フィット ホンダ CARレビュー

燃費悪い?フィット【ハイブリッド・ガソリンの違いとは?】

出典:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

国内における年間新車販売台数で、33年間王座に君臨し続けていたトヨタ・カローラの牙城を崩し、コンパクトカーのスタンダートを築いたホンダ・フィット。

2020年2月に登場した現行・4代目モデルも、リーズナブルな価格帯ながら、広い居住空間とラゲッジスペース、そして取り回い安いサイズ感と走行性能を高次元で併せ持つバランスの良い車として人気を博しているが、やはり最も注目されているのは、初代モデルからその人気を支えている優れた燃費性能だろう。

そこで今回は、ホンダ・フィットの燃費性能について、ハイブリット・ガソリンで比較してみたので、フィット購入を検討している人はぜひ、参考にしてほしい。 

フィットガソリンのグレード別燃費は?

フィットのガソリンモデルには、エントリーグレードの「BASIC」を基本に、カラーバリエーションが豊富になり、インテリアの質感が上がっている「HOME」と、16インチアルミホイールが装備されアクティブ感が増している「NESS」、押し出しの強い専用エクステリアが魅力の「CROSSTAR」。そして、シートが本革に変更され、運転席・助手席のシートヒーターが標準装備となる最高級グレード「LUXE」の5種類が存在する。

そして、ホンダが公表している諸元表によると、各グレードのカタログ燃費は以下のようになっている。

  • 「BASIC・2WD」・・・【WLTCモード】 20.4km/L【JC08モード】 24.2km/L
  • 「BASIC・4WD」 ・・・【WLTCモード】 18.2km/L【JC08モード】 20.6km/L
  • 「HOME・2WD」・・・【WLTCモード】 20.2km/L【JC08モード】 22.8km/L
  • 「HOME・4WD」・・・【WLTCモード】 18.0km/L【JC08モード】 21,6km/L
  • 「NESS・2WD」・・・【WLTCモード】 19.6km/L【JC08モード】 22,2km/L
  • 「NESS・4WD」・・・【WLTCモード】 17.0km/L【JC08モード】 19,8km/L
  • 「CROSSTAR・2WD」・・・【WLTCモード】 19.4km/L【JC08モード】 22,2km/L
  • 「CROSSTAR・4WD」・・・【WLTCモード】 17.4km/L【JC08モード】 20,0km/L
  • 「LUXE・2WD」・・・【WLTCモード】 19.6km/L【JC08モード】 22,2km/L
  • 「LUXE・4WD」・・・【WLTCモード】 17.0km/L【JC08モード】19,8km/L

ご覧の通り、フィット斧ガソリンモデルはグレードによって燃費性能が異なるが、その差はごくわずかだ。

フィットハイブリッドのグレード別燃費は?

出典:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

一方、ホンダのコンパクトカーとしては初めて、通常時はモーターで駆動し、エンジンは発電を担当するツインモーター式の「e-HEV」を搭載しているハイブリットモデルのグレード構成は、装備内容・選べる駆動方式(2WD・4WD)・名称ともガソリンモデルと共通する。

なお、現行・4代目フィットより、ハイブリットモデルの名称が、2代目・3代目の「フィットハイブリッド」から「フィットe:HEV」に変更された。

  • 「e:HEV BASIC・2WD」・・・【WLTCモード】 29.4km/L【JC08モード】 38.6km/L
  • 「e:HEV BASIC・4WD」 ・・・【WLTCモード】 25.6km/L【JC08モード】 30.8km/L
  • 「e:HEV HOME・2WD」・・・【WLTCモード】 28.6km/L【JC08モード】 38.6km/L
  • 「e:HEV HOME・4WD」・・・【WLTCモード】 25.2km/L【JC08モード】 30.8km/L
  • 「e:HEV NESS・2WD」・・・【WLTCモード】 27.4km/L【JC08モード】 35.0km/L
  • 「e:HEV NESS・4WD」・・・【WLTCモード】 23.2km/L【JC08モード】 28.6km/L
  • 「e:HEV CROSSTAR・2WD」・・・【WLTCモード】 27.2km/L【JC08モード】 34.6km/L
  • 「e:HEV CROSSTAR・4WD」・・・【WLTCモード】 24.0km/L【JC08モード】 29.4km/L
  • 「e:HEV LUXE・2WD」・・・【WLTCモード】 27.4km/L【JC08モード】 35.0km/L
  • 「e:HEV LUXE・4WD」・・・【WLTCモード】 23.2km/L【JC08モード】 28.6km/L

見ての通り、ガソリンモデルより格段に燃費性能が向上しているが、グレードによって燃費性能が異なり、その差はガソリンモデルよりも大きい。

ガソリンとハイブリットの違いは?どっち買うべき?

フィットのガソリンモデルと、ハイブリットモデルのどちらを買うべきか悩んだ場合は、両者のコストパフォーマンスを比較することが大切だ。

フィットのガソリン・ハイブリットは、全く同じグレード構成になっているが、ガソリン「HOME・2WD」の新車価格が「約176,7万円」なのに対し、ハイブリットである「e:HEV HOME・2WD」の新車価格は「約211,7万円」だ。

一方、WLTCモードにおける燃費性能を比較すると、ハイブリットの「e:HEV HOME」の方が「約8km/L」勝っている。

つまり、年間の予定走行距離が長く、ガソリンモデルとの約35万円の価格差を燃費性能の差で埋めることができるのであれば、ガソリンモデルよりハイブリットの方が「おすすめ」となるだろう。

ライバルと燃費を比べてみると?

出典:https://api.openverse.engineering/v1/images/e38e864b-f76e-45e6-b24f-16e6e6e09605/thumb/

フィットのライバルと言えば、サイズ感や価格帯などから、日産・ノートやトヨタ・ヤリスなどが挙げられる。

そこで、それぞれの最も燃費が良いグレード(WLTCモード)で比較してみたのでチェックして欲しい。なお、フィットにおける最も燃費が良いグレードの数値は以下のようになっている。

「【ガソリン】 20.4km/L【ハイブリット(e:HEV)】 29.4km/L」

  • ライバル①日産・ノート・・・【ガソリン】 設定なし【e-POWER】 28,4km/L
  • ライバル②トヨタ・ヤリス・・・【ガソリン】 21,6km/L【ハイブリット】 35.4km/L

ご覧いただければわかる通り、ガソリン・ハイブリット共に今回紹介しているフィットの方が、ライバルとしてあげたトヨタ・ヤリスの方がワンランク優れた燃費性能を持っている。

ただ、フィットは居住性や積載力など、コンパクトカーとしての利便性を重視しているのに対し、トヨタ・ヤリスは実用性を重視しているため、それらではフィットに遠く及ばない。

また、フィットに搭載されている「e:HEV」と日産・ノートの「e-POWER」は、メカニズム的にもキャラクター的にも非常に似ているが、肝心の燃費性能でフィットよりわずかに劣るうえ、ガソリンモデルがないため、ユーザーの選択肢が狭まってしまう。

フィットとライバルたちを比較してどれを購入するか決める時は、燃費性能の差だけではなく以上のような点を考慮して、自分のライフスタイルに合ったものをチョイスしたい。

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-フィット, ホンダ, CARレビュー
-, ,