ハリアー CARレビュー TOYOTA SUV

ハリアー見積もり公開!改良で価格は高くPHEVを新設定

トヨタ自動車は、2022月10月にハリアーPHEV、ガソリン・ハイブリッドの一部改良を(80系)を発売する。

見積書を先行で頂戴したので、改良内容と標準装備やオプションについて紹介する。

早くも受注停止の噂が出てきている。大人気の車両だけに早く検討して内容を把握し、商談を行いたい。

新型ハリアー どのパワートレインを買うべきか?PHEVも発売へ

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

高い残価率を狙うなら、海外での輸出需要が見込めるガソリン2WDが買いである。ガソリンエンジンの振動は停止中を中心にやや気になるが、ハイブリッドより59万円も価格が安い。

加速、質感の高い走りならHV。HVバッテリーの重さでサスペンションが絶妙に動き、乗り心地も良い。

もちろん、燃費も向上するが、GSとの価格差は59万円もありますから、燃費で元を取るのは難しい。

それでも、HVの世界観に魅了されたなら、静粛性や滑らかな走行性能を求めて59万円高い方を購入するという選択もありだ。

GSとHVで、装備の差はほとんどありませんから、この点はご注意いただきたい。

迷われているなら、下記の比較動画はお役に立てるだろう!

さらに、2022年9月にはハリアーPHEVの発表を実施する。650万円を超える見積もり総額で、生産台数が極端に少ない超希少モデルとなる。購入できる予算、購入できる運、これが必要なのがPHEVで、基本的にはハイブリッド、ガソリンから検討をすべきだ。

ハリアー 車両本体価格一覧

2022年10月一部改良版モデルの価格を記載。(2023年モデル)

ハリアー ガソリン車両価格

SFF ¥3,128,000円4WD ¥3,328,000円
GFF ¥3,529,000円4WD ¥3,729,000円
ZFF ¥4,038,000円4WD ¥4,238,000円
Z Leather PackageFF ¥4,338,000円4WD ¥4,538,000円

いずれのグレードも4WDが ¥200,000円 高くなる。

ハリアー ハイブリッド車両価格

SFF ¥3,718,000円4WD ¥3,938,000円
GFF ¥4,119,000円4WD ¥4,339,000円
ZFF ¥4,628,000円4WD ¥4,848,000円
Z Leather PackageFF ¥4,928,000円4WD ¥5,148,000円

いずれのグレードも4WDが ¥220,000円 高くなる。

ハリアー プラグインハイブリッドPHEV車両価格

Z4WD ¥6,200,000円

ハリアーハイブリッドより車両本体価格が、100万円も高い。補助金は、55万円の支給対象となる見込み。

EV・PHEV補助金の最新情報まとめ

2022年10月モデルの一部改良内容とは?

ハリアーはフルデジタル表示になる

一部改良の内容

  • G“Leather Package”の廃止
  • 「12.3インチT-Connect SD純正ナビ」を「ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus」へ変更
  • 車内Wi-Fi
  • センターディスプレイ意匠変更
  • エアコンパネルのスイッチレイアウト変更
  • プリクラッシュセーフティ「交差点・右左折時対応・緊急時操舵支援機能」を追加
  • TFTマルチインフォメーションディスプレイ12.3インチへ大型化フルデジタル表示
  • ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉をプラチナホワイトパールマイカ〈089〉へ変更
  • パノラミックビューモニターに床下透過表示機能を追加
  • 装備充実化による値上がり
  • PHEVの新設定
    など

新型ハリアー Gで標準装備される装備

2022年10月の改良でディスプレイデザインが変更されすっきりとした
Gグレード標準装備↓
フロントバンパー&リアバンパー メッキ加飾
アウタードアハンドル メッキ加飾
パワーバックドア(ラゲッジ ボタンプッシュ式)
LEDデイライト
LEDフロントフォグランプ
雨滴検知自動式ワイパー
プロジェクターLEDヘッドライト(オートレベリング機構付き)
デジタルインナーミラー(前後方常時録画機能付き)
艶有りブラック塗装&サテンメッキ 本革巻きステアリング
アダプティブハイビームシステム
運転席8WAY式パワーシート(助手席マニュアル)
225/60R18タイヤ&アルミホイール
フロントドアグリーンガラス(スーパーUVカット/IRカット・撥水機能)
電動チルト&テレスコピックステアリング (ハンドル前後調整)
ファブリックシート+合成皮革 コンビシート
ドアトリム&(パイピング調)オーナメント専用加飾
クリアブルー室内イルミネーション(Sグレードから追加で前席足元/コンソール/助手席ミッドパッド/前席ドアハンドル)
ナノイーX
フロント前席 メッキスカッフプレート(イルミネーション無し)

新型ハリアー G 見積もり

現金での支払い総額は、4,164,143円

項目金額金額(10%税込み:円)
ハイブリッドG3,529,000
プラチナホワイトパールマイカ38,500
アクセサリコンセント100VAC
非常時給電システム付き
44,000
PKSB+BSM68,200
12.3inchTFTカラーデジタルメーター+マルチインフォメーションディスプレイ58,300
3Dレザー超フロアマット28,600
ETC2.0セットアップ料金2,750
ドライブレコーダー78,435
税金・諸費用274,980

フロアマットは、個人的に1番オススメの「3Dレザー超フロアマット」を選択!!1番コストが安いフロアマットで、清掃も容易、見た目の高級感も高い!フロアマットでオススメである。

3Dレザー超フロアマット
出典:TOYOTA

カタログでよく見る12.3インチのナビゲーションは装備されない。

ということで、節約したい方はGをなるべくオプション少なく購入するという選択がよい。

前述で記載しているように、Gグレードのディスプレイオーディオは、改良で見た目がすっきとした(改良前は昔のテレビみたいだった)。そのまま買うことをお勧めしたい。

新型ハリアー G→Zで標準装備される装備

上級グレード Z にすると標準化される装備です。

Zグレード標準装備一覧↓
カラードリアスポイラー(Zはボディ同色 G以下はブラック色)
LEDハイマウントストップランプ(横一線ロングタイプ)
サイドドアミラー足元照明(チュウヒのロゴ付き)
静電式空調エアコンヒーターコントロールパネル
フロント前席イルミネーション付きメッキスカッフプレート
225/55R19タイヤ&アルミホイール
リアクロストラフィックアラートブレーキ(RCTA)
ブラインドスポットモニター(BSP)
ラゲッジスペース(メッキ調アルミ サイドボードプレート&プレート)
カラー投影式ヘッドアップディスプレイ
ハンズフリー式パワーバックドア (リアバンパー下に足入れ)
12.3インチ T-CONNECT付き SDナビ+JBLプレミアムサウンド(9スピーカー)(Aピラー ドア ラゲッジ ツイーター加飾あり)

Gではオプション設定となっていた、安全装備や12.3インチ T-CONNECT付き SDナビ+JBLプレミアムサウンド(9スピーカー)などを標準装備とする。

しかしZでも、助手席シートは、手動で位置を調整するシート。さらに、シートヒーター、ベンチレーション機能は非採用となる。

↓次ページ Zグレードについて

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ハリアー, CARレビュー, TOYOTA SUV
-, , ,