https://yuki1enjoy.com

ノア・ヴォクシー TOYOTA ミニバン

新型ヴォクシー【標準とオプションのヘッドランプはどう違う?S-GとS-Zのグレード比較も】フロントデザインチェック!

トヨタが2022年1月13日に発売を予定している新型ヴォクシー(フルモデルチェンジ版)。

標準とオプション設定のヘッドランプ二つ、ヘッドランプの点灯状態がついに激写された。デザインの違いに注目(リーク)しながら、見ていきたいと思う。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

トヨタ新型ヴォクシー標準とオプション設定のヘッドランプはどれだけ質感が違う?

新型ヴォクシーオプション設定のヘッドランプは三眼ランプとフォグランプを採用する

無断転載・引用禁止

こちらの画像(オリバさん提供)。は、新型ヴォクシー最上位グレードS-Zで、S-Zのみ選択可能なオプション設定の「LEDヘッドランプ(オートレベリング)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト)+AHS」(62,700円)を装備した車両だ。

二段構えのLEDヘッドランプデザインが、非常に鋭く感じられる。上部のLEDユニットが、LEDデイライト兼クリアランスランプ(車幅灯)、LEDウインカー。下の横に三眼LEDを入れるするユニットが、ハイビームを積極的に使用して先行者や対向車がいる部分だけを遮光するAHSを搭載するLEDヘッドランプになる。

無断転載・引用禁止

さらに、こちらS-Zの車両は、白色に点灯するLEDフォグランプを5つ配置している。下記の画像(オリバさん提供)の通り、白色に個性的に点灯するものだ。車両は、S-Z。

無断転載・引用禁止

標準装備のヘッドランプは落ち着いた感じとなる!悪く無いかも?新型ヴォクシーのグレード比較も

無断転載・引用禁止

こちらの車両は、中間グレードS-G(オリバさん提供)。

フロントマスクのメッキ加飾などは、大きく差別化されていない。肝心のヘッドランプだが、下部のLEDヘッドランプユニットが前述のS-Zと、デザインが異なる。S-Zは、三眼LEDデザインで質感を確保していたが、こちらのS-Gはシンプルで、少し質感が落ちる見た目となっている。詳しくは、実車を確認してレビューしたい。動画のチャンネルもご期待いただきたい。

YouTube再生リストから関連情報をチェック!

無断転載・引用禁止

画像(オリバさん提供)を見比べるが、やはりおおきな質感の違いはない。上部のLEDヘッドランプユニットは、左S-G、右S-Z、同じデザインに見える。詳しくは、ライトを点灯しないと何とも言えないところだが。

今回の記事でお伝えしたかったのは、見た目に大きな違いはないと言うこと。特に、「LEDヘッドランプ(オートレベリング)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト)+AHS」(62,700円)を無理に選択する必要はないと個人的に感じた。ただ、AHSを装備することができるため、ヘッドランプシステムで判断するのが良さそうだ。オートマチックハイビームで良いなら、標準装備のヘッドランプで十分ということになる。

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ノア・ヴォクシー, TOYOTA ミニバン
-, ,