https://yuki1enjoy.com

ノート ノートオーラ CARレビュー 日産

ノート(オーラ)の荷室寸法は?フラットになる?容量はどのくらい?

日産のノート(オーラ)はe-POWERやプロパイロットなどの先進技術や、スタイリッシュなデザインで大人気のコンパクトハッチだ。

しかし、走行性能や低燃費については良く知られているが、ノートの荷室についてはあまり知られていない。

そこで今回はノートの荷室寸法と容量はどのくらいなのか?

そしてシートはフラットになるのかについて紹介する。

ノートe-POWER 後席使用時の荷室寸法(サイズ)は?

出典:NISSAN

ノートe-POWERは、先代モデルよりコンパクトなサイズながら、驚くくらいの広い荷室サイズを持つ。

ノートe-POWERの荷室サイズ(寸法)は、奥行き630mm×幅1025mm×高さ840mmとなっている。

ノートe-POWERは先代の2代目ノートと比べると、全幅はかわらないが実は全長ではむしろ短くなっている。

しかし、ホイールハウスの張り出しが少なくなったことなどで先代モデルよりも大きく使いやすい荷室が実現されている。

さらに、広い開口部や荷室幅を確保したことで、ストレスなく荷物を収納することが可能だ。

先代のノートはこのクラスのハッチバックと比較しても荷室の広さには定評があったので、新型ノートe-POWERも必要十分な広さが確保されているといっていいだろう。

ノートe-POWER ライバル車たちの荷室サイズは?

出典;HONDA

ノートe-POWERは、実用十分な荷室空間を持つが、ライバルと比べるとどのような違いがあるだろうか。

ノートe-POWERのライバルとしては、ホンダ フィットとトヨタ アクアがあげられる。

いずれもハイブリッドのコンパクトカーとして比較される機会が多いライバルである。

そこで、こちらで比較をしていただきノートe-POWERの荷室特徴を理解していただければと思う。

①ホンダ フィットの荷室サイズ(寸法)は、「奥行き650mm×幅1000mm×高さ840mm」となっている

②トヨタ アクアの荷室サイズ(寸法)は、「奥行き656mm×幅1153mm×高さ824mm」とmなっている。

ノートe-POWERの荷室の広さは、同クラスのライバルと比べると荷室長や荷室幅、そして高さをを見てみるとけっして飛びぬけて広いわけではない。むしろ幅以外は低い方である。

それでも、先に述べたようにタイヤホイールのでっぱりを抑えるなど実質的な広さを創出しているので、必用十分な広さを保っている。

また、荷室の広さ以外でも使い勝手も重要な要素になる。

ノートe-POWERの荷室開口部の形状を見ると一番下の部分が広い台形状になっており、もっとも荷室寸法の大きいアクアが下の部分がせばまっているのと大きな違いがある。

これは荷物の出し入れにおいてノートe-POWERの方が楽であるともいえる。

ノートe-POWERの荷室をライバル車たちと比較した結果、サイズ的にはやや劣るところもあるが、実際の使い勝手においてはなんら不満がないことが確認できた。

理解を深めよう!

ノート(オーラ)e-POWER 後席を倒すとフラットになる?段差は?

出典:NISSAN

ノートe-POWERは後席を倒すとラゲッジスペースとつながり、荷物をより多く積み込むことが出来る

しかし、後席とラゲッジスペースの間にな段差ができてしまう。

段差は後席の背もたれの厚さ程度であり、長尺物の積載などには支障が出る可能性ありだ。

ディーラーオプションにて設定されるラゲッジボードを購入することで、段差をフラット化することはできる。

ノートe-POWER 後席を収納すると?どのくらい広くなる?

出典:NISSAN

ノートe-POWERの後席を収納した時の荷室サイズは、「奥行き1485mm×幅1025~1250mm×高さ850mm」となっている。

後部座席を使用した時の通常時の新型ノートe-POWERの荷室の奥行きは、ホンダのフィットやトヨタのアクアなどのライバルよりも狭めだったが、後席を収納した時の荷室の奥行きは、ホンダの新型フィットと同条件でおおよそ並ぶ寸法になっている。

ノートe-POWERは室内スペースに重点をおいていることで、後部座席を使用した時の荷室はライバルよりも狭目となるが、後部座席を収納すると広い室内を有効利用して多くの荷物を積めることがわかった。

ノートe-POWER 車中泊はできる?できない?

ノートe-POWERでの車中泊は可能か不可能かという事でいえば、答えは可能である。

ただし、ミニバンのようにフルフラットにしてという方法はできない。

それは奥行きが足りないことと、段差があることが理由だ。

段差はマットなどで解消できるので、前席を出来るだけ前にスライドさせればなんとか足を延ばせるが快適とはいいがたい。

ノートe-POWERはミニバンと異なり、車中泊には適している車種とはいえないが、後席とラゲッジスペースを旨く利用したり車中泊アイテムを使いことによって車中泊スペースを造り出すことはできる。

まとめ

コンパクトサイズのノートe-POWERだが、その使用目的には十分な荷室を備えており、工夫次第で車中泊にも対応できることがわかった。

YUSA
最後まで、ご覧いただきありがとうございます!
車のコストを節約されたい方は、関連記事もご覧ください。

車のコストを節約しよう!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ノート, ノートオーラ, CARレビュー, 日産
-, ,