https://yuki1enjoy.com

ライズ CARレビュー TOYOTA SUV

見積もり公開!トヨタライズ【歓喜の値下げ】2021年11月マイナーチェンジ版

トヨタ ライズ車両本体価格 2021

ライズのグレード価格帯は、下記の通り。

ライズ(ガソリン)2WD(1.2L新開発)4WD(1Lターボ)
X1,707,000円1,984,800円
G1,857,000円2,133,700円
Z2,039,000円2,299,200円
ライズ(HEV)2WD(1.2LHEV新開発)
G2,163,000円
Z2,328,000円

2WDが新開発のガソリンエンジンとHEVのパワートレイン2つを展開。4WDは、従来の1.0Lターボエンジン1つを展開する。HEV車はGS車より28,9万円高く、GS車は改良前から数万円安くなっています。

電動パーキングはガソリン車でZのみ、HEV車は全グレードで採用します。

ダイハツロッキーの価格や見積もりは、下記の記事をご確認ください。(改良点は大きく同様です)

ヤリスクロスと迷われている方は、見積もり解説記事ヤリスクロス再生リストをご覧ください。沢山の関連動画がございます。

トヨタライズ 見積もりと装備を解説!

では、改良後のライズ見積もり情報を確認していきましょう。

ライズはZがおすすめグレード!GとZの装備を見てみよう!

Z:初期型

高いグレードをお勧めするのは気が引けますが、ライズはZグレードがお勧めです。

上位グレードだと下記の内容を装備します。

Z
ガソリン 2,039,000円
ハイブリッド 2,328,000円
■LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDフロントシーケンシャルターンランプ
■LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプ
■LEDリヤフォグランプ(バンパー右側)
■本革巻きシフトノブ(オーナメント付)
■本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバー塗装付)
■フロントドア内張(ソフトパッド)
■センターコンソールBOX(ソフトパッド付)
■運転席・助手席シートヒーター
■195/60R17タイヤ&17×6Jアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装/5穴or4穴)
■アダブティブドライビングビーム
■全車速追従機能付き
■サイドビューランプ
■LKC(レーンキープコントロール)
■電動パーキングブレーキ(全車)
など

なぜなら、下のグレードGだと、16インチアルミホイールへ質感ダウン、フォグランプや流れるシーケンシャルウインカーなどが非採用になります。

G
ガソリン 1,857,000円
ハイブリッド 2,163,000円
■LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ
■フロントフォグランプレス+イルミネーションランプレス
■オートハイビーム
■アウトサイドドアハンドル(メッキ)
■リヤフォグランプレス
■バックドアガーニッシュ(艶あり黒塗装)
■ハイブリッドシンボルマーク(リヤ)
■LEDデジタルスピードメーター+7インチTFTカラー液晶ディスプレイ(マルチインフォメーションディスプレイ付)
■エコドライブインジーケーター(GSのみ)
■ハイブリッドシステムインジケーター(HEVのみ)
■シフトノブ(ウレタン素材)
■シフトレバーブーツ(ダブルステッチ)
■テクスチャー加工シフトベゼル(メッキオーナメント付)
■センターコンソールサイドポケット(レッド)
■サイドレジスターリング(レッド&シルバー塗装)
■サイドレジスターノブ(メッキ)
■ウレタン3本スポークステアリングホイール(シルバー塗装付)
■センターコンソールBOX
■ファブリックシート(レッドパイピング加飾前席のみ)
■195/65R16タイヤ&16×6Jアルミホイール(シルバー塗装/5穴or4穴)
■電動パーキングブレーキ(HEVのみ)
など
G:フォグランプは無塗装のカバーで覆われる

また、内装はZとGで同じファブリック(レッドパイピング:前席)を採用し大きな質感の低下はありませんが、

ZとG内装の質感は同じ。電動Pの装備有無によりセンター周辺が変化する。

Gは全車速対応クルーズコントロールを装備しません。改良で停止保持機能付きになりましたが、恩恵が受けれないということです。また、GS車は電動パーキングをGに装備しません。(HEV車Gは装備)

以上より、見た目がスタイリッシュで、電動Pの恩恵を全て持つZグレードの購入をお勧めします

YUSA
次のページで見積もりを解説しています!
装備についてもっと理解したい方は、下記の記事をご覧ください。

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ライズ, CARレビュー, TOYOTA SUV
-, ,