デリカミニ CARレビュー 三菱

デリカミニの装備はグレード別だと違いは?比較チェック

今回は、2023年1月に三菱自動車が発表を行い、5月にも発売を予定している新型デリカミニ。

グレード別の主要な装備が一部判明した。内装外装の画像などと併せて、グレードの違いなどを理解する機会になれば幸いだ。

三菱新型デリカミニのグレード別装備が判明!グレード違いもチェック

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

新型デリカミニの販売グレード構成は、下記の通り。

直列3気筒ハイブリッド2WD(FF)(円)4WD(円)
G1,804,0002,015,200
G Premium1,986,100
直列3気筒ターボハイブリッド2WD(FF)(円)4WD(円)
T1,881,000
T Premium2,075,000

下で詳しくグレード別の違いを紹介するが、GとT(ノーマル系グレード)の装備が簡略版で少なく価格が安い。G PremiumとT Premiumは、贅沢な装備を装備するので価格が高いという違いがある。

G系はNAハイブリッド、T系はターボを搭載するハイブリッドである。

デリカミニ見積もり価格と内装外装と装備は?情報まとめ

デリカミニ GとT

GとT 主要装備

  • LEDヘッドライト(光軸自動調整機構付)
  • LEDフロントフォグランプ
  • フロントバンパー
    シルバーアクセント
  • 助手席側電動スライドドア
    (イージークローザー付、ハンズフリーオートスライドドア)
  • 運転席側スライドドア
    (イージークローザー付)
  • 電動格納式ヒーテッド
    ドアミラー(ブラック)
  • フロントウインドシールド
    IRカット/UVカット機能付ガラス
  • フロントドア
    IRカット/99%UVカットガラス
  • ルーフレール
  • 本革巻(ブラック)
  • パドルシフト(Tのみ)
  • メッキアクセント付シフトノブ
  • 運転席&助手席シートヒーター(座面)
  • 撥水シート生地
    (合成皮革&ファブリック)
  • オーディオレス6スピーカー
  • 7型ナビ用パネル(ブラック)
  • リヤビューモニター付ルームミラー
    (自動防眩機能付)
  • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]
    (歩行者検知付)
  • オートマチックハイビーム[AHB]
  • 2WD 155/65R14+14インチ
    スチールホイール
    (フルホイールカバー付)
    など

電動パーキングシステム非採用、電動スライドドア非採用など、利便性の面が不足するグレードだ。価格は、もちろんその分安くなるから、比較してから必要に応じて購入するグレードを決めたい。

デリカミニ G PremiumとT Premium

G PremiumとT Premium 主要装備

  • GとTの装備に加えて
  • 運転席側電動スライドドア
    (イージークローザー付)
  • 本革巻(ブラック)+
    ステアリングヒーター
  • パドルシフト(TPremiumのみ)
  • 撥水シート生地
    (合成皮革+PVCシートバック)
  • 高速道路同一車線運転支援機能
    マイパイロット[MI-PILOT]
    (レーダークルーズコントロール(ACC)& 車線維持支援機能(LKA))
  • デジタルルームミラー
    (マルチアラウンドモニター付)
  • マルチアラウンドモニター
    (移動物検知機能付)
  • 電動パーキングブレーキ&
    ブレーキオートホールド
  • リヤサーキュレーター
    (プラズマクラスター付)
  • 165/55R15+15インチ
    アルミホイール
    など

高いグレードだけに、利便性、見た目を向上する装備を多く追加で標準装備にする。ACC、電動パーキングシステム、両側スライドドアなど標準装備となる。

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

 

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-デリカミニ, CARレビュー, 三菱
-, ,