https://yuki1enjoy.com

ノア・ヴォクシー CARレビュー TOYOTA ミニバン

トヨタノア【安く満足する見積もりを公開!おすすめグレードは何?】残クレは避けて!

今回は、1月13日に発売されたトヨタ新型ノア(90系)を安く購入して満足できる見積もりを公開する。

この他、記事の見どころとして、グレード装備の違い、お勧めオプション、残価設定クレジット(残クレ)の注意点などを用意している。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

まず、トヨタ新型ノアの車両本体価格をさらりと確認しよう

YUSA
多くのグレードが設定されます。興味のあるグレードだけ、ご確認ください。

メモ

S-G,S-Zは、エアロボディを保有。スポーティーで迫力のある外装が特徴だが、7人乗りだけ設定される。

(ノア90系) ガソリン2WD4WD
X(7人乗り/8人乗り)2,670,000円2,868,000円
G(7人乗り/8人乗り)2,970,000円3,168,000円
S-G(7人乗り/8人乗り)3,040,000円3,238,000円
Z(7人乗り)3,240,000円3,438,000円
S-Z(7人乗り)3,320,000円3,518,000円

・X→G 30万円
・G→S-G 7万円
・G→Z 27万円
・Z→S-Z 8万円
・2WD→4WD 19,8万円

(ノア90系) ハイブリッド(HEV)2WD(7人乗り/8人乗り)4WD(E-Four)(7人乗り)
X3,050,000円3,270,000円
G3,320,000円3,540,000円
S-G3,390,000円3,610,000円
Z(7人乗り)3,590,000円3,810,000円
S-Z(7人乗り)3,670,000円3,890,000円
  • X→G 27万円
  • G→S-G 7万円
  • G→Z 27万円
  • Z→S-Z 8万円
  • 2WD→4WD 22,2万円

HEVの4WDは、7人乗り専売となる。HEV車の価格は、ガソリン車より約35〜38万円高い。先代から10万円〜20万円ほどの値上がりだ。この他、オプションの設定などで見積もり総額が高くなる傾向にあるため、この後の「安く満足できる見積もり」に注目してほしい。

新型ノアはハイブリッドとガソリン どちらを買うべきなのか?

(ノア90系) 維持費(2WD)ガソリン2.0Lハイブリッド1.8L
グレードS-G,Z,S-ZS-G,Z,S-Z
燃料代371,988円242,604円
点検費用110,000円110,000円
車検費用70,510円70,510円
自動車保険100,000円100,000円
合計652,498円523,114円

車両本体価格は、ガソリン車とハイブリッド車で約35万円の価格差がある。しかし、ハイブリッドに適用される免税措置を考慮すると、実質負担の価格差は約26万円と意外と小さくなる。

そして、上記の表をご覧いただきたいが、ハイブリッドの方が3年間の維持費が129,384円安くなっている。6年所有すれば、価格差約26万円の元が取れるという訳だ。

さらに、ハイブリッドは、静粛性の高い走りを持つ。さらに、トヨタ自動車は、ハイブリッドを優遇する装備設定を次の通り導入する。

ハイブリッドが優遇される装備はこれです!

(ノア90系) ハイブリッドが優遇されている装備ガソリン2.0Lハイブリッド1.8L
UVカット機能付きウインドシールドグリーンガラス(合わせガラス「HEVのみ高遮音性ガラス」)非採用全車標準装備
走行モード1モード
(ガソリン:エコ)
2モード
(ハイブリッド:エコ・パワー・EV)
独立型センターコンソールボックス(アッパートレイ・リヤボックス付・充電用USB2個TypeC)Z,S-Zで標準装備G,S-Gから標準装備
インパネ一体型センターコンソールボックス(アッパートレイ・カップホルダー2個・リヤボックス付き・充電用USB2個TypeC・アクセサリーコンセントAC100V))非採用Z,S-Zで標準装備
YUSA
以上より、ハイブリッドを買うべきですね。

新型ノア グレード装備や違いを確認しよう!

YUSA
グレードの違いを簡単に確認しましょう!結論を先に言うと、中間グレード(G,S-G)、上位グレード(S,S-Z)を買うべきです。見積もり情報は、2ページ目に記載しております。

ベースグレードX 装備は悪くないけども!?

X

最も価格の安いベースグレードXは、下記の通り多くの装備を標準で採用する。

ノア X
ガソリン 2,670,000円(2WD)2,868,000円(4WD)
ハイブリッド 3,050,000円(2WD)3,270,000円(4WD)
■ファブリックシート■7人乗り:折りたたみ式サイドテーブル(カップホルダー2個)■205/60R16タイヤ&16×6Jスチールホイール(樹脂フルキャップ)■ノーマルボディ専用「フロントバンパー/フードモールディング(ブラック塗装)/フロントグリル(カラード+メッキモール)」■ノーマルボディ専用リヤ「リヤバンパー/サイドマッドガード」■リフレクター式LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング)+LEDクリアランスランプ+ターンランプ■リヤコンビネーションランプ(LEDストップランプ+LEDテールランプ+LEDターンランプ+LEDバックアップランプ)■オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDサイドターンランプ+補助ミラー)■UVカット機能付きウインドシールドグリーンガラス(合わせガラス「HEVのみ高遮音性ガラス」)■ドアベルトモールディング■モードスイッチ(ハイブリッド:エコ・パワー・EV)(ガソリン:エコ)■ハイブリッド専用オプティトロンメーター/ガソリン用オプティトロンメーター■4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ■シフトレバー&ノブ■10速シーケンシャルシフトマチック(ガソリン車)■ストレート式シフトレバー(ハイブリッド)■フロアトレイ■助手席シートバックテーブルホルダー(カップホルダー2個+エコバックフック2個)(8人乗りのみ)■ウレタン3本スポークステアリングホイール■デイスプレイオーディオ7インチ+4スピーカー■フロントオートエアコン+リヤクーラー■LEDルームランプ■イルミネーテッドエントリシステム■SRSエアバッグ(運転席・助手席)+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)+SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート)■Toyota Safety Sense など
YUSA
下記で、グレードの特徴を具体的にご説明しましょう!

Xは、内装外装の質感が非常に寂しい

Xのファブリックシート

ベースグレードXは、ファブリックシートの質感が低かったり、

205/60R16タイヤ&16×6Jスチールホイール(樹脂フルキャップ)

光沢感やデザイン性に乏しいスチールホイールを採用していたり、

■ウレタン3本スポークステアリングホイール■デイスプレイオーディオ7インチ+4スピーカー

ハンドルがウレタン素材で、内装にシルバー加飾がなく、パワースライドドアがなく、ディスプレイオーディオは7インチとなる。物足りないと感じるユーザーが大半だろう。

YUSA
以上より、中間グレード、上位グレードを買うべきなのです!

G,S-G 見た目を向上する内容が追加で採用される

G

中間グレードG,S-Gは、下記の内容を追加で標準装備する。

ノア G
ガソリン 2,970,000円(2WD)3,168,000円(4WD)
ハイブリッド 3,320,000円(2WD)3,540,000円(4WD)
🔻Xの内容に加えて🔻
■上級ファブリックシート(ブラックorフロマージュ)■205/60R16タイヤ&16×6Jアルミホイール(シルバーメタリック塗装)■シフトレバー&ノブ(シルバー加飾付)■ワンタッチスイッチ付助手席側パワースライドドア■独立型センターコンソールボックス(アッパートレイ・リヤボックス付)(HEV車)■本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバー加飾付)■インパネオーナメント(助手席:合成皮革巻き)■インパネセンタークラスター(シルバー塗装モール付)■フロントドアアームレスト(ソフトレザー)■デイスプレイオーディオ8インチ+4スピーカー など
ノア S-G
ガソリン 3,040,000円(2WD)3,238,000円(4WD)
ハイブリッド 3,390,000円(2WD)3,610,000円(4WD)
🔻Gの内容に加えて🔻
■エアロ専用205/60R16タイヤ&16×6Jアルミホイール(シルバーメタリック塗装)■エアロボディ専用フロント「バンパー/フードモールディング(ブラック塗装)/エアロ専用フロントグリル(スモークメッキ+メッキ)/LEDフロントフォグランプ」■エアロボディ専用リヤ「バンパー/エアロ専用サイドマッドガード」 など
YUSA
下記で、グレードの特徴をご説明します!Xとの違いに注目してください。

中間グレードG,S-Gは、上質感を大きく向上する

上級ファブリックシート(ブラックorフロマージュ)

中間グレードは、上級ファブリックシート(ブラックorフロマージュ)を設定し、Xのシートから見た目を向上。特に、Gのみ設定されるフロマージュの明るい内装色は、魅力的だ(※S-Gはブラックのみ設定)。

■本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバー加飾付)■インパネセンタークラスター(シルバー塗装モール付)■インパネオーナメント(助手席:合成皮革巻き)■デイスプレイオーディオ8インチ+4スピーカー

また、Xにおいてウレタン素材ハンドル、シルバー加飾を非採用としていたが、中間グレードは、本革巻きハンドル、内装にシルバー加飾、インパネ部ソフトレザー、ディスプレイオーディオ8インチなどを追加で標準装備。Xから、内装の上質感向上が確認できる。

■205/60R16タイヤ&16×6Jアルミホイール(シルバーメタリック塗装)

また、Xはスチールホイールを採用していたが、中間グレードは16インチアルミホイールを標準装備。ホイールの見た目を向上する。

ワンタッチスイッチ付助手席側パワースライドドア

さらに、Xで非採用のパワースライドドアを中間グレードは、標準装備する(助手席側のみ)。

車両本体価格は、Xから27万円〜30万円高くなるが、これらの内容は満足度に直結する内容で、ベースグレードより中間グレードを買うべきだ。

GとS-Gの違いとは?ノーマルとエアロボディの違いは?

S-G

エアロボディーS-Gは、ノーマルGより価格が7万円高く、下記の内容を追加で標準装備する。

ノア S-G
ガソリン 3,040,000円(2WD)3,238,000円(4WD)
ハイブリッド 3,390,000円(2WD)3,610,000円(4WD)
🔻Gの内容に加えて🔻
■エアロ専用205/60R16タイヤ&16×6Jアルミホイール(シルバーメタリック塗装)■エアロボディ専用フロント「バンパー/フードモールディング(ブラック塗装)/エアロ専用フロントグリル(スモークメッキ+メッキ)/LEDフロントフォグランプ」■エアロボディ専用リヤ「バンパー/エアロ専用サイドマッドガード」 など

YUSAなら、GよりS-Gを購入する。車は、通常グレード(G)より、スポーティグレード(S-G)の方が需要があり、売却時の再販価値が高いためだ。このようなリセールバリューを意識することで、損失金額を減らすことができる。

Z,S-Z 見た目を向上する内容が追加で採用される

Z

上位グレードZ,S-Zは、下記の内容を追加で標準装備する。

ノア Z
ガソリン 3,240,000円(2WD)3,438,000円(4WD)
ハイブリッド 3,590,000円(2WD)3,810,000円(4WD)
🔻Gの内容に加えて🔻
■合成皮革+ファブリック(ブラックorダークブラン)■折りたたみ式大型サイドテーブル(カップホルダー4個・ポケット・充電用USB2個TypeC・エコバックフック2個)■ノーマルボディ専用「フードモールディング(メッキ)/LEDフロントフォグランプ」■スーパーUVカット機能付フロントドアグリーンガラス(撥水機能付)■ドアベルトモールディング(ステンレス)■7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ■デイスプレイオーディオ8インチ+6スピーカー■バックガイドモニター■ワンタッチスイッチ付デュアル(両側)パワースライドドア■インパネ一体型センターコンソールボックス(アッパートレイ・カップホルダー2個・リヤボックス付き)(HEV車)■快適温熱シートヒーター(運転席・助手席)■左右独立温度コントロールフロントオートエアコン+リヤオートエアコン(リヤクーラー+リヤヒーター)■バックドアイージークローザー■インパネオーナメント(運転席&助手席:合成皮革巻き+ステッチ)■フロントドアアームレスト(ソフトレザー+ステッチ)■インサイドドアハンドル(シルバー塗装)■ドアトリム(ソフトレザー)■パワーウィンドウスイッチ(メッキ加飾付き)■LEDテールランプ(バックドア側の点灯箇所を追加) など
ノア S-Z
ガソリン 3,320,000円(2WD)3,518,000円(4WD)
ハイブリッド 3,670,000円(2WD)3,890,000円(4WD)
🔻Zの内容に加えて🔻
■205/55R17タイヤ&17×6Jアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)(2WD) など
YUSA
下記で、グレードの特徴をご説明します!中間グレードとの違いに注目してください。

上位グレードZ,S-Zは、上質感を大きく向上する

■合成皮革+ファブリック(ブラックorダークブラン)■快適温熱シートヒーター(運転席・助手席)■左右独立温度コントロールフロントオートエアコン+リヤオートエアコン(リヤクーラー+リヤヒーター)

中間グレードは、上級ファブリックシート(ブラックorフロマージュ)を装備していたが、上位グレードはさらなる質感向上のため、合成皮革+ファブリック(ブラックorダークブラン)を標準装備(※S-Zはブラックのみ設定)。運転席助手席の座面を温めるシートヒーター、前席独立エアコン、後席リヤヒーター機能も追加で採用する。

■インパネオーナメント(運転席&助手席:合成皮革巻き+ステッチ)■インサイドドアハンドル(シルバー塗装)■6スピーカー■ドアトリム(ソフトレザー)

また、上位グレードは、合成皮革巻きにステッチを追加で採用。さらに、インサイドドアハンドルをブラックからシルバー塗装へ、4スピーカーから6スピーカーへ、ドアトリムにソフトレザーなどを中間グレードから追加で標準装備とする。

■ドアベルトモールディング(ステンレス)■ノーマルボディ専用「フードモールディング(メッキ)/LEDフロントフォグランプ」

外装においては、中間グレードまでブラック塗装であったフードモールディング(TOYOTAエンブレム配置パネル)をZはメッキ塗装に変更。窓枠に、メッキ加飾も採用し、中間グレードから上質感を向上する。

ワンタッチスイッチ付デュアル(両側)パワースライドドア

さらに、中間グレードはパワースライドドアを助手席側のみに標準装備するが、上位グレードは運転席側に追加で採用し、両側にパワースライドドア標準装備となる。装備については、下記の記事で詳しく解説している。

車両本体価格は、中間グレード(G,S-G)から27万円高くなる。追加で採用される内容や価格を考慮すると、実は前述のX→中間グレード(G,S-G)の変化よりコストパフォーマンスは良くなっている。このことから、最もお勧めしたいグレードは上位グレード(Z,S-Z)だ。細かいことを考えたくないなら、上位グレードのハイブリッド車を買うべきだ。

ZとS-Zの違いとは?ノーマルとエアロボディの違いは?

S-Z(OP設定のフルLEDヘッドランプ)

エアロボディーS-Zは、ノーマルZより価格が8万円高く、下記の内容を追加で標準装備する。

ノア S-Z
ガソリン 3,320,000円(2WD)3,518,000円(4WD)
ハイブリッド 3,670,000円(2WD)3,890,000円(4WD)
🔻Zの内容に加えて🔻
■エアロボディ専用フロント「バンパー/フードモールディング(ブラック塗装)/エアロ専用フロントグリル(スモークメッキ+メッキ)/LEDフロントフォグランプ」■エアロボディ専用リヤ「バンパー/エアロ専用サイドマッドガード」■205/55R17タイヤ&17×6Jアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)(2WD) など

YUSAなら、ZよりS-Zを購入する。車は、通常グレード(Z)より、スポーティグレード(S-Z)の方が需要があり、売却時の再販価値が高いためだ。このようなリセールバリューを意識することで、損失金額を減らすことができる。

お時間のある方は、関連動画もぜひご覧いただきたい。

YUSA
それでは、次ページでお勧めオプションと見積もりを確認しましょう!

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ノア・ヴォクシー, CARレビュー, TOYOTA ミニバン
-, ,