https://yuki1enjoy.com

CARレビュー RAV4 TOYOTA SUV

トヨタRAV4マイナーチェンジ【価格と装備が大変更!見積もり公開!内装外装の変更に注目】ハイブリッドがおすすめ!アドベンチャー新設定!

トヨタ自動車は、2021年12月1日に新型「RAV4」のマイナーチェンジ(一部改良)を発表し同日の発売を予定している。

判明した装備の変更、値上がりする価格、内装外装のデザイン変更、オプション、そして購入時の見積もりを徹底的に紹介していく。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSA。ブロガーではなく、車のレビューをしている車You Tuber。実際に車に触れて紹介する点を重視しています。

RAV4マイナーチェンジでどこが変更される?

ハイブリッドはヘッドランプデザインを変更する

改良前:ハイブリッド:出典TOYOTA

RAV4ハイブリッドは、改良でヘッドライトデザインを変更。改良前はコの字型を表現するデザインだった(LEDクリアランスランプ+LEDデイタイムランニングランプ付+ハロゲンフォグランプ)。

米国仕様だが先行で明確になった

デザイン変更する改良後のHEVモデルは、デイライト、クリアランスランプのアイライン表現を強調。目力を強くすることでRAV4のタフさをより強調する。ライトの点灯方式はまだ明確でないが、上部の一線がクリアランスランプ(車幅等)、これを囲う部分がデイライト兼クリアランスランプ、下部に一灯のBi-beam LEDヘッドランプ、LEDウインカー、LEDフォグランプを装備するだろう。

改良前ガソリン:アドベンチャー

ガソリン車は改良前のシンプルなデザインから変更しないため、ハイブリッドとガソリンは大きく差別化される。

YUSA
マイナーチェンジの詳しい解説が続きます。
価格情報は、ページ下端までお進みください。

アドベンチャーにハイブリッドを新設定

改良後:HYBRID Adventure

アクティブかつタフさを強調するエクステリアが特徴のグレード「アドベンチャー」ですが、改良前は2Lガソリン仕様のみで販売。ダイナミックトルクベクタリングAWD(4WD)が組み合わされるものだ。

静粛性を求めるユーザーの声に応える形で、今回の改良でハイブリッドのパワートレインを新設定しガソリンと併売する。「アドベンチャー」は人気を集めるグレードで、トヨタさんのカーボンニュートラル電動化戦略を後押しすることも期待される。

YUSA
静粛性を求めるユーザーにとっては、選択肢が広がるので嬉しい改良ですね!

ボディカラーは新色「グレイッシュブルー」を設定!廃止カラーは?

RAV4は改良で、アドベンチャー専用色のアッシュグレーメタリック〈1K6〉×シアンメタリック〈8W9〉[2QV]を廃止する。非常に明るい青水色で派手なカラーであった。

これに代わり、アッシュグレー〈1K6〉×グレイッシュブルー〈8W2〉をアドベンチャー専用色で新設定する。既にヤリスクロスやシエンタで採用されているカラーで、上品な水色のカラーだ。

グレイッシュブルー〈8W2〉

ガソリンとハイブリッド共にホイール変更

改良前ガソリン:アドベンチャー

また、今回の改良でホイールデザインが各グレードで変更される。

詳細が判明しているのがアドベンチャーで、改良前のシルバー塗装&ブラック塗装の切削光輝デザインから、

改良後:マットグレー塗装

改良後は「マットグレー塗装へ変更」される。

YUSA
個性的なエクステリアを強める変更で最高にカッコイイです!

ただ、汚れが目立つのは覚悟した方がいいでしょう!

注意

改良後のアドベンチャーは、ホイール汚れが目立つ!

改良後:HYBRID Adventure

リヤの外装変更は、無し。残念ながらリアウインカーは、バルブタイプのままだ。

このため今回の改良は、大規模マイナーチェンジとは表現できない。

YUSA
数年後にさらなる変更の可能性は十分あります!
今後の販売台数から判断されると思われますが、、。

装備を充実させ利便性、快適性を向上する

欧州仕様

さらに、RAV4改良モデルは、利便性、快適性を向上するため下記の変更を行う。

メモ

  • 助手席8wayパワーシートを追加装備
  • ルームランプをLED化
  • グローブボックスにロッキング機能追加(施錠対応)
  • USBをtype-Cへ変更
  • フロント中央ドリンクホルダーに爪を増設
  • ベンチレーションを標準化
  • おくだけ充電を廃止

オプション設定のおくだけ充電廃止は、不評の声を受けての変更。正常に充電されていない、充電速度が遅い等の不満が寄せられていた。

尚、欧州仕様に装備されるJBLサウンドは、改良後も採用されない。現在も販売が好調なため先送りされたのだろうが、非常に残念だ。

RAV4マイナーチェンジ2021の変更点はコレ!

記述の通り、下記の10点を紹介してきた。

YUSA
おさらいにご覧ください。

RAV42021年の主な改良点

  1. HEVのLEDヘッドランプ意匠変更
  2. HEVにアドバンチャー新設定
  3. ホイールデザイン変更
  4. 既存カラー廃止と新カラー新設定
  5. 助手席8wayパワーシートを追加装備
  6. ルームランプをLED化
  7. グローブボックスにロッキング機能追加(施錠対応)
  8. USBをtype-Cへ変更
  9. フロント中央ドリンクホルダーに爪を増設
  10. ベンチレーション標準化
  11. おくだけ充電廃止
YUSA
Twitterでは、最新情報をお知らせしています。後から、2点の情報を追加しました!

トヨタ新型RAV4について

HYBRID Adventure

新型RAV4の開発コンセプトは「Robust Accurate Vehicle With 4 Wheel Drive(SUVらしい力強さと使用性へのきめ細かな配慮を兼ね備えた4WD)」。デザインはSUVらしい力強さと洗練さを融合し、クラストップレベルのラゲージスペースを持つ。最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備し、「安全・安心」「快適・便利」を提供するコネクティッドサービスも利用できる。

世界初となる新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、走行状況に応じて、前後トルク配分に加え、後輪トルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」により、ドライバーの狙い通りのラインを安定した車両姿勢で駆け抜ける高い旋回性能を発揮。また、4WD走行が不要と判断した時には、後輪に動力を伝達させる駆動系を切り離す「ディスコネクト機構」の採用により、燃費向上を図る。

さらに、ハリアーと共にTNGAGA-Kを採用し、剛性感、安定感のある走行を売りとする。

YUSA
比較動画で試乗の感想をまとめています!オフロードSUVながら、走行フィールは優れていましたね。

パワートレインについて

RAV4のガソリン、ハイブリッドのパワートレインは下記の通りで、改良前と同じパワートレインを採用する。尚、PHEVも設定がある。

2021.10調査RAV4 ハイブリッドRAV4 ガソリン
種類・シリンダー数直列4気筒直列4気筒
総排気量2.5L2.0L
使用燃料レギュラーガソリンレギュラーガソリン
最高出力178PS,131kW/5700rpm171PS,126kW/6600rpm
最大トルク221Nm,22.5kgfm/3600~5200rpm207Nm,21.1kgfm/4800rpm
燃費WLTC20.6km/L15.2km/L

HEVが2.5L直列4気筒直噴ガソリンエンジンと電気モーターとを組み合わせた第4世代のトヨタハイブリッドシステムを採用。優れた燃費性能を発揮するもので、トヨタさんも強力に販売を推進するモデルだ。

GSが2.0L直列4気筒ダイナミックスフォースエンジンを採用。排気、冷却、機械作動時のエネルギーロスを低減し、熱効率は最大40パーセントを確保する。

YUSA
ヘッドランプの差別化を踏まえると、お勧めしたいのはハイブリッド車です。運転時は、滑らかで静か、街乗りでリッター20kmの燃費を稼ぐことができます!

車両サイズ

RAV4の車両サイズは、下記の通り。

2021.10調査RAV
全長×全幅×全高4600×1855×1685mm
Adventure4610×1865×1690mm
G“Z package”4600×1855×1690mm
室内長×室内幅×室内高1890×1515×1230mm
ホイールベース2690mm
最低地上高195mm
Adventure200mm
最小回転半径5.5m
Adventure5.7m
Z package5.7m
車両重量 1500~1690kg

グレードにより若干数値は、異なる。やはり、マンションの立体駐車場に対応しないのは残念だ。

YUSA
小さい車も検討したい方は、カローラクロスもオススメです!比較した記事がございます!

TOYOTA RAV4 車両本体価格

2021年12月発売予定のRAV4は、下記の価格で販売される。他グレードは確認出来次第、アップデート致します。

2.0L 直列4気筒NA2WD4WD
特別仕様車 Adventure “OFFROAD package”設定なし3,637,000円
2.5L 直列4気筒HEV2WD4WD
HYBRID Adventure設定なし4,106,000円

2台の価格差は、469,000円だ。

改良前のモデルから価格は約3万円〜約17万円値上がりする。前述した内容を考慮すると致し方ないが、やっぱり痛い。

今回の解説対象としていないが、PHEVの価格は下記の通り。念のため記載しておく。

2.5L 直列4気筒PHEV4WD
PHEV G4,690,000円
PHEV Z4,990,000円
PHEV BLACK TONE5,390,000円

トヨタRAV4 マイナーチェンジ2021今後のスケジュール

事項日程
先行予約10月中旬
発表12月1日
発売12月1日
試乗車12月中旬ごろ

部品調達不足により納期が長期化しているため、納車時期には注意が必要だ。

YUSA
車検期限から逆算して計画的に商談を進めてください!

買取サービスを適切に利用して、車の購入資金をたくさん用意しましょう。節約には、愛車を高く売ることが大切です。

\ 買取サービスの適切な利用を /

利用ランキングを見る

車を買うお金は作れる!

YUSA
では、P2で見積もりや装備を確認しましょう!

次のページへ >

筆者のYouTubeチャンネルへ
  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

2

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

3

皆さんは、車を買うとき、売るとき、相談できる人はいますか? そして、豊富な知識を持って、的確なアドバイスをくれる人はいますか? 車の売買において、検討するユーザーは実に「ひとりぼっち」です。 今回は、 ...

-CARレビュー, RAV4, TOYOTA SUV
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.