https://yuki1enjoy.com

ハリアー CARレビュー TOYOTA SUV

ハリアーもやっとマイナーチェンジ【PHEVや画面変更など改良を実施へ】

今回は、多くの人気を集めるトヨタの高級SUVハリアーのマイナーチェンジ情報(一部改良)を紹介する(2022年リーク)。

新グレード設定、画面の大型化、カラー変更などに注目してほしい。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

ハリアーは2年を迎えようやく一部改良(マイナーチェンジ)へ

YUSA
それでは、最新情報を確認していきましょう!こちらの記事は、随時更新しますので、ブックマーク登録がお勧めです!

ハリアー 一部改良へ!PHEVや画面の変更など詳細が明らかに

高級セダンとしての確固たるポジションを確立しているハリアー。これは、2020年6月に発売を開始したモデルで、まもなく2年を迎える。RAV4など他の車種と比べると、納期長期化の影響もあり改良が遅れている印象で、初めての改良をまもなく実施する。

このため、2020年モデルは2022年初頭に受注を停止済みで(販売会社により前後)、秋頃にも改良後のモデルを発売開始予定だ。生産が不安定なため現時点において明言は難しいが、8月ごろ具体的な価格情報が出ると想定している。

主な改良点としては、

まず、中間グレードG“Leather Package”の廃止。本革シート、シートヒーター、ベンチレーションを標準装備するグレードだが、価格が高くなるため、受注が少なかった。価格を抑えるなら、Gを買うし、贅沢を楽しみたいならZ“Leather Package”を買いたいというユーザーの動きがあったためであろう。

次に、ナビ類の改良点。上位グレードZ、Z“Leather Package”に標準装備の「12.3インチT-Connect SD純正ナビ」を新型ノア・ヴォクシーで採用された「ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus」に変更する。これは、新型ノア・ヴォクシーの動画で解説しているが、解像度が高く、描画速度に優れた最新のナビゲーションシステムだ。画面のデザインに変更が入るのか、二画面固定の表示がどのように変化するのか?注目したい。車内Wi-Fi追加、HDMI追加設定、USB typeAからtypeCへ変更なども改良点として控える。

さらに、安全装備「トヨタセーフティセンス」のプリクラッシュセーフティに、交差点・右左折時対応機能を追加。横断する歩行者や自転車、対向車を検知対象とし、衝突回避、被害軽減を図る。

また、自車線内に存在する歩行者を検知し、回避の操舵支援を行う「緊急時操舵支援機能」を追加で採用。既に、ヤリスクロスなどで採用されているものだ。

TOYOTA:ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉
TOYOTA:プラチナホワイトパールマイカ〈089〉

ボディカラーの入れ替えにも注目。やや黄色みがかりクリーム色と表現されるホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉が廃止され、純白に近いパールホワイトと表現されるプラチナホワイトパールマイカ〈089〉に変更される。

出典:トヨタモビリティ東京

並べた画像だと、確かに、ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉のシエンタは、やや黄色みを持っていることが確認できる。

また、現行型で7インチのTFTマルチインフォメーションディスプレイを12.3インチへ大型化。車両情報、クルーズコントロールなどの動作表示が確認しやすくなることが期待される。

改良後:RAV4欧州仕様

ごちゃごちゃとしていた表示から、車両情報、クルーズコントロールなどの動作表示が確認しやすくなる。

トヨタ車メーターは、これまで本当にフォントの表示がダサかった。画像の通り、表示が綺麗に整い視認性が良くなる。

大型の12.3インチTFTディスプレイには4つのスタイルと3つのレイアウトとパーソナライゼーションオプションの選択肢を採用する。

そして、注目のPHEVだが、RAVPHEVなどと同じパワートレインを流用する見通し。

2022調査RAV4 PHEV
種類・シリンダー数直列4気筒+モーター
総排気量2.5L
使用燃料レギュラーガソリン
最高出力177PS,130kW/6000rpm
最大トルク219Nm,22.3kgfm/3600rpm
ハイブリッドモード燃費WLTC22.2km/L
BEV走行換算距離95km

o-100km加速6秒の快速をハリアーでも実現する見通しで、PHEV独自の滑らかでパワフルな加速をユーザーに提供するだろう。デザインは、ハイブリッド車と差別化のために、RAV4PHEVで採用されている艶ありブラック塗装、専用ホイール、専用フォグランプなどを採用する可能性が高い。タイヤフェンダーが樹脂であることは、現行型ハリアーオーナーから多く不満としてあげられている部分で、価格設定次第ではRAV4PHEV以上の人気を集め、早期受注ストップに至る可能性もあるだろう。今からの購入検討がお勧めだ。

改良ポイントをまとめると、下記の通り。購入検討中の方が多く見てくれているため、今後も最新情報をお届けしていく予定だ。YouTubeの方もチェンネル登録をお願いしたい。

YouTube再生リストから関連情報をチェック!

2022年!改良ポイント

  • G“Leather Package”の廃止
  • 「12.3インチT-Connect SD純正ナビ」を「ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus」へ変更
  • プリクラッシュセーフティ「交差点・右左折時対応・緊急時操舵支援機能」を追加
  • TFTマルチインフォメーションディスプレイ12.3インチへ大型化
  • ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉をプラチナホワイトパールマイカ〈089〉へ変更
  • PHEV追加
    など
YUSA
2020年モデルガソリン車の価格は、下記の通り。
SFF ¥2,990,000円4WD ¥3,190,000円
GFF ¥3,410,000円4WD ¥3,610,000円
G Leather PackageFF ¥3,710,000円4WD ¥3,910,000円
ZFF ¥3,930,000円4WD ¥4,130,000円
Z Leather PackageFF ¥4,230,000円4WD ¥4,430,000円
YUSA
ハイブリッド車の価格は、下記の通り。
SFF ¥3,580,000円4WD ¥3,800,000円
GFF ¥4,000,000円4WD ¥4,220,000円
G Leather PackageFF ¥4,300,000円4WD ¥4,520,000円
ZFF ¥4,520,000円4WD ¥4,740,000円
Z Leather PackageFF ¥4,820,000円4WD ¥5,040,000円
YUSA
いずれも、装備充実化を理由に少し値上がりするでしょう。関連情報やYouTube動画がありますので、併せてどうぞ!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ハリアー, CARレビュー, TOYOTA SUV
-, ,