ハリアー CARレビュー TOYOTA SUV

新型ハリアー【安全装備と先進装備】詳しく解説

新型ハリアー納車ラッシュ続いていますね! YouTube動画比較的落ち着いてきた感じはしますが、YUSAは将来のハリアーオーナーを退屈させませんよ!今回は、少し堅い内容ですハリアーオーナーなら全て把握しておくべき安全装備と先進装備を14点ご紹介していきたいと思います。私は、既にのToyota Sefety Sense第二世代を搭載した新型ハリアーを6日間試乗レビューしている車YouTuberです。実際に検証をして把握していますので、最後まで見れば新型ハリアー の安全装備と先進装備を全て理解できること間違いなし!ハリアー再生リストどこよりも充実していますのでチャネル登録お願いします。

1つ目 プリクラッシュセーフティ

前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波 レーダーと単眼カメラで検知。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを 踏めた場合はプリクラッシュブレーキをアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避 または被害軽減をサポート。プリクラッシュブレーキは 歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10~80km/hの 速度域で作動し、衝突回避または被害軽減をサポート。また、 車両に対しては自車が約10km/h以上で作動し、衝突回避または 被害軽減をサポートします。車両や歩行者に対しては昼夜で対応していて、昼間のみにになりますが自転車にも対応できているのは他のメーカーを見ても数は少なく先を行く安全装備となっています。

2つ目 ドライブスタートコントロール

シフト操作をするときの急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減サポート。例えば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだまま「R」から 「D」へ変更した時、ディスプレイ表示で注意を促すとともに、エンジン出力/ハイブリッドシステム出力を抑え被害の回避、軽減をサポートする機能です。

3つ目 インテリジェントクリアランスソナー

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムです。車庫入れなどの時に壁などへの接近を表示とブザーで知らせる 「クリアランスソナー」に、壁などへの接触を回避、軽減する機能を追加。前後進行方向 にある壁などの静止物を検知している場合、発進時に出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキをかけます。最近は、減少傾向かと思いますが、10年前くらいは高齢者による、アクセルの踏み間違い事故が多発していましたよね。安全装備は現代の車に欠かすことのできない装備となっていますね。

高くは売りたいけど、、何だか気が引けるのどうすれば?

意思をはっきり伝えるのが苦手な方には下記のユーカーパックもお勧めできますよ。あなたが30秒で入力した車両情報のみ買取業者に渡し、最高買取金額を生み出してくれるサービス。お金の入金受け取りまで、ユーカーパックとの連絡だけで完結。

ユーカーパック ↑上記の口コミ
20代女性 ★★★★★
高く売れるとは聞いても個人情報がどうしても心配。忙しいし面倒だったので新車購入先に任せようかと考えていましたが、30秒入力なのでトライ。
・個人情報が業者に流出しない
・買取金額の受け取りもユーカーパックが仲介してくれる
など安心ポイントがあり、不安なく愛車売却を行うことができました。ありがと!

4つ目リヤクロストラフィックオートブレーキ(Z標準装備)

駐車場からバックで出るときに、自車の左右後方から接近してくる 車両をレーダーで検知。ドアミラー内のLED点滅 とブザーによりドライバーに注意を喚起します。衝突の危険性 がある場合はブレーキアシストを行うことで接近車両と の衝突被害軽減を支援します。近年は、アルファードなど大きな車がゴロゴろと存在し、死角が日常的に発生しがちです。役に立ってくれること間違いなし!

5つ目 ブラインドスポットモニター(Z標準装備)

ブラインドスポットモニターとは、隣の車線を走る車両をレーダーで検知してドアミラーのLEDで存在を教える機能。ドアミラーでは確認しにくい死角のエリアに存在する車の存在と最大約60m後方まで監視を行い急接近してくる車両も検知します。また、車の検知をしていてミラーのLEDが点灯している状態でウインカーを出すと、LEDを点滅してさらに注意するようドライバーに促します。車線変更をする時は気をつけているつもりでも、長年運転をしているとヒヤッとするシーンがありますよね。また、LEDの点灯があることにより無理な車線変更をしないよう抑止ができます。

6つ目 アクティブコーナリングアシスト

カーブで車がアンダーステアの傾向で外側へはみ出す挙動を出すと、内側の車輪に自動でブレーキを掛けて安全な旋回サポート。コーナリングが苦手なオーナーには心強い装備ですね。

7つ目 オートマチックハイビーム(S標準装備)

先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の視界を確保する機能です。切り替えが面倒くさくて、ずっとロービームで走りがちなユーザーには良い機能ですね。

8つ目 アダプティブハイビームシステム(G,Z標準装備)

アダプティブハイビームシステムとは、夜間の視界をより高いレベルで確保するライトシステムで、ハイビームをできる限り積極的に使用し、自動で対向車や歩行者のいるところだけライトを減光する機能。これがGグレードから標準装備されるのは素晴らしいですね。オートマチックハイビームよりこちらのアダプティブハイビームシステムの方が、ハイビームの使用時間が各段に長く確保できます。新型ハリアーは、SとGでヘッドライトデザインが大きく異なりますが、ライトシステムでも大きな差が出ているということになります。

9つ目 パノラミックビューモニター (Zオプション設定)

車両を上から見たような映像をディスプレイオーディオに 表示する機能で、運転席から目視では見にくい車両周辺の状況 を映像によりカバーする機能です。VTRがありますので、そちらをご覧ください。はい、でパノラミックビューモニターは、60,500円でオプション設定。

10つ目 ロードサインアシスト

Toyota Sefety Senseにも使用をします単眼カメラで道路標識を 認識。中央のディスプレイやヘッドアップディスプレイに制限速度や、一時停止などの表示を行い、安全運転をサポートする機能。また、走行中に制限速度を超えた場合は、ブザーで注意喚起を行います。制限速度などは普段、運転しているとあまり意識をせずに車を走らせてしまうシーンが多いと思います。ディスプレイ表示と注意喚起は有り難いサポート機能ですよね。

11つ目 先行車発進告知機能

信号などで停止をしていて、前の車が4m以上発進をしてもドライバーが前進操作を行おうとしない場合、ディスプレイ表示とブザーでお知らせを行い、前方の確認をするようにドライバーに促します。

12つ目 レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識。ドライバーが設定をした車速と車間距離を基本として、車速に応じて適切な車間距離を自動で調整。適切な車間距離を維持しながら追従走行を支援する機能。新型ハリアーで実際にトライしましたが、最新にアップデートをされた機能だけありアクセルやブレーキのフィーリングは見事。速度調整が滑らかで進化に感動。従来だと車の挙動が不安定で、家族を乗せている時はあまり使いたくないものでしたが、ハリアーに搭載されます最新のシステムは、日常においてフル活用できるものとなっています。

ディーラーの商談前にやるべきことは1点!

安い下取り価格を出してくる

ディーラーで見積もりをもらいに愛車で行くと間違いなく聞かれることそれは、「車は下取りにされますか?」←大金が左右

ここでYESと回答するとディーラーは通常の買取相場よりも低い価格で買取を行います。なぜかというと固定顧客が多いから、いつも安く下取りができてしまう。これを上質な中古車として販売を行い利益を出すのもビジネスとなっています。

私自身そうですし、周辺友人を含めてお決まりのパターンです。
私が、以前所有していたマークxはディーラーでは、180万円の下取り金額。→買取業車による査定で220万円で決まり。→これを購入検討先の営業に伝えたら頑張ってくれて、買取金額を220万円に合わせてくれました。知ってる人と、知らない人で数十万円の差が開くなんて。

対策!愛車の価値を確認するべし

はっきり言って車を高く売却するのって、マネーゲームなんです。相場の価格を知り、買取業車の価格を一声伝えれば大きく戦場は良好になります。私は、下記のサイトで4度査定をしています。

一般社団法人JADRI運営 ↑上記の口コミ
50代男性 ★★★★
直ぐに愛車の査定金額を確認でき助かりました。申し込み後5社から電話があり指定日時に自宅に来てくれました。時間、コスト負担が少なく助かります。やはり、一般社団法人が運営しているのは安心感がありまして、これが申し込みの決め手でしたね。
20代女性 ★★★★★
最初は個人情報など大丈夫かと思いましたが、一般社団法人JADRIが運営しており、クレーム窓口もあるのが利用の決め手です。買取査定後に営業電話が続くようなことはなく各社とも一回の営業電話でしたね。ディーラーの下取り金額とは大きな差があり、25万円得をした気分です。
40代女性 ★★★★★
これまでは面倒で利用を避けていましたが、高い査定額が出るのは出張買取査定と評判は聞いていたので申し込むことに。
私の場合、即決はせずに査定金額を新車の購入先に持ち込み、下取り金額の交渉に利用しました。

愛車の下取り金額を30分程度の査定時間で確認することができるので、とても便利ですよ。わざわざ、買取店に出向く必要もなく便利な時代ですね。

ディーラーでは、安い下取り金額を序盤は提示して、終盤から上乗せをすることで、多額の値引きをしたように見せることは多くやられています。必ず、相場を確認してからディーラーへ行きましょう

13つ目 レーントレーシングアシスト

車線の中央を走り続けることができるよう支援し、また車線から逸脱しそうな場合はハンドル操作の支援とディスプレイ表示、ブザーで逸脱を防止。また、白線が消えている時や、渋滞中で白線が認識しにくい環境では前の車についていくことでレーンキープを継続。さらに、白線がなくても、アスファルトや縁石を認識。逸脱しそうな場合、ハンドル支援を行います。新型ハリアーでToyota Sefety Sense第二世代の動作を検証した動画がありますので、説明欄のハリアー再生リストからご覧ください。まずは、今すぐチャンネル登録お願いします。

14つ目 ITS Connect(オプション設定)

クルマに搭載したセンサーでは検知できないエリアに存在するクルマ、人、信号の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信。人、クルマ、信号の情報を ディスプレイ表示やブザー音でドライバーに 知らせることで安全運転をサポート。主に二つの機能があります。

①路車間通信システム

こちらは、交差点で右折をする時に、接近してくる対向車や右折する先 に歩行者がいるにもかかわらず、ドライバーがブレーキペダ ルから足を離して発進しようとするなどの動作をした場合、ディスプレイ表示とブザー音で注意喚起

②車車間通信システム

先行車が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車の 場合、車車間通信により取得した先行車の加減速情報にすば やく反応して車間距離や速度の円滑な調整を行い、スムーズな追従 走行を実現する機能です。ハリアーは、クルーズコントロールの挙動がかなり安定してましたので、この上を行くどれだけスムーズな追従走行なのか気になるとことですね。

筆者のYouTubeチャンネルへ

-ハリアー, CARレビュー, TOYOTA SUV
-, , , , ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.