シエンタ CARレビュー TOYOTA ミニバン

新型シエンタGとZグレードの違いを比較!どっち買う?

今回は、トヨタの新型シエンタ。

中間グレードG、上位グレードZのグレード比較を行う。違いを明らかにして、どっちを買うべきか?最後に、紹介していきたいと思う。

参考にしていただければと思う。

新型シエンタのGとZを比較!買うべきグレードは?

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

価格を比較

1.5Lガソリン2WD(FF)円
X1,950,000
G2,300,000
G 7人乗り2,340,000
Z2,520,000
Z 7人乗り2,560,000
1.5Lハイブリッド2WD(FF)円4WD(E-four)円
X2,380,0002,578,000
G2,650,0002,848,000
G 7人乗り2,690,0002,888,000
Z2,870,0003,068,000
Z 7人乗り2,910,0003,108,000

グレード間の価格差は、

  • GよりZの方が 22万円高い

装備を比較

YUSA
次の表は、違いに焦点を絞って主要装備をまとめた比較表です。

比較表の見方について

◯標準装備、△オプション設定、✕設定なし

YUSALOVESCAR(標準装備 有◯OP△無✕) 
2022.8調査G(2WDZ(2WD)
LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能)+ターンランプ+クリアランスランプ
LEDテーラランプ&LEDストップランプ+ターン&ランプ
×
Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ
LEDライン発光テーラランプ&LEDストップランプ+ターン&ランプ
×
アダプティブハイビーム×
アルミホイール
185/65R15スチールホイール(樹脂フルキャップ)×
185/65R15スチールホイール(樹脂フルキャップ『ダークグレー&シルバーメタリック』)×
ACC停止保持あり×
ワンタッチスイッチ付きハンズフリー機能付き
スライドドア
×
手動後席窓用サンシェード×
ハイブリッド:エレクトロシフトマチック×
ガソリン:10速シーケンシャルシフトマチック付きストレート式シフトレバー
シートヒーター
本革巻きステアリング
ファブリック巻きドアアームレスト
インストルメントパネル(ブラック)×
ファブリック巻きインストルメントパネル×
ファブリック(消臭・撥水)
運転席アームレスト(フック付き・左側)×
4.2インチTFTメーター×
7インチTFTメーター×
8インチディスプレイオーディオ
オートエアコン
グリルモール(ブラック)×
グリルモール(金属調塗装)×
天井サーキュレーター
ドライブレコーター
360度カメラ

内装外装を比較

GとZの内装外装については、動画で分かりやすく解説している。

見積もりを比較

G

まずが、G!
現金での支払い総額は、3,128,700円
7人乗り▶︎+4万円

項目金額金額(10%税込み:円)
HEV G
5人乗り
2,650,000
コンフォートパッケージ
・UVカット・IRカットガラス(高遮音性ガラス)
・ステアリングヒーター
・シートヒーター
・本革巻きステアリング
93,500
パノラミックビューモニター(PVM)27,500
ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)PLUS 10.5インチ+TV89,100
ETC2.0+ドライブレコーダー前後31,900
フロアマット24,700
税金・諸費用212,000
Z

次が、Zの見積もり!
現金での支払い総額は、3,374,400円
5人乗り▶︎–4万円

項目金額金額(10%税込み:円)
HEV Z
7人乗り
2,910,000
コンフォートパッケージ(Z)
・UVカット・IRカットガラス(高遮音性ガラス)
・ステアリングヒーター
・シートヒーター
79,200
パノラミックビューモニター(PVM)27,500
ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)PLUS 10.5インチ+TV89,100
ETC2.0+ドライブレコーダー前後31,900
フロアマット24,700
税金・諸費用212,000

どっちを買うべき?

Gはこんな方におすすめ

  • 安い方がいい
  • 走行距離が少なめな方
  • 安全先進装備が少なくてもいい方

 

Zはこんな方におすすめ

  • 上級デザインが欲しい
  • 装備がたくさん欲しい方
  • 予算が確保できる方
YUSA
最後まで、ご覧いただきありがとうございます!
車のコストを節約されたい方は、関連記事もご覧ください。

車のコストを節約しよう!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-シエンタ, CARレビュー, TOYOTA ミニバン
-, ,