https://yuki1enjoy.com

ノア・ヴォクシー CARレビュー TOYOTA ミニバン

新型ヴォクシー【内装と外装のデザインがキター!】フルモデルチェンジ最新情報!

トヨタ自動車が、2022年1月13日に発売を予定している新型ヴォクシー(フルモデルチェンジ版)。

12月8日にて、公式サイトへ一部デザイン画像が掲載された。スパイショットや販売店で確認した映像の記憶と共に、詳しく、外装と内装を推察(リーク)していきたい。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

新型ヴォクシー 内装外装を楽しみながら考えよう!

出典:TOYOTA

トヨタ公式にて、一部デザインが公開された。詳しく、楽しみながらデザインを見ていこう。

新型ヴォクシーの外装デザインを詳しく

画像は、新型ヴォクシーの左前を映している。これは、既に販売点にて確認できるデザインの一部に過ぎない。記憶していることから、画像の車両は、ヴォクシーS-Z(エアロボディ)と判断できる。

LEDヘッドランプは二段構えで個性的になる!好みが分かれるか?

デザインを詳しく確認していこう。

公式サイトに掲載されているヘッドランプは、オプション設定の「LEDヘッドランプ(オートレベリング)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト)+AHS」(62,700円)で、ハイビームをできる限り積極的に使用するアダプティブハイビームシステム(AHS)を搭載する。

ヘッドランプは二段構えで、上部の斜め上に切り上がる部分がデイライト兼クリアランスランプ(車幅灯)、反転発光式のLEDウインカー(ターンランプ)だ。下部には、三眼LEDヘッドランプを横に配列。機能として、オートレベリング機能、AHSを装備する。さらに、下部のヘッドランプにはメッキの加飾が確認できる。

出典:グーネット

ヴォクシーは、グーネットに掲載されているデザインのように、メッキの加飾でワイド感を表現する(CGのフロントグリルデザインは大きく異なっている)。販売店において実車映像を、確認済み。ただ、個性が強い三菱の車に近い雰囲気を持ち、好みが分かれそうだ。個人的には、DQN専用の顔に感じるが、好みだろう。

こちらは、スパイショットされた新型ノア(ノーマルグレードボディ)で、標準装備のLEDヘッドランプを採用しており、公式画像より質感低下が確認できる。このような差別化は、新型ヴォクシーにおいても同様で、見た目にこだわるなら、オプション設定のLEDヘッドランプを選択すべきだ(Zのみオプション選択可能)。

YUSA
価格、エンジン、サイズ、装備などは、見積もり記事で紹介しています。

フロントグリルはメッシュ調で艶ありブラック塗装を採用する!

合体させるとこんな感じ!

次に、フロントグリル。

こちらは、トヨタエンブレムを配置する中心まで確認できないものの、メッシュ調のデザインが確認でき、ヘッドランプ下のところで捻るようなデザインが確認できる。

先代モデルのフロントグリルは、水平基調を意識したデザイン。万人受けするのは、こちらかも。

フロントグリルの塗装色はどうなるのだろうか?

掲載された画像から、光沢感が確認できる。このため、無塗装ではなく、艶ありブラック塗装のフロントグリルが採用される。これは、非常に嬉しいポイントだ。ハリアーでは、無塗装パーツが多くなっているためだ。

ちなみに、新型ノアのフロントグリルは、大きな金属調塗装(シルバーメッキ)のパネルを配置し、アルファードを意識するかのように立派なデザインを採用する。万人受けするのは、新型ノアになるだろう。

YUSA
新型ノアは、別記事で詳しく解説しています!

5眼LEDフォグランプを採用!めちゃ個性的に!

次に、LEDフォグランプ。

こちらは、白色に点灯するLEDを5つ片側に採用し、両側で10個のLEDフォグランプを採用する。従来の車とは一線を隠すもので、レンズが目立たないデザインに、注目だ。

出典:フォルクスワーゲン

これは、ゴルフに採用されるフォグランプと類似性のあるもので、実際どのように点灯するのか注目だ。個性的な見た目になることは間違いないため、慎重な検討をお願いしたい。

別記事では、新型ヴォクシーの維持費、燃費を徹底紹介している。こちらも、ぜひご覧いただきたい。

ホイールは16インチと17インチで色は黒なのか?

次に、ホイール。

新型ヴォクシーは、中間グレードG-Zに、16インチアルミホイールを採用する。上記写真は、新型ノアのGと推察されている。

出典:Twitter匿名をご希望

さらに、エアロタイプのS-Zは、17インチアルミホイールを採用。G-Zからデザイン性を向上する。上記の画像は、新型ヴォクシーS-Zと判断できるスパイショット。ブラックを基調としたアルミホイール履かせているが、現時点で断言できない。形状は、新型ノアと同じ形状が採用される模様だ。

YUSA
そして!遂にフルヌードの車を待近で見ることができました!!下記の記事で、外装を最速レビューしています。世界最速です!!
YUSA
では、次のページで内装の情報を確認しましょう。

次のページへ >

筆者のYouTubeチャンネルへ
  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

2

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

3

皆さんは、車を買うとき、売るとき、相談できる人はいますか? そして、豊富な知識を持って、的確なアドバイスをくれる人はいますか? 車の売買において、検討するユーザーは実に「ひとりぼっち」です。 今回は、 ...

-ノア・ヴォクシー, CARレビュー, TOYOTA ミニバン
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.