https://yuki1enjoy.com

ステップワゴン ホンダ CARレビュー

新型ステップワゴンの燃費や維持費は?ガソリン・ハイブリッドを徹底分析

ホンダが2022年5月27日に発売を予定する新型ステップワゴン(6代目)。

燃費の数値から燃料代、維持費(車検費用、点検費用、自動車保険)を徹底分析する。

ガソリン・ハイブリッドの違い、ライバルの新型ノア・ヴォクシーとも比較して紹介する。

ホンダ新型ステップワゴンの燃費はどうなっている?2022年5月発売モデル

新型ステップワゴン(左がAIR・右がSPADA)
YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

🔻こちらでは、正確で実用燃費に近いWLTCモード数値にて、記載する。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: TYimJoDX3eE1.jpg
出典:日本自動車連盟 JAF

メモ

WLTCモードは、世界各国にて使用されている、国際的な燃費の数値をいう。従来使用されていた、JC08モードから代替えされたものだ。燃費は、ドライバーの運転習慣、走行環境により、大きく左右される。個人の独断的な燃費数値を参考にするより、世界基準のWLTCモード(当ページ使用)を参考にするべきだ。

ガソリンエンジンのWLTCモード燃費は?

1.5リッター直4VTECターボエンジンのグレード別、燃費は下記の通り。

グレード燃費(FF)燃費(4WD)
AIR13.9km/L13.3km/L
SPADA13.7km/L13.1km/L
SPADA Premium Line13.2km/L13.1km/L

スペック詳細は、下記の通り。先代から踏襲したエンジンで、進化は確認できない。

種類・シリンダー数直列4気筒(L15B)
総排気量1.496L
使用燃料レギュラーガソリン
最高出力110kW(150PS)/5,500rpm
最大トルク203N・m(20.7kgf・m)/1,600~5,000rpm

ライバル車の新型ノア・ヴォクシーと比較すると?

新型ノア・ヴォクシー(ガソリン)燃費(2WD)
X15.1km/L
G15.1km/L
S-G15.0km/L
Z15.0km/L
S-Z15.0km/L
アルファード 2.5L10.6km/L
種類・シリンダー数直列4気筒(L15B)
総排気量1.986L
使用燃料レギュラーガソリン
最高出力125kW(170PS)/6,600rpm
最大トルク202N・m(20.6kgf・m)/4,900rpm

やはり新型ステップワゴンの方は、先代から踏襲したエンジンを搭載するため、スペックが新型ノア・ヴォクシーに劣る。

出力は、新型ノア・ヴォクシーに対して20psも少なく、燃費も最大で1.7km/Lも悪い。

さらに、先代から大きな改良がないため、ホンダ車で指摘されがちなエンジンの唸りが懸念される。

ちなみに、価格は267万円から!

新型ステップワゴン ガソリンFF4WD
AIR(7人乗り)2,998,600円3,240,600円
AIR(8人乗り)3,020,600円3,262,600円
SPADA(7人乗り)3,257,100円3,477,100円
SPADA(8人乗り)3,279,100円3,499,100円
SPADA PREMIUM LINE(7人乗り)3,462,800円3,653,100円

ハイブリッド(e:HEV)のWLTCモード燃費は?

直列4気筒2リッターe:HEV(ハイブリッド)のスペックのグレード別、燃費は下記の通り。4WDの設定はなし。

グレード燃費(FF)
AIR20km/L
SPADA19.6km/L
SPADA Premium Line19.5km/L

残念なのは、先代から燃費が悪化している点で、SPADAについては0.4km/l悪くなった。エコ性能が重視される現代で、これは残念としか言いようがない。

車両サイズが4830×1750×1845mmと、先代から全長110mm、全幅60mmほど拡大した影響だろう。

ただ、これでは、新しい新型に乗り換えたのに、燃費が悪くなったという不満が出る可能性もあり、注意が必要だ。

スペック詳細は、下記の通り。先代から踏襲したエンジンで、進化は確認できない。

種類・シリンダー数直列4気筒(A20A-FKS)
総排気量1.993L
使用燃料レギュラーガソリン
最高出力107kW(145PS)/6,200rpm
最大トルク175N・m(17.8kgf・m)/3,500rpm
フロントモーター最高出力135kW(184PS)/5,000~6,000rpm
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)/0~2,000rpm

ライバル車の新型ノア・ヴォクシーと比較すると?

新型ノア・ヴォクシー(ハイブリッド)燃費(2WD)
X23.4km/L
G23.2km/L
S-G23.0km/L
Z23.0km/L
S-Z23.0km/L

新型ノア・ヴォクシーは、先代から車両サイズを拡大しているが、燃費を大きく改善している。

種類・シリンダー数直列4気筒(A20A-FKS)
総排気量1.797L
使用燃料レギュラーガソリン
最高出力72kW(98PS)/5,200rpm
最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/3,600rpm
フロントモーター最高出力70kW(95PS)
モーター最大トルク84N・m(8.6kgf・m)/0~2,000rpm

ハイブリッドに関しては、パワーで新型ステップワゴン、エコ性能で新型ノア・ヴォクシーが優れるという一長一短が確認できる。

出力は、新型ノア・ヴォクシーに対してエンジンが47ps、フロントモーターが89psも多い。加速は、期待できるだろう。

燃費は、最大で3.5km/Lも悪い。

また、先代から大きな改良がないため、ホンダ車で指摘されがちなエンジンの唸りが懸念される。

ちなみに、価格は267万円から!

新型ステップワゴン e:HEVFF
AIR(7人乗り)3,382,500円
AIR(8人乗り)3,404,500円
SPADA(7人乗り)3,641,000円
SPADA(8人乗り)3,663,000円
SPADA PREMIUM LINE(7人乗り)3,846,700円

次に燃料代がどのくらいになるか?見ておこう

YUSA
では、燃料代、自動車税、3年間の維持費などを紹介します!

グレード間の燃費差は、多少の誤差程度になるため、こちらでは人気のSPADAにて紹介する。

1ヶ月の燃料代は?

月間1000km走行した場合の燃料代は、下記の通り。

*ガソリン153円/Lで算出

  • ガソリンSPADA(FF):1000km÷平均燃費13.7km/L×153円/L=11,168円
  • ハイブリッドSPADA(FF):1000km÷平均燃費19.6km/L×153円/L=7,806円

ガソリン車の方が3,362円高い。

1年間の燃料代は?

1年間で1,2万km走行した場合の燃料代は、下記の通り。

*ガソリン153円/Lで算出

  • ガソリンSPADA(FF):11,168円×12ヶ月=134,016円
  • ハイブリッドSPADA(FF):7,806円×12ヶ月=93,672円

ガソリン車の方が40,344円高い。

ガソリンとハイブリッドどちらを買う?

新型ステップワゴン搭載のハイブリッドシステム

車両本体価格は、ハイブリッドとガソリンの間で、

ガソリン→e:HEV(ハイブリッド)38,3万円
エコ免税:実質価格負担25,8万円

となっている。

前述の検証で、1年間に1,2万km走行する場合、ガソリン車の方が燃料代40,344円高くなることが判明した。

この場合だと、7年間でハイブリッドの価格をペイできることになる。

さらに、ハイブリッドは売る時に価格が高い分、多少なりともガソリン車より高く売れる。しかも、振動が少なく、静粛性の高い走りを持つ。

これらを踏まえると、やはり新型ステップワゴンでお勧めしたいのはハイブリッド(e:HEV)だ。

維持費はどんな感じになるか?

新型ステップワゴンを所有した場合、主に下記の維持費が発生する。

メモ

  • 自動車税
  • 点検費用
  • 車検費用
  • 自動車保険
  • 燃料代(前述済み)
YUSA
では、詳しく見ていきましょう!

新型ステップワゴンの自動車税

新型ステップワゴンの自動車税は、下記の通り。

  • 1.5Lガソリン 30,500円
  • 2Lハイブリッド 36,000円

新型ステップワゴンの点検費用

新型ステップワゴンは、正規販売店の3年間点検パックで、10万円前後の費用がかかる(前払いシステム)。

お世話になっている販売において、10万円で提供されているため、これを費用として計上する。

新型ステップワゴンの車検費用

新型ステップワゴンの車検費用は、一般的な相場で下記の通り。

項目金額
点検基本料金16,100円
自賠責保険料20,010円
重量税32,800円
印紙代1,600円
*実際に確認した金額を記載

新型ステップワゴンを所有するユーザーは、正規販売店の点検パックを使用するユーザーが多い。

車検費用は、ハイブリッド車で点検費用が高くなり、法定費用が安くなる傾向。ガソリン車では、点検費用が安くなり、法定費用が高くなる傾向となる。

今回は、話を円滑にする進めるため、点検費用を控除した、70,510円を費用として計上する。

しかし、ニコニコ車検を使用すれば、車検後の6ヶ月点検と18ヶ月点検が無料、ガソリン6円/L引きの特典を受けることができる。節約したい方は、下記の記事もご覧いただきたい。

新型ステップワゴンの自動保険

新型ステップワゴンの場合、自動車保険は、車両保険に加入して、5万円から20万円が相場になる。

金額は、等級に依存するが、車を乗り換えるなるなら、必ず自動車保険を見直すべきだ。車のコスト節約12の紹介記事で、紹介している。

今回は、自動車保険10万円を費用として計上する。

駐車場料金の計上もお忘れなく!

車を所有するなら、駐車場を確保しなければならない。

持ち家なら0円、都市部の賃貸なら毎月3万円のコストが発生する。

ここは、個人差があるため、0円として進める。

3年間の維持費や燃料代などは?

1.5Lガソリン

人気グレードSPADAを記載しているが、他のグレードもかなり近い金額となる。

新型ステップワゴン維持費(FF)SPADA
燃料代402,048円
点検費用110,000円
車検費用70,510円
自動車保険100,000円
合計682,558円

ライバル車の新型ノア・ヴォクシー

新型ノア維持費(2WD)S-G,Z,S-Z
燃料代371,988円
点検費用110,000円
車検費用70,510円
自動車保険100,000円
合計652,498円

新型ステップワゴンの方が、3万円ほど高い結果となった。

2Lハイブリッド(e:HEV)

人気グレードSPADAを記載しているが、他のグレードもかなり近い金額となる。

新型ステップワゴン維持費(FF)SPADA
燃料代281,016円
点検費用110,000円
車検費用70,510円
自動車保険100,000円
合計561,526円

ライバル車の新型ノア・ヴォクシー

新型ノア維持費(2WD)S-G,Z,S-Z
燃料代238,464円
点検費用110,000円
車検費用70,510円
自動車保険100,000円
合計518,974円

新型ステップワゴンの方が、4万円ほど高い結果となった。

YouTubeの動画でも!!

YUSA
動画の方では、文字で書ききれないことも話しています!理解が深まりますので、お時間のある方はご覧ください。

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

車の任意保険である自動車保険は、毎年3万円から30万円ほどの高額な費用がかかる。保険は使わずに済むことが一番だが、使わなければ「ただの無駄金」で、できる限り安い自動車保険に加入したい。 見直しを考えて ...

2

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

3

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

-ステップワゴン, ホンダ, CARレビュー
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.