https://yuki1enjoy.com

YUSA
利用したユーザーからリピートされ続ける車の査定サービスがあります!

\ 売却はユーザーの自由! /

いつのまにか査定

愛車の買取相場を知りたい用途で利用OK!

ノア・ヴォクシー CARレビュー TOYOTA ミニバン

新型ノア【内装外装デザインを詳しくレビュー】トヨタ90系発売!

トヨタ自動車が、2022年1月13日に発売した新型ノア(90系)。

詳しく、外装と内装をレビューする。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

新型ノア 内装外装のデザインを詳しく考えよう!

YUSA
それでは、内装と外装をレビューしていきましょう!

新型ノアの外装デザインを詳しく

画像は、新型ノアの左を映したものだ。画像の車両は、ノアS-Z(エアロボディ)と判断できる。

YUSA
エアロボディのデザインを詳しく見ていきます!

ヘッドランプのデザインとは?

デザインを詳しく推察するが、ヘッドランプが横に3つ並んでいる。

先代ノアの単眼ランプから大きく質感を向上しており、現行型アルファードのようなデザイン性を新型は持っている。

画像のヘッドランプは、オプション設定の「LEDヘッドランプ(オートレベリング)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト)+AHS」(62,700円)で、ハイビームをできる限り積極的に使用するアダプティブハイビームシステム(AHS)を搭載。さらに、LEDウインカーが採用される。

こちらは、新型ノアのノーマルグレードボディで、標準装備のLEDヘッドランプを採用している。OP設定の三眼LEDよりデザイン性が低下し、ハロゲンウインカーを中央部分に採用していることが確認できる。見た目にこだわるなら、オプション設定のLEDヘッドランプを選択すべきだ(Z,S-Zのみオプション選択可能)。

フロントグリルも明らかに!スモークメッキ塗装を採用!

エアロ専用フロントグリル(スモークメッキ)

次に、フロントグリル。

こちらは、エッジを効かせた大きな三つのパネルが確認できる。繊細なデザイン表現というよりは、大きなパーツを配置する。

フロントグリルの塗装色は、単純なメッキではなく、スモークメッキだ。ギラギラと輝くものではない。ほどよく存在感を放ち、スポーティな要素を持つフロントグリルのデザインだ。

ヘッドランプ下部のデザインは、一体感を持たせている

エアロ専用フロントグリル(スモークメッキ)

次に、ヘッドランランプ下の部分。

こちらは、先代以上に、彫り深いダクトデザインが確認できる。しかし、風を通すような穴は、非採用だった。

デザインの方は、フロントグリルのスモークメッキパーツとつながりを持つデザインだ。これにより、一体感を持つが、素材は無塗装樹脂となる。艶ありブラック塗装を採用し、質感を確保してほしかったのが正直な感想だ。

LEDフォグランプを採用!メッキ加飾はなし

エアロ専用フロントグリル(スモークメッキ)

次に、LEDフォグランプ。

こちらは、白色で点灯するLEDフォグランプを採用。レンズは、非常に小さい。

これに対して、新型ヴォクシーは、5眼LEDフォグランプを採用する。大きく異なるデザインになるため、ヴォクシーの内外装も確認してほしい。

ホイールは16インチと17インチを採用!色は?

Z

次に、ホイール。

新型ノアは、中間グレードG、上位グレードZに、16インチアルミホイールを採用。

S-Z

さらに、エアロタイプのS-Zは、17インチアルミホイールを採用。

S-G

S-Gは、16インチとなる。

YUSA
では、次のページで内装の情報を確認しましょう。

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ノア・ヴォクシー, CARレビュー, TOYOTA ミニバン
-, ,