CARレビュー CH-R TOYOTA SUV

新型C-HRの価格と内装外装や装備は?最新情報リーク

トヨタが2023年中頃にも発売をすると噂されている大人気コンパクトSUVの新型C-HR(フルモデルチェンジ版)。

いよいよ具体的なコンセプトカー画像やスペックなどの情報がスクープされてきた。また、公道で開発車両を撮影した画像も用意している。

納期が長くなるであろう現在、早期での注文が必要になるため徹底的に解説して、皆さんのお役に立てれば幸いだ。

2023年中頃にも発売開始へ!トヨタ新型C-HRについて!最新情報まとめ

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

記事の内容と流れ

  • 外装デザイン
  • 内装デザイン
  • ボディカラー
  • 内装カラーと素材感
  • 車両サイズと室内の広さ
  • プラットフォーム
  • パワートレインなど走行性能
  • 安全先進装備の内容
  • 今後のスケジュール
  • グレードと車両本体価格
  • オプションについて
  • 見積もり総額とグレード別主要装備
  • 注意点は
  • 限界値引きは

本記事は、空欄箇所がありますが、確認出来次第更新します。

外装デザイン

トヨタ新型C-HR コンセプトカー

世界に先駆けてフランスにて先行公開されたトヨタ新型C-HRプロローグコンセプトカーの外装デザインは、全体的なスタイルは現行型のC-HRを踏襲。走りを重視するクーペスタイルSUVというキャラクターは、変化しないようだ。

トヨタ新型C-HR コンセプトカー

フロントは、新型プリウスと似たよなデザインで、同様にハンマーヘッドモチーフを際立たせるデザインを採用。LEDライトレンズは、カニの爪のような形で鋭い形を持つ。

トヨタ新型C-HR コンセプトカー

フロントグリルは、EVの車に近いデザインで、小さな穴を開けているのが確認できる。通常のガソリン車より穴が小さい。バンパーは、塗り分けを行い、フロントグリルやSUVらしさを強調するようなデザインとなっている。

トヨタ新型C-HR コンセプトカー

サイドデザインも現行型C-HRを踏襲。走りを予感させるような前傾したスタイルを持ち、ダイヤの形を描くドアプレスラインがC-HRであることを思わせる。ホイールは、19インチと思われ、SUVらしいながらも走りを予感するデザインとなっている。新型プリウスで採用されているため。

トヨタ新型C-HR コンセプトカー

現行型は、後席アウタードアハンドルを窓の横に配置していたが、後席ドア後端へ配置変更しているのが確認できる。やや高い位置にありすぎ背を低い人を中心に使いづらいといった声があったから変更したと思われる。

トヨタ新型C-HR コンセプトカー 

リヤデザインは、スポイラーの形状を変更。bz4xなどで採用されている空力処理を力強く実施するタイプを採用。テールランプは、ダイヤの形から一文字に近いでサインとなっている。バンパーは、スポーティーに見せるディフユーザーデザインを採用している。

米では、C-HRのEV車と思われるTOYOTA bZ Compact SUV Conceptも既に公開されている。非常に似たスタイルを持つため、実際に販売されるC-HRと近いことが期待できる訳だ。動画にて、詳しく紹介している。

さらに、新型C-HRと思われる車両が海外で撮影された画像を入手できた。

一文字のテールランプは、ヤリスクロスに類似するデザインと感じられる。強いクーぺスタイルは、現行型のC-HRから踏襲されている。

内装デザイン

内装に関しては、今回コンセプトカーの画像は公開されなかった。今後続々と更新されている可能性もある。予想としてお伝えすると、、

プリウス(2.0L HEV )

インテリアは、新型プリウスに近いかもしれない。プラットフォームを共有するためだ。新型プリウスの価格と内装外装や装備は?最新情報リーク

TOYOTA bZ Compact SUV Concept

また、TOYOTA bZ Compact SUV Conceptのインテリアが本当に実現され、新型C-HRもこのようなデザインになるかもしれない。

ボディカラー

新型C-HRに設定されるボディカラーは、下記の通り。

新型C-HR・ボディカラー

内装カラーと素材感

新型C-HRに設定されるインテリアは、下記の通り。

グレードカラー素材
ファブリック
Uアクティブグレーファブリック
Gの内容メーカーOPで購入可
Gグラディエントブラック上級ファブリック
Z
PHEV
マチュアレッド合成皮革

車両サイズ&室内の広さ

全長×全幅×全高(新型)××mm
ホイールベースmm
室内長×室内幅×室内高××mm
最低地上高mm
mm
最小回転半径

C-HRは、フルモデルチェンジでサイズを拡大する可能性が高い。コンパクトSUVであるヤリスクロス、ライズなどの人気車たちと差別化して販売したい思惑があるためだ。

2016年発売開始の現行型C-HR
車両サイズ:4385×1795×1550mm
室内サイズ:1800×1455×1210mm
最低地上高:140mmとなっていた。

ポイント

車両サイズは、フルモデルチェンジで全長mm全幅mm大きく、全高はmm小さくなる。
室内サイズは、フルモデルチェンジで室内長mm小さく、室内幅mm大きく、室内高mm狭くなっている。
地上高は、mmほど高くなる。

プラットフォーム

新型C-HRは、現行型でも採用実績のあるTNGAプラットフォームを採用する見込み。新型プリウスでは、第2世代TNGAプラットフォームを開発し採用しているため、同様になるであろう。第五世代ハイブリッドシステムを搭載する見込みで、カローラシリーズと同じGA-Cとなる。

熟成を重ねたTNGAプラットフォームをベースに、現行型超の走りを実現するための改良を施した第2世代TNGAプラットフォームを開発し、低重心化や大径タイヤの採用を実現。ボディの各所に補強を施し、より剛性を高めたほか、静粛性も向上。足回りでは、改良を加えたフロント : マクファーソンストラット式/リヤ : ダブルウィッシュボーン式のサスペンションによって、直進ではどっしりと、コーナーではドライバーの意図に応じた車両応答性、ライントレースのしやすさを実現。最新のパワートレーンとの組み合わせで、レベルの高い乗り心地と運動性能を提供することになるだろう。

パワートレインなど走行性能

新型C-HRは、2Lハイブリッドと1.8Lハイブリッド、さらにプラグインハイブリッドシステムの3つを設定することが予想される。いずれも新型プリウスにて販売されるものだ。詳細スペックは、下記の通り。

1.8L第5世代ハイブリッドシステム

種類・シリンダー数直列4気筒(M15A-FXE)
総排気量1.797L
使用燃料レギュラーガソリン
最高出力72kW(98PS)/5,200r.p.m.
最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/3,600rpm
フロントモーター最高出力/最大トルク70kW(95PS)/185N・m(18.9kgf・m)
リヤモーター最高出力/最大トルク30kW(41PS)/84N・m(8.6kgf・m)
WLTC燃費FF:32km/L

現行型は、古い世代のハイブリッドシステムを搭載している。これを大きく刷新。新型ノア・ヴォクシーで採用されているハイブリッドシステムで、今後カローラクロスへも採用される見込みのハイブリッドシステムだ。飛躍的に向上される走行性能、燃費性能に注目したい。

種類・シリンダー数直列4気筒
総排気量2L
使用燃料レギュラーガソリン
最高出力83kW(113PS)/r.p.m.
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm
フロントモーター出力/トルク(ps)/(Kgf・m)
WLTC燃費28.6km/L

駆動方式は、いずれも4WDと2WDを設定する。バッテリーは、リチウムイオン電池となる。

従来型同等の低燃費を達成しつつ、胸のすくような加速感やドライバーの思い通りに反応するレスポンスの良い走りを実現。システム最高出力は、2.0L車では144kW(193PS)、従来型比1.6倍となる可能性がある。

他車のシステム最高出力

カローラクロスHEV:122ps
ハリアーHEV:218ps

安全先進装備(トヨタセーフティセンス)

新型C-HRの安全先進装備

  • プリクラッシュセーフティ
    車両、歩行者、自転車運転者に自動二輪車(昼)を加え検知範囲を拡張
  • 緊急時操舵支援機能
  • レーントレーシングアシスト+レーンディパーチャーアラート
  • レーダークルーズコントロール
  • オートマチックハイビーム
  • アダプティブハイビームシステム
  • ロードサインアシスト
  • レーンチェンジアシスト
  • フロントクロストラフィックアシスト
  • ドライバー異常時対応システム
  • 発信遅れ告知機能
  • 緊急ブレーキシグナル
  • パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)
  • ブラインドスポットモニター
  • アドバンスドパーク
  • イルミネーション通知システム
  • プロアクティブドライビングアシスト
    など

注目の新装備

新装備

  • 大径狭幅タイヤ:195/50R19
  • 第五世代ハイブリッドシステム
  • 車両サイズの大型化
  • パノラマムーンルーフ
  • フルデジタル表示の運転メーターTFTディスプレイ
  • デジタルインナーミラー
  • ドライブレコーダー前後
  • デジタルキー
  • 新世代のディスプレイオーディオPLUS
  • 高度運転支援システム「アドバンストパーク(リモート機能付)」
  • ベンチレーション
  • ソーラー充電システム(PHEVのみ)

今後のスケジュール

事項日程
先行予約2023年中頃
発表2023年前半
発売日2023年中頃

メーカー自身も生産できる台数が正確に見通せない状況で、前後する可能性がある。待望のフルモデルチェンジということで、注文が集中して納期が長くなるだろう。

新型C-HR グレード展開と車両本体予想価格

新型C-HRは、新グレードを設定し販売する。

直列4気筒1.8L
ハイブリッド
2WD(FF)(円)4WD(円)
X
U
直列4気筒2Lハイブリッド2WD(FF)(円)4WD(円)
G
Z
直列4気筒2L
プラグインハイブリッド
PHEV
2WD(FF)(円)4WD(円)
Z

Xは、法人向けの営業車両タイプとなる。一般向けは、Uからだ。

現行型の価格が、2,392,000円〜3,055,000円(GRSPORT・特別仕様車除く)。

新型C-HRは、価格を30万円前後値上げする可能性が高い。予想の価格は、260万円〜340万円前後である。

PHEVの補助金は、55万円の支給対象になる予定。詳しくは、【令和4年度EV・PHEV補助金まとめ】95万円もらえる!?経済産業省の補助金とは?高度な運転支援も対象へ

車を購入するお金が不足している方は、車を売る正しい手順について解説している関連記事を見てほしい。

オプションについて

メーカーオプション

次に、確認することができているメーカーオプションを見ていこう。

メーカーオプションとは?

メーカーオプションは、自動車製造工場で取り付けを行うため、納車後にあとから購入することは基本的にできない。

項目金額(円)
パノラマムーンルーフ
デジタルインナーミラー
ドライブレコーダー前後
スペアタイヤ
寒冷地仕様
スペアタイヤ
パノラミックビューモニター
17インチスチールホイール

ディーラーオプション

ディーラーオプションとは?

販売店で取り付けを行うオプションのこと。納車した後からも、取り付けを行うことができるため、迷うなら保留が鉄則だ。販売会社により、少し価格が異なるため参考に見て欲しい。

項目(円)
プラスチックバイザー
フロアマット
本革巻きステアリング
ドライブレコーダー

トヨタ新型C-HRの見積もり総額は高いか?

C-HRU 装備と見積もりチェック

主要装備、見積もりなどは現時点で不明。明らかになり次第、更新。

C-HRU 主要装備一覧

U 主要装備


  • など

C-HRU 見積もり公開!!

現金での支払い総額は、円

項目金額金額(10%税込み:円)
車両価格 U
2WD
カーペットマット(高機能タイプ)(グレー)(2WD用)
ドライブレコーダー
ETCセットアップ
ドライブレコーダー
税金・諸費用

C-HRG 装備と見積もりチェック

C-HRG 主要装備一覧

G 主要装備

  • Uの内容に加えて
    など

C-HRG 見積もり公開!!

現金での支払い総額は、円

項目金額金額(10%税込み:円)
車両価格 G
2WD
カーペットマット(高機能タイプ)(グレー)(2WD用)
ドライブレコーダー
ETCセットアップ
ドライブレコーダー
税金・諸費用

C-HRZ 装備と見積もりチェック

プリウスZ 主要装備一覧

Z 主要装備

  • Gの内容に加えて

  • など

C-HRZ 見積もり公開!!

現金での支払い総額は、円

項目金額金額(10%税込み:円)
車両価格 Z
2WD
カーペットマット(高機能タイプ)(グレー)(2WD用)
ドライブレコーダー
ETCセットアップ
ドライブレコーダー
税金・諸費用

プリウスPHEV Z 装備と見積もりチェック

プリウスPHEV Z 主要装備一覧

PHEV Z 主要装備


  • など

プリウスPHEV Z 見積もり公開!!

現金での支払い総額は、円

項目金額金額(10%税込み:円)
車両価格 Z
2WD
カーペットマット(高機能タイプ)(グレー)(2WD用)
ドライブレコーダー
ETCセットアップ
ドライブレコーダー
税金・諸費用

C-HRの注意点とは?

注意

  1.  

C-HRの限界値引きは新型車だけにかなり少ない

トヨタ販売店は、新型C-HRへほとんど値引きを行わない。万円〜万円が値引きの相場と販売店から回答を得た。

お得意様やディーラーオプションを多く購入したお客さんには、車両本体価格と付属品価格からで限界値引き万円を出した一例があるとのこと。

動画でさらに詳しくチェック!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

 

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-CARレビュー, CH-R, TOYOTA SUV
-, ,