プリウス CARレビュー TOYOTAスポーツセダン

新型プリウス装備が分かった!グレードの違いは?

今回は、2022年11月にトヨタが発表を行い、今冬にも発売を予定している新型プリウス。

グレード別の主要な装備が一部判明した。内装外装の画像などと併せて、グレードの違いなどを理解する機会になれば幸いだ。

トヨタ新型プリウスのグレード別装備が判明!グレード違いもチェック

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

新型プリウスの販売グレード構成は、下記の通り。

直列4気筒1.8L
ハイブリッド
2WD(FF)(円)4WD(円)
X
U
直列4気筒2Lハイブリッド2WD(FF)(円)4WD(円)
G
Z
直列4気筒2L
プラグインハイブリッド
PHEV
2WD(FF)(円)4WD(円)
Z

新型プリウスの価格と内装外装や装備は?最新情報リーク

直列4気筒1.8LHEV プリウスU

U 主要装備

  • トヨタセーフティセンス(ToyotaSafetySense)
  • LEDヘッドライト&Bibeam(オートレベリング)&LEDクリアランスランプ(上級デザイン)
  • アダプティブハイビームシステム
  • フロントロアグリルシルバー塗装
  • LEDライン発光テールランプ(上級デザイン)
  • LEDターンランプ付き電動格納機能付きドアミラー
  • 17インチアルミホイール
  • タイヤフェンダー周り無塗装樹脂ブラック塗装
  • スイッチ式後席外側ドアハンドル
  • PKSB
  • 8インチディスプレイオーディオ&TVフルセグ
  • 前席2つカップホルダー
  • バックガイドモニター
  • 7インチTFTカラーディスプレイ
  • 合成皮革巻きステアリング
  • 運転席&助手席マニュアルシート
  • ファブリックシート
  • 6対4の2分割リヤシート可倒式
  • アクセサリーコンセント(AC100V/1500W非常時給電システム付)
  • 充電USBソケット(Type C)
  • ETC2.0
    など

Uから上級デザインのLEDヘッドライト、LEDテーランプを採用し、外装は必要十分にかっこいい。タイヤ周りのフェンダー部分は、無塗装樹脂のプラスチックパーツとなる。

直列4気筒2LHEV プリウスG

G 主要装備

  • Uの内容に加えて
  • フロントロアグリル艶あり黒塗装
  • Bピラー艶あり黒塗装
  • 19インチアルミホイール
  • タイヤフェンダー周り艶ありブラック塗装
  • ウィンドウスイッチシルバー調加飾
  • イルミネーション通知システム
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • ドライブモード(ECO・NOMAL・SPORTS)
  • スポーツタイプシート&上級ファブリック(グラディエントブラック)
  • 後席アームレスト&後席カップホルダー2つ
    など

2Lの安い方のグレードとなるGは、19インチアルミホイールを採用。艶ありグラック塗装を各所の外装パーツに採用し完成度を引き上げ、質感の高いエクステリアを手にする。

直列4気筒2LHEV プリウスZ

Z 主要装備

  • Gの内容に加えて
  • LEDアクセサリーランプ
  • リアバンパー艶あり黒塗装
  • パワーバックドア
  • UVカット&IRカット撥水機能付き(遮音性タイプ)
  • パノラミックビューモニター
  • レーンチェンジアシスト
  • FCTA
  • ステアリングヒーター
  • おくだけ充電
  • ナノイーX
  • 12.3インチディスプレイオーディオ
  • ETC2.0
  • 運転席パワーシート&メモリー機能付き]
  • 運転席助手席ベンチレーション
  • スポーツタイプシート&合成皮革(マチュアレッド)
    など

2Lの高い方のグレードとなるZは、フロントバンパー部分にLEDアクセサリーランプを採用。バックドアを電動開閉可能とするパワーバックドアも採用される。背の低い方が所有されるなら、欲しい機能だけに採用はありがたい。この他は、快適性や安全性を向上する内容をZのみ標準装備する内容となっている(PHEVも)。

とても充実した装備、内装外装の内容で、新型クラウンと比べられるのも納得だ。新型プリウスと新型クラウンの違いを比較!どっち買う?

直列4気筒2LPHEV プリウスZ

PHEV Z 主要装備

  • Zの内容に加えて
  • 充電用ケーブル
  • 19インチアルミホイールPHEV専用デザイン
  • LEDライン発光テールランプPHEV専用クリアレンズ(上級デザイン)
    など

基本的には、HEVZと同じとなるが、ホイールとテールランプがPHEV専用デザインとなる。

動画では、おすすめのグレードなど独断レビューを深く話している。

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-プリウス, CARレビュー, TOYOTAスポーツセダン
-, ,