ヤリスクロス CARレビュー TOYOTA SUV

ヤリスクロスの荷室寸法は?フラットになる?容量はどのくらい?

トヨタから、2020年8月31日より発売された「ヤリスクロス」。

ヤリスシリーズならではの『軽快な走り』『先進の安全・安心技術』『低燃費』受け継ぎつつ、『街乗りのSUVとして必要なものは何か』『必要なものを必要なだけ』というコンセプトをもとに、都市型コンパクトSUVとして、男性だけではなく女性にも人気の車種である

。ここでは、そんな「ヤリスクロス」の人気の理由の一つでもある荷室について詳しくみていく。 

後席使用時の荷室サイズは?容量は?  

ヤリスクロスの荷室:デッキボード上段時
この状態から後席を倒すとフラットな空間が生まれる

「ヤリスクロス」はSUVらしい高さをいかし、ユーティリティ性に優れた広い荷室空間を作り出すことに成功した。

荷室においては、載せる荷物に応じてデッキボードの高さを2段階に調節でき、デッキボードは6:4に分割することができる。

この2つを同じ段にすれば床面はフラットに、段違いにすれば高さが異なるものでもスムーズに収納することができる。

荷室寸法を計測すると、荷室高は、デッキボード上段時732mm、下段時850mmであり、荷室幅は1,400mm、奥行きは820mm(5名乗車時)である。

デッキボード下段時の荷室容量はコンパクトSUVトップクラスの390L。

これは、スーツケース(110L)であれば2個、ゴルフバック(9.5インチ)であれば2個を収納できる広さである。  

下記の動画では、ヤリスクロスの魅力である荷室を紹介している。

ライバル車の荷室サイズは?

後席シートは三分割可能だ

国産で人気のコンパクトSUVと荷室サイズ・荷室容量を比較してみる。
#ホンダ「ヴェゼル」
荷室は、ダイブダウン機構によるフラットな荷室フロアを作り出し、荷室容量は非公開なものの、幅370mm、高さ550mm、奥行230mm(スーツケース4個分)ほどの荷室が確保されている。高さはマウンテンバイクを収納できるほどである。

#マツダ「CX-3」
荷室寸法は、荷室幅970mm、荷室長730mm、最大荷室容量は350Lである。他と比較すると、やや狭いと感じるかもしれないが、コンパクトSUVとしては標準的な広さといえる。後部座席を収納した場合は、背もたれ部分で段差のないフラットな荷室・ラゲッジスペースにすることが可能である。

#ダイハツ「ロッキー」トヨタ「ライズ」
室寸法は、荷室高740mm、荷室幅1,000mm、荷室長755mmで荷室容量は369Lである。高さにも奥行にも余裕があり、日常からアウトドアまで、さまざまな荷物に対応することができる。

#スズキ「クロスビー」
荷室寸法は、荷室高800mm、荷室幅1,350mm、荷室長525mmとなっている。リヤシートスライドやリクライニングは、ラゲッジ側からも操作することができ、スムーズに荷室のアレンジが可能である。

これらのことからもわかるように、「ヤリスクロス」はコンパクトSUVの中でもトップクラスの荷室容量であり、普段の買い物から旅行、アウトドアまで幅広いシーンで活躍することができる。  

後席を倒すとフラットになる?段差は?  

ヤリスクロス荷室 デッキボード下段時の状態
上段にするとフラットな荷室が生まれる

後部座席を収納したときの荷室は、2WD車でデッキボードを上段に設置すると、段差のないフラットな荷室・ラゲッジスペースにすることができる。

4WD車(E-Four)においては、デッキボードの高さを調整することはできなないものの(上段固定)、同様に後部座席を収納した時には、フラットな荷室空間が確保される。

また、フラットにできるグレードにおいても、後部座席を収納した時に、後部座席の盛り上がりで角度ができてしまう。

このため、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、フラットに近いものの少しスロープ状になってしまうため、フルフラットの状態にするのは難しい。

だが、通常の荷物を載せる分には十分フラットな状態になるため、「ヤリスクロス」のコンセプトである『街乗りSUVとして必要な荷室を確保」は、十分に装備されていると解釈できる。

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ヤリスクロス, CARレビュー, TOYOTA SUV
-, ,