https://yuki1enjoy.com

アクア CARレビュー TOYOTA コンパクト

トヨタ新型アクア【買う前に注意したい11つ!魅力6つ】価格や装備 見積もりについて トヨタフルモデルチェンジ TOYOTA AQUA 2021

トヨタ自動車は、7月19日に新型アクア(TOYOTA AQUA)のフルモデルチェンジを予定。既に先行予約の受付を開始しており、契約をすることができます。

今回は、購入検討中の方をサポートするために分析していたら判明した「買う前の注意点11つと買いの魅力ポイント6つ」をご紹介していきたいと思います。価格や装備、見積もり、オプション、内装外装、質感などについて最速レポートしていきますよ!。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSA。ブロガーではなく、車のレビューをしている車You Tuber。実際に車へ触れて紹介する点を重視しています。

トヨタ新型アクア 価格とグレード展開

アクアは、下記の通り4つのグレード展開。

アクア 1.5L+モーター車両価格(2WD)
B 営業車タイプ1,980,000円
X2,090,000円
G2,230,000円
Z2,400,000円

\ 大切な愛車は丁寧に売却を /

車の売却手順を見る

車を買うお金は作れる!

トヨタ新型アクア 買う前に注意したい11点

では、買う前に注意したいポイントを見ていきましょう。

①価格が高い

新型アクアのスタート価格ですが、実質209万円がスタート価格となります。ヤリスシリーズとの棲み分けのため先代から装備の充実化を実施し、上位グレードは先代から約29万円の値上がり幅です。先代アクアからの買い替えユーザーにとっては、厳しいのが本音ですよね。

新型アクア 1.5L+モーター車両価格(2WD)
X2,090,000円
G2,230,000円
Z2,400,000円
ヤリス 1.5L+モーター車両価格(2WD)
X1,998,000円
G2,130,000円
Z2,324,000円

また、ヤリスHVと比べると新型アクアの方が「約7万円〜10万円」価格が高くなっています。新型アクアでは、LEDヘッドランプの標準化、遮音材の採用、内装の質感向上、ホイールベース拡大などに注力していることから、これらを魅力的に感じるなら購入を検討して良いと思います。新型アクアの見積もり公開している記事もぜひご覧ください。

アクアとノートオーラ(AURA)との価格差は?

ライバルとなる日産ノートオーラ(AURA)の価格展開は、下記の通り。

G (税込)2WD 2,610,300円4WD 2,868,800円
G leather edition (税込)2WD 2,699,400円4WD 2,957,900円

車両本体価格だけで比べれば、ノートオーラより新型アクアの方が約20万円価格が安くなっています。新型アクアでは、電動Pを搭載しないものの、AURAでオプション設定となる安全先進技術を標準装備としています。

対して、ノートオーラで安全先進技術『プロパイロット』をオプション選択すると価格は約305万円となります。BOSEサウンドシステムなどを含むためもちろん単純比較はできませんが、新型アクアの方が約70万円も安く購入できます。

このことから、電動P不要で問題ない方、安く購入したい方には、新型アクアが優れている車となります。ただ、安い車を求めるならヤリスがあるので、立ち位置が今一分からないのが正直な感想でもあります。今後、ライバル車両との比較動画ご要望あれば作成したいと思いますので、グッドボタンとコメントの方よろしくお願いします。

②ハンドルはヤリスと共通

新型アクアは、ヤリスより内装を上質なものにしているのが一つの特徴で、上位グレードZでは、10.5インチディスプレイオーディオ、合成皮革巻き(インストルメントパネル・アームレスト)などを標準装備。スパイショットを確認しても、レザー調の素材にステッチを採用し、コンパクトクラスとしては上質な質感を確保しています。

全体としては、ライバルのフィット、ノートオーラに劣らない、満足できる仕上がりと言えますが、ハンドルは残念ながらヤリスと同じ物を採用します。チープな印象が気になる物ではありませんが、差別化を望むユーザーにとっては残念な点となりますので、念のためご紹介となります。

辛口で内装外装レビューしました!!

③FFには段差がある

倒すと段差が発生

新型アクアは、後席シートを倒すとラゲッジに段差が生まれます。段差をフラットにするためラゲッジボードの設定がありますが、FFではOP設定で、4WD(E-four)では標準装備となります。フラットに荷室を使用したい方は、お忘れのないようご注意ください。

また、ラゲッジボードは一枚タイプで、ヤリスクロスの2枚分割独立タイプではありませんので、ご注意ください。

④T-connnectナビキットの内容が変更

T-connnectとは、通常スマートフォンを繋いで使用するDA搭載車両に、従来のナビ機能をインストールすることができる機能です。

従来、トヨタのDA装着車では、ディーラーOPとしてT-connectを約11万円でオプション設定とし、TVを見るためには別途オプションを購入する必要がありました。

これを新型アクアでは、価格を維持する約11万円のT-connectにTV機能を追加する変更が実施されています。尚、新型ランクルも同時に変更となりました。

TOYOTA T-connect公式サイト

⑤ヘッドランプのデザインが異なる

G

新型アクアは、ベースグレードでもLEDヘッドランプを標準装備としますが、差別化が実施されています。

ベースグレードのXとGでは、非常にシンプルなデザインを採用し、ウインカーもバルブタイプであることが確認できます(LEDヘッドランプ二灯式+ハロゲンターンランプ(マニュアルレベリング機能付き))。

Z

対して、上位グレードZはコの字型のアイラインの意匠で、質感を高めたBi-Beam LEDヘッドランプを採用(Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDターンランプ+LEDデイライト)。デイライト機能やLEDウインカーを採用し、ベースグレードから質感を大きく向上します。

尚、ベースグレードでも上位版のBi-Beam LEDヘッドランプはオプション選択することができ、金額は下記の通りとなります。

金額主要 オプション
110,000BI-BEAM LEDヘッドランプ +LEDターンランプ

グレード間で差別化が実施されていますので、デザインに拘りのある方はご注意ください。

⑥ウインカーはハロゲン式点灯

新型アクアは、質感の良い見た目を手にし、フルLEDヘッドランプ、LEDテールランプを標準装備としますが、ウインカーに関してはベースグレードでフロントウインカーがバルブタイプとなります。

G

対して、ZグレードではフロントにLEDウインカーを採用。また、テールランプには、LEDライン発光テールランプ&ストップランプ+ターンランプを採用し、上質な見た目になります。

Z

⑦斜め後方視界が狭い

新型アクアは、正常進化を実現したエクステリアを手にしており人気を集めると予想していますが、斜め後方視界の狭さが気になります。かなり、後席窓を上に絞り込んだデザインで、スタイリッシュな印象を表現していますよね。

年配の方で、運転の容易な小さい車を求めている方もいらっしゃると思いますが、気をつけないといけない点も事実ありますので、ご注意ください。

運転に不安のある方は、運転支援をオプション選択するのがお勧めで、下記の通りとなります。

金額主要 オプション
188,100TTAP(PVM付)&HUD&BSM&PKSB

このオプションを購入すると、駐車支援システムのトヨタチームメイト、安全装備のパノラミックビューモニターPVM、ヘッドアップディスプレイHUD、斜め後方の安全確認をサポートするBSM、パーキングサポートブレーキPKSBを選択した内容です。駐車支援や斜め後方の安全サポートを受けることができますので、運転に不安のある方はお勧めです。

⑧上位グレードZに誘導している

新型アクアは、もはやトヨタあるあるとなった、上位グレードへの誘導が分かりやすい価格設定となっています。

中間グレードGに、コンフォート合成皮革PKG、BI-BEAM LEDヘッドランプ +LEDターンランプ、ディスプレイオーディオ10インチ、16インチアルミをオプション選択すると、ほぼZと同じ価格になってしまうことから、Zへ誘導していると表現できます。

安く買いたいなら、Gに10.5インチDAだけOP選択して購入するのがお勧めで、これ以上を求めるならZを買うべきと言えます。詳しくは、新型アクア見積もり公開記事でご案内しています。

⑨シフトレバーは電子式

先代のアクアは、一般的なシフトレバーをハンドブレーキの前に配置。ガソリンエンジン車と同じ操作感で運転をすることができます。違和感の少ないレイアウトが受けて、HVを普及させる大きな力となった先代アクアですが、新型では大きな変化を実施します。

G

新型ではエアコン操作パネル下に、電子式のコンパクトなシフトレバーを採用。恐らく、操作感としてはプリウスと同じタイプと思われますので、踏み間違い事故など起きないか心配な点であります。

先代から大きな変化となりますので、ご注意ください。

⑩X、Gは7インチで小さい

新型アクアは、上位グレードに10.5インチDAを標準装備としますが、中間グレード以下のグレードでは7インチのDAを標準装備とします。

G

流石に現代の車としては非常に小さいサイズで、上記の通り縁取りが太く見た目が野暮ったい点が懸念されます。

このため、お勧めの中間グレードGを購入する方は、¥38,500のディスプレイオーディオ10.5インチはオプション選択することを強くお勧め致します。リセールも良くなるし、使い勝手も、見た目も向上しますから、選択が絶対にお勧めです。

⑪納期が長くなる

現在自動車業界は、半導体不足の影響で多くの車の納期が長期化しています。トヨタハリアー、ヤリスクロスでは販売から約一年を迎えますが、今も尚半年以上の納期で、日産やホンダでは発売を延期する動きもあり経済活動に影響が出ています。

新型アクアは、全車種併売開始後初のフルモデルチェンジとなりますから、販売台数が急増するのは間違いありません。納期長期化に関しては、強い懸念を持っていますので、ご注意ください。

事項日程
先行予約6月25日
公式発売日7月19日
納車開始7月下旬〜
納期半年以上
値引き5万円〜20万円

値引きは、強気にセールスが展開されていて、非常に厳しい状況。大切に乗ってきた愛車を丁寧に戦略的に売却して、一万円でも多くの資金を獲得することが必要。断ることもできるので、一度買取査定を依頼して大切な愛車の価値確認をすることが大切ですね。

\ 買取サービスの適切な利用を /

利用ランキングを見る

車を買うお金は作れる!

次のページへ >

筆者のYouTubeチャンネルへ
  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-アクア, CARレビュー, TOYOTA コンパクト
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。