なれば、注文が集中してさらに納期が遅くなることも予想される。

車の販売会社、地域によって若干異なるので、販売店に確認するのも良いだろう。早く新車が欲しいのなら、一刻も早く商談して契約の検討進行をおすすめする。

タント 今後の販売予想と納期への影響は?

ダイハツ車の大幅な納期遅延問題は深刻化しており、タントも例外ではない。半導体不足だけではなく、コロナ禍による人手不足も深刻な状況である。

このような状況下の中で、今後タントの販売台数はどのようになっていくのか。2022年に入り、タントの販売台数は、平均して1ヶ月あたり約13,000台であり、月間販売目標である12,500台をクリアする好調な成績を確保している。

しかし、タントは、発売から長期的に継続して人気車であり、昨今の世界情勢や部品供給不足による工場稼働停止などを勘案しても、まずまずな販売台数を確保している。当面、このような状況が続くことが予想できるが、部品供給不足も解消すれば、生産もスムーズになるだろう。

タントの販売店では、この納車遅延の長期化に対して、納車待ちのユーザーに対し毎月、現状の報告などのフォローをして注文のキャンセルを防いでいる。販売店も車が納車されなくて、車両登録ができず売り上げに繋がらないという困難な状況が続いている。

では、納車待ちのユーザーはどのように見ているのか?

納車遅延状態の中でも、ユーザーはタントを選びたいと考えている方が多い。購入するユーザーも現在の状況を理解しており、たとえ納車が長期間遅れていても自分の気に入った新車を購入したいという納車待ちユーザーが多いようだ。こういったこともあり、人気車はどんどん納期が長くなっていく一方なのが近日での状況である。

タントを早く納車したいけど?

タントの納期が長くなるのが致し方ないとしても、早く乗りたいと思うのは当然のことだ。

まず始めの策として、住いから少し離れた地域まで含め、複数のダイハツ販売会社系列にて、現在のタントの納期を最新情報で確認してみると良い。異なる販売会社によって、1か月ほど納期が異なり、AではなくB店の方が早いことがあるのも珍しくないからだ。納車時期に関しては、電話での問い合わせに対応してくれることも多いから、商談で伺う前に電話で問い合わせるといいだろう。

人気グレードは納車が早くなる可能性がある

さらに納期を早くする方法として頭に入れていただきたいのが、人気グレードを選ぶという選択で、これによって納期が短縮できるかを確認してもらいたい。

私たちユーザーは内部の事情まではわからない。なので、販売店で納車が早いグレードがあるのかを聞いてみると良いのだ。特に人気のある上位グレード系は、工場での生産量を増加させ生産効率を高めている自動車メーカーが多い。車種によって異なるから難しいところだが、運がよければ早い納車が期待できる。自動車メーカーの利益率が高いことも、これには影響しているのだが、、。

売れ筋ボディカラーは在庫にある可能性がある

タントのボディカラーは、モノトーンカラーが10色、ホワイトルーフのツートーンカラーが2パターンのラインナップである。

人気色は、

  • 1位:パールホワイトⅢ
  • 2位:ブラックマイカメタリック
  • 3位:ファイアークウォーツレッドメタリック

となっている。

上記の人気ボディカラーは、販売店で在庫されている可能性がある。人気車であるほど可能性は低くなるが、自分が欲しいボディカラーが人気ボディカラーにあてはまるのであれば、販売店にまず在庫があるのか確認してみると良い。万が一在庫があればラッキーだ。

キャンセル待ちをしてみる

ダイハツタントは、やむを得ない事情でキャンセルされて、販売店で在庫されている車両があるかもしれない。希望のカラー、グレード、オプション内容で見つけるのは難しいところではあるが、問い合わせをしてみるといいだろう。

販売店もキャンセル車は、なんとしても販売したい事情があり、場合によっては値引きを限界まで出してくれることがある。

車を契約した後にキャンセルする方法7つと注意

リースなどのサブスクリプションを利用する

ここ最近になり「クルマのサブスク」という言葉をよく聞くという人は多いだろう。

これはクルマを月額料金で利用できる定額サービス=サブスクリプション(サブスク)というもので、リース契約に近い状態で車を所有するものである。納期が早いことが多いので、一つの案としてご提案をしたい。

サブスクのメリット

メリットは、

・納期が早い

・頭金・ボーナス払いを0円にできる

・毎月の支払いがずっと定額で安心

・税金・自動車保険料も月額支払料金に含まれる

などとなる。

サブスクのデメリット

デメリットは、

・走行距離に上限がある

・乗り換え時期に制限があり自由でない

・グレードやオプションに制限があり自由でない

・走行距離が極端に少ない方は割高

などとなる。

以上のように、車のサブスクは一長一短ある。

最大のメリットは、納期が通常早く1〜2か月ほどでの納車が期待できる点にある。新車が欲しくて、長い納期に困っているなら、オススメの選択である。

タントに早く乗りたいなら中古車を選ぶのも一つの方法である

紹介してきたように、納車に遅れが出ていて急いでいる方にとっては厳しい状況となっている。

「もっと早く乗りたい」のであれば、割り切って中古車を選ぶといいだろう。使用感の気になる可能性もあるが、新古車、未使用車と呼ばれる、走行距離の少ない上質車で探すと満足できる車両が見つかる可能性が高い。

ただし、国内各メーカーの納車遅延が続いており、中古車市場の相場も高騰している。タントも通常相場より高騰しつつあるので、1年落ちのタントであっても、新車価格とあまり変わらないかもしれない。価格上昇がずっと継続していることから、早く手を打ち中古車を購入するのも一つの方法になるだろう。値上がりリスクがまだまだあるからだ。長い、不透明な納車待ち期間に悩まされるストレスから、逃げることもできる。

タントを買う時は焦らずじっくりと商談を

紹介してきたように、納期の最新情報はかなり厳しく、長くなっている。半導体などの部品供給不足が理由だが、今後も正直先行きは、かなり厳しい状況で、納期が短くなるのはかなり先になるだろう。もっと、納期が長くなる可能性もあり、さらに納期が悪化する前に早く商談して、注文できるよう進めていくのが1番最善な対策と言える。

あとは、長い納車待ち期間に後悔しないよう、じっくりとオプションの装着や好みのボディカラーなどを考え、最終的に納期が早い販売会社で契約を進めることをオススメする。値引き条件なども考慮しながら、ご検討されるといいだろう。

当メディアでは、タントの購入を力強くサポートしている。検討されている方は、当記事に記載している関連情報もあわせてご覧になられることをオススメする。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

YUSAのオススメ記事

1

今回は、YUSAが実際に2年間所有し、先日売却をしたトヨタC-HR。 一括査定で高く売って、利益を出した方法を詳しく紹介する。 他のメディアでは、見られない独自の情報が盛りだくさんとなっている。 ht ...

2

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順を紹介します。 知らないと失敗して他の人より多くのお金を失ってしまう車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減れば ...

3

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

4

あなたは本来、所有している愛車を高く売却して、たくさんのお金を貰うことができる。 車の買取サービスを使っていないせいで、販売店の下取りを使っているせいで、多くの人が受けている恩恵を受けれていない。 5 ...

5

現在は、車のコーティングが多く販売されている。 新車を販売するメーカー系販売店もが、販売に注力しており、購入時には悩みユーザーが多い。 無駄なコーディングを購入して失敗しないように、今回は情報をまとめ ...

6

車の任意保険である自動車保険は、毎年3万円から30万円ほどの高額な費用がかかる。保険は使わずに済むことが一番だが、使わなければ「ただの無駄金」で、できる限り安い自動車保険に加入したい。 見直しを考えて ...

7

絶対に社外品を買うべき!!車の販売店で用品を買うメリットとデメリット 車の販売店は用品をいくらで販売する? 車を販売しているお店でドライブレコーダーなどの用品を購入すると、かなりの金額分を損する。 な ...

-ダイハツ, CARレビュー, 軽自動車
-, ,