https://yuki1enjoy.com

アウトランダー CARレビュー 三菱

価格は462,1万円!新型アウトランダーPHEV【見積もり公開!注意点9つ!コスパいいじゃん】

三菱自動車は、SUV『アウトランダー』のプラグインハイブリッドEV(PHEV)をフルモデルチェンジし、12月16日(木)から販売を開始する。車両本体価格は、4,621,100円~5,320,700円。既に先行予約は、10月28日から開始している。

今回は「大きく進化する装備、見積もり、オプション、補助金、内装外装、注意点9つ、値引き、おすすめグレード」などを徹底的に紹介する。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSA。ブロガーではなく、車のレビューをしている車You Tuber。実際に車に触れて紹介する点を重視しています。

三菱自動車 新型アウトランダーPHEVとは?

新型『アウトランダー』PHEVモデルは、三菱の電動化技術と四輪制御技術を集め、新世代プラットフォームRISEや先進技術を活用したフラッグシップモデル。「威風堂堂」をコンセプトに、ボディやシャシー、パワートレインなどすべてを刷新し、魅力を大幅に向上している。

新型アウトランダーのエクステリアは力強さを重視

エクステリアは、「DYNAMIC SHIELD(ダイナミック・シールド)」を新世代化させ、存在感のあるフロントデザインを採用。サイドには、20インチの大径ホイール、筋肉質なサイドパネルを採用し、力強く軽快な走りを表現。

さらにリヤは、ボディの左右両端まで広がるテールランプを採用し、ワイドで安定感のあるスタイリングが特徴。

新型アウトランダー2.4L PHEVカラー一覧
ボディカラー
(左から順に)
ホワイトダイヤモンド×ブラックマイカ<132,000円>
ブラックダイヤモンド×ディープブロンズメタリック<132,000円>
ホワイトダイヤモンド<77,000円>
レッドダイヤモンド<77,000円>
ブラックダイヤモンド
コズミックブルーマイカ
ディープブロンズメタリック
スターリングシルバーメタリック
チタニウムグレーメタリック
ブラックマイカ

ボディカラーは、新たに追加するブラックダイヤモンドを筆頭に全10色の設定。

YUSA
有償の4色は、金額がかなりお高いですね。悩ましいところです!

力強く先進的で上質なインテリアは水平基調を描く

内装は、「HORIZONTAL AXIS(ホリゾンタル・アクシス)」を進化させ、力強さと開放感を表現し、フロアコンソールは幅広で高級感を持つ。また、質感の高いソフトパッドやステッチを随所に採用し上質感を重視。

運転メーターは12.3インチを保有する:表示の一例

さらに、モニターやメーターは視認性、セレクター、ダイヤル、スイッチ類は操作時の節度感にこだわった「MITSUBISHI TOUCH(三菱タッチ)」のコンセプトに基づいてデザインし、視覚だけでなく触覚にも訴える上質さを持つ。

YUSA
三菱自動車のインテリア動画も併せてご覧ください。

三菱新型アウトランダーPHEV パワートレイン

新型アウトランダーに搭載するパワートレインは、下記の通り。

新型アウトランダー2.4L PHEV
エンジン:2.4L 直列4気筒
最高出力:98kW/5000rpm
最大トルク:195Nm/4300rpm
燃料タンク容量:56L
使用燃料:レギュラーガソリン
駆動方式:4WD
フロントモーター出力:85kW
リアモーター出力:100kW
バッテリー総電力:20kWh
燃費WLTC:16.2km/L,16.6km/L(Mのみ)

ハイブリッド走行での燃費は、16.2km/Lとライバルに比べると劣る。レクサス新型NXのPHEVは、19.8km/Lだ。

新PHEVは87kmもEV走行できる

出典:MITSUBISHI

新型アウトランダーは、駆動用バッテリーの出力を約40%高め、極力エンジンを始動せずにEV走行の維持が可能。また、駆動用バッテリーは、総電力量を20kWhと大容量化し、EV走行距離87km(WLTCモード)と十分なEV航続距離を確保。また、ガソリンタンク容量を増大し、総合航続可能距離も大幅に拡大している。

YouTube再生リストから関連情報をチェック!

あらゆる路面で快適な走りを確保する

さらに、前後の駆動用モーターを搭載するツインモーター4WDをベースとした車両運動統合制御システムS-AWCに、新たに後輪側にもブレーキAYC機能を追加。これにより、前後輪の駆動力を路面状態や運転状況に応じて最適に配分し、トルクベクタリングで全てのタイヤ能力を最大限に引き出すことが可能だ。

ドライブモードは、先代の4つから7つへ拡大され内容は、下記の通り。

  1. NORMAL(ノーマル)
  2. 乾燥舗装路でキビキビと加速するアクセルレスポンスと高い旋回性を発揮するTARMAC(ターマック)
  3. 未舗装路や濡れた舗装路での操縦性と走破性をバランスさせたGRAVEL(グラベル)
  4. 雪道などの滑りやすい路面で車両挙動を安定させるSNOW (スノー)
  5. 泥濘路や深雪路で車速に応じてタイヤのスリップ率を最適化することで高い走破性を実現し、スタック時に優れた脱出性を発揮するMUD(マッド)
  6. 力強い加速が必要な場合のPOWER(パワー)
  7. 環境に優しく経済的なECO(エコ)
YUSA
なかなか凄い内容ですね!内装外装の質感向上が目立ちますが、走行性能向上も忘れていないようですね。
出典:MITSUBISHI

そして、イノベーティブペダルオペレーションモードを新採用し、いわゆるワンペダル操作が可能に。ペダルを踏み込めば加速し戻せば減速し、疲労軽減に寄与する。

YUSA
日産的なヤツですね!この他、日産との提携関係を生かした車作りが確認できますので、この後紹介して参ります。

三菱新型アウトランダーPHEV 車両サイズ

新型アウトランダーの車両サイズは下記の通り。グレード間で若干の違いがある。

新型アウトランダー2021
全長×全幅×全高
4710×1860×1745mm
Mのみ全高1740mm
先代アウトランダー
全長×全幅×全高
4695×1810×1710mm
ホイールベース2705mm
最小回転半径5.5m
車両重量M 5人乗り 2010kg
G 5人乗り 2050kg
G 7人乗り 2090kg
P 7人乗り 2110kg

先代から全長15mm、全幅50mm、全高35mmも拡大する。日本サイズから国際規格への拡大を実施した影響だ。特に全幅は、50mmも拡大しパレット駐車場に非対応となるため、注意が必要だ。

小さな車を必要とする場合は、弟分エクリプスクロスを購入して欲しいというのが三菱の思惑だろう。サイズを拡大し、迫力のあるエクステリアを持つことができたから、許容すべきか。

YUSA
サイズ拡大による、迫力のあるデザインは凄いですよ!

MITSUBISHI MOTORS OUTLANDER PHEV 車両本体価格

三菱自動車新型アウトランダーPHEVの価格は、下記の通り。

新型アウトランダー2.4L PHEV乗車定員4WD
M5人4,621,100円
G5人4,904,900円
G7人4,996,200円
P7人5,320,700円

グレード間の価格差は、下記の通りとなる。

  • M→G5人乗り 283,800円の価格差
  • G5人乗り→G7人乗り 91,300円の価格差
  • G7人乗り→P7人乗り 324,500円の価格差

弟分のエクリプスクロスPHEVは、3,848,900円~4,477,000円の価格帯で、新型アウトランダーPHEVの方が約100万円高い。ただ、内装外装の質感、走行性能を考慮すると、アウトランダーPHEVがお勧めだ。

YUSA
どのグレードを買うか迷うところですね。
見積もりを含めて装備される内容をこの後で詳しく見ていきましょう。

新型アウトランダーはクリーンエネルギー補助金が50万円貰える!

下記は、新型アウトランダーを購入した場合に受けることができる補助金だ。

新型アウトランダー2.4L PHEV令和3年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(経済産業省)
M201,000円
G,P191,000円

しかし、上記の通り補助金の支給が予定されていたが、次の通り変更予定と経済産業省が発表した

新型アウトランダー2.4L PHEV 令和3年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(経済産業省)
M 500,000円
G,P 500,000円

2021年11月26日以降に登録された新車が対象となる。30万円も増額となり、朗報になってよかった

詳細については、別の記事でまとめている。

【EV・PHEVの補助金が倍に!80万円】クリーンエネルギー自動車に対しての補正予算案が閣議決定!

車両登録後に申請を行うと補助金が指定口座に振り込まれる魅力的な制度だが、下記の注意点は頭に入れておきたい。

注意

  • 政策方針や予算都合による変わる可能性がある
  • 4年未満で短期売却した場合は返金義務がある

三菱 アウトランダーPHEV 今後のスケジュール

事項日程
先行予約10月28日
発売12月16日
試乗車12月下旬ごろ

10下旬時点で、納期は2ヶ月程度だ。三菱の他の車では部品調達不足により納期が長期化しているため、納車時期には注意が必要だ。人気を集めて長期化する可能性も十分にある。

YUSA
車検期限から逆算して計画的に商談を進めてください!
それでは、次のページでグレード毎の装備、見積もりなどを確認していきましょう。

次のページへ >

筆者のYouTubeチャンネルへ
  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

2

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

3

皆さんは、車を買うとき、売るとき、相談できる人はいますか? そして、豊富な知識を持って、的確なアドバイスをくれる人はいますか? 車の売買において、検討するユーザーは実に「ひとりぼっち」です。 今回は、 ...

-アウトランダー, CARレビュー, 三菱
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.