https://yuki1enjoy.com

ノア・ヴォクシー CARレビュー TOYOTA ミニバン

新型ノア【内装と外装のデザインが一部判明!】フルモデルチェンジ最新情報!

トヨタ自動車が、2022年1月13日に発売を予定している新型ノア(フルモデルチェンジ版)。

12月8日にて、公式サイトへ一部デザイン画像が掲載された。スパイショットや販売店で確認した映像の記憶と共に、詳しく、外装と内装を推察(リーク)していきたい。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

新型ノア 内装外装のデザインを詳しく考えよう!

出典:TOYOTA

トヨタ公式にて、一部デザインが公開された。販売点で確認した映像、スパイショットと共に、詳しく推察していこう。

新型ノアの外装デザインを詳しく

画像は、新型ノアの左前を映したものだ。これは、既に販売点にて確認できるデザインの一部に過ぎない。記憶していることから、画像の車両は、ノアS-Z(エアロボディ)と判断できる。

ヘッドランプのデザインとは?

デザインを詳しく推察するが、ヘッドランプが横に3つ並んでいる。

先代ノアの単眼ランプから大きく質感を向上しており、現行型アルファードのようなデザイン性を新型は持っている。

掲載されているヘッドランプの方は、オプション設定の「LEDヘッドランプ(オートレベリング)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト)+AHS」(62,700円)で、ハイビームをできる限り積極的に使用するアダプティブハイビームシステム(AHS)を搭載。さらに、LEDウインカーが採用される。

こちらは、スパイショットされた新型ノア(ノーマルグレードボディ)で、標準装備のLEDヘッドランプを採用している。公式画像よりデザイン性が低下し、ハロゲンウインカーを採用していることが確認できる。見た目にこだわるなら、オプション設定のLEDヘッドランプを選択すべきだ(Zのみオプション選択可能)。

出典:グーネット

以前から紹介しているが、グーネットに掲載されている予想CGとかなり類似している。やはり、新型ノアは、アルファードに近い上質感、高級感を持つだろう。

フロントグリルも明らかに!メッキなのか?

次に、フロントグリル。

こちらは、トヨタエンブレムを配置する中心まで確認できないものの、エッジを効かせたパネルが確認できる。繊細なデザイン表現というよりは、大きなパーツを配置することになりそうだ。

フロントグリルの塗装色はどうなるのだろうか?

公式画像は、ボディ同色塗装を採用しているようにも見える。しかし、グーネットのCGでは、フロントグリルが金属調塗装となっている。販売店で確認した映像においても、金属調塗装(シルバーメッキに近い)だった。このため、新型ノアの公式画像はフロントグリルがボディ同色に見えるが、実際は金属調塗装(シルバーメッキに近い)を採用することになる。ちなみに、フロントグリルは、S-Zの場合、エアロボディ専用タイプを採用(公式画像)。ノーマルボディタイプでは、異なるデザインとなる。

ヘッドランプ下部のデザインは挑戦的!風は通すのか?

次に、ヘッドランランプ下の部分。

こちらは、先代以上に、風を通すような彫り深いダクトデザインが確認できる。ハリアー、NXは、実際に風を通して空力処理を行うダクトを採用する。未確認だが、走行性能向上のために、ダクト機能の採用を期待したい。

デザインの方は、フロントグリルとつながりを持つデザインだ。グーネットのCGとは大きく異なる部分だが、一体感ある質感の高いデザインに期待したい。

LEDフォグランプを採用!メッキ加飾はなし

次に、LEDフォグランプ。

こちらは、白色で点灯するLEDランプを採用。先代モデルやグーネットのCGでは、メッキ加飾を配置していたが、公式画像では特に加飾の確認ができない。こちらは、販売店にて確認済みで、メッキの加飾は採用されない。先代モデルより、ややスポーティーなデザインとなる。

これに対して、新型ヴォクシーは、5眼LEDフォグランプを採用する。大きく異なるデザインになるため、ヴォクシーの内外装も確認してほしい。

ホイールは16インチと17インチを採用!色は?

次に、ホイール。

新型ノアは、中間グレードGに、16インチアルミホイールを採用。スパイショットの通り、シルバーカラーで、流れるようなデザインを採用する。質感は、必要十分だ。

さらに、エアロタイプのS-Zは、17インチアルミホイールを採用。グーネットのCGにあるように、ハリアーと少し類似したデザインを採用し、中間グレードからデザイン性を向上する。

出典:Twitter匿名をご希望

ちなみに、こちらは新型ヴォクシーS-Zのスパイショット。ブラックを基調としたアルミホイール履かせているが、現時点で断言できない。形状は、新型ノアと同じ形状が採用される模様だ。

外装は、遂に実車を撮影することができた!

下記の記事で詳しくレビューしている。

YUSA
では、次のページで内装の情報を確認しましょう。

次のページへ >

筆者のYouTubeチャンネルへ
  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

2

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

3

皆さんは、車を買うとき、売るとき、相談できる人はいますか? そして、豊富な知識を持って、的確なアドバイスをくれる人はいますか? 車の売買において、検討するユーザーは実に「ひとりぼっち」です。 今回は、 ...

-ノア・ヴォクシー, CARレビュー, TOYOTA ミニバン
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.