https://yuki1enjoy.com

ステップワゴン ホンダ CARレビュー

新型ステップワゴンの値引きは?限界を目指す方法は?

2022年に5月26日にフルモデルチェンジ予定の新型ステップワゴン。

まとなく発売となるが、先行予約の受注が好調のようだ。

気になる値引きはどのくらいなのか?

また、少しでも得する値引き交渉にはどんな方法があるのか?この記事では気になる値引きのコツを紹介する。

ホンダ新型ステップワゴンとは?

新型ステップワゴン:スパーダ

誕生25周年のタイミングで登場した新型ステップワゴンは、「素敵な暮らし」というグランドコンセプトのもと、大ヒットした初代に回帰したモデルである。

ボクシーで伸びやかなエクステリアは初代モデルを彷彿とさせ、最新トレンドを巧みに盛り込んだシンプルでクリーンな形状となっている。

また、先代でも人気のあったエアロ系のスパーダは、現行スパーダのようなゴツイイメージではなく品よくスポーティさをアピールしたデザインを採用した。

また、ミニバンの特徴となるシートアレンジでは、2列目シートのキャプテンシート仕様は超ロングスライド機構と中寄せスライド機能付きで、3列目は床下収納式となる。

現時点では未発表のパワートレインだが、ガソリンが1.5L直噴ターボ、ハイブリッドは2.0L+2モーターの“e:HEV”になる見込みで、基本的には現行モデルと変更は少ない予定だ。

ホンダ新型ステップワゴンの基本値引きは?

新型ステップワゴンはすでに2021年12月10日にティザーキャンペーンを開始、翌2022年の1月7日に外観なども発表された。

そして現在予約受注が始まっており、5月26日の正式発表を待つばかりとなっている。

つまり、まだ発売前の新型車であるため、商談の乗り出しでは値引き0〜5万円程度が基本で、多くても10万円程度となる。

それでもメーカーからの補助やディーラー独自の特別対策として、5万円程度の値引きや用品サービス、クーポン配布、そして査定額の上乗せなど実質的な値引きがある。

値引きしやすいグレードは?

まだグレード名は公表されていないが、スパーダや“e:HEV”グレードに人気が集中するとみられる。

このため、人気薄の1.5Ⅼターボエンジン搭載車のAIRが早い可能性もある。

生産状況により前後してくるものなので、状況を冷静に判断したい。

基本的には在庫、もしくは生産在庫(生産予定で受注されていない車)を営業から聞き出してみる手だが、納車が少しでも早いグレードを教えてもらうのが手っ取り早い。

競合はライバル車種と他のホンダホンダ店も

ライバル車種との競合も必須だ。2022年1月にモデルチェンジしたばかりのトヨタのヴォクシー/ノアは新型ステップワゴンには負けられないので競合には都合がいい。また、日産のセレナはモデル末期であるため値引き幅が最も大きいので、こちらも競争相手にはもってこいだ。

ステップワゴン同士も競わせるべきだ。系列が違うホンダディーラー同士で相見積もりすることも考えたい。

ホンダディーラー間での競合は避けるのが暗黙のルールだが、それは売り手の都合なのでユーザーには関係ないので堂々とやるべきだ。場合によっては同系列の別店舗間でもかまわないだろう、

買取業者の利用は必須!

最後に、値引きとは違うが下取り価格についても見直しと厳しいチェックで、損がない乗り換えができるように再検討したい。

一般に下取りに入れるよりも買取店で売却する方が得になることが多い。

ただ、今回の新型ステップワゴンのような発表直後のタイミングでは、メーカーが自社とライバルのミニバンの下取り査定価格を大幅に引き上げてくるケースもよくある。

ノア/ヴォクシーとセレナは特に高く設定し、新型車発表後の販売台数の上乗せとライバルからの代替えを狙うホンダ正規販売店が多い。

しかし、このような状況でも、購入と愛車の売却は分けることをお勧めする。

下取りを考慮して、実質負担120万円だけで乗り換えができますよ!という営業トークが危ないからだ。

このような状況は、車のコストを分かりづらくし、大きな損を招くことになる。

きっちりと分けて、車の購入だけで値引きを大きく、車の売却は買取を利用して高く売る。

これを節約の鉄則ルールとして、車の買い替えをしていただきたい。

下取りと、買取の違いについては、別記事で解説している。

まとめ

新型ステップワゴンは魅力的なクルマであり、すぐにでも手に入れたいと思うだろう。

車の購入だけでの値引きにこだわり、値引き拡大に成功していただきたい。

YUSA
最後まで、ご覧いただきありがとうございます!
車のコストを節約されたい方は、、関連記事もご覧ください。

車のコストを節約しよう!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

車の任意保険である自動車保険は、毎年3万円から30万円ほどの高額な費用がかかる。保険は使わずに済むことが一番だが、使わなければ「ただの無駄金」で、できる限り安い自動車保険に加入したい。 見直しを考えて ...

2

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

3

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

-ステップワゴン, ホンダ, CARレビュー
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.