https://yuki1enjoy.com

アウトランダー マツダ CARレビュー CX-60 比較 三菱

アウトランダーとCX-60【PHEVはどっち買う?違いを比較】

はい、どうも!消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。 

今回は、三菱が12月16日に発売を開始したアウトランダーPHEVと、マツダが2022年9月に発売予定するCX-60 PHEVを徹底比較する。

今が買い時!三菱アウトランダーPHEVとCX-60PHEVを比較しよう!

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

記事の内容と流れ

  • 価格を比較
  • 補助金を比較
  • 装備を比較
  • 外装を比較
  • 内装を比較
  • パワートレインを比較
  • 車両サイズを比較
  • どっちを買うべき?

①アウトランダーPHEVとCX-60PHEV 価格を比較

2021年12月に発売を開始した三菱アウトランダーPHEV。
こちらは、直列4気筒 2.4LPHEV(プラグインハイブリッド)を専売。
価格の方は、462,1万円〜532万円で、グレード別の価格は下記の通り。

新型アウトランダー2.4L PHEV乗車定員4WD
M5人4,621,100円
G5人4,904,900円
G7人4,996,200円
P7人5,320,700円

これに対して、2022年9月に発売予定のCX-60 PHEV。
PHEVの価格は、539万円〜626,4万円で、グレード別の価格は、下記の通り。

e-SKYACTIV PHEV 2.5乗車定員4WD
PHEV S Package5人5,390,000円
PHEV Exclusive Sports5人5,846,500円
PHEV Exclusive Modern5人5,846,500円
PHEV Premium Sports5人6,264,500円
PHEV Premium Modern5人6,264,500円

この2台を比べる!

今回比較するのは、 PHEV(プラグインハイブリッド)上位グレードだ。

  • アウトランダーPHEV P(4WD) 5,320,700円
  • CX-60 PHEV Premium(Sports・Modern)6,264,500円

車両価格の差は、943,800円となる。

CX-60の方に、94万円も沢山のお金を支払う必要があるのか分析していく。

YUSA
では、徹底的に比較していきましょう!

②アウトランダーPHEVとCX-60PHEV 補助金を比較

令和4年度予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」は、電気自動車、プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池自動車を対象に補助金を支給する。

対象車概要(クリーンエネルギー自動車補助金補正予算案)補助金の額(5月時点)
新型アウトランダーPHEV55万円
CX-60 PHEV55万円

令和3年度から倍増した金額で、購入を力強く後押しする。

この他、各自治体は、プラグラインハイブリッド車に、自動車税免税、補助金などを用意し、普及を後押しする(東京都など)。

YUSA
最新情報は、下記の記事を併せてご覧ください。

③アウトランダーPHEVとCX-60PHEV 装備を比較

YUSA
次の表は、違いに焦点を絞って主要装備をまとめた比較表です。

比較表の見方について

◯標準装備、△オプション設定、✕設定なし

YUSALOVESCAR(標準装備 有◯OP△無✕)  
 
2022.05調査アウトランダーPHEV P(4WD)CX-60PHEV(4WD)
アダプティブライトシステム 
LEDウインカー×リヤハロゲン
ステアリングヒーター◯ 
パドルシフト
ヘッドアップディスプレイ
デジタルミラー××
インテリアカラーブラック&タンブラック&タン
ブラック&ホワイト
夜間インテリアイルミ
前席シートヒーター
前席ベンチレーション×
本革シート
運転席&助手席パワーシート
シート位置メモリー機能
センターディスプレイ9インチ12.3インチ
純正ナビゲーション
BOSEサウンド
定員7人乗り5人乗り
ワイヤレス充電器
パノラマルーフ
3ゾーンエアコン
後席シートヒーター
後席USB2個
AC100V/1500W
パワーバックドア
(ハンズフリー)
360度カメラ

さらに詳しく

  • アウトランダーPHEVの装備を上から見ていくが、積極的にハイビームを使用するアダプティブライト(ALH)、回生ブレーキをコントロールするパドルシフト(回生レベルセレクター)を標準装備。さらに、純正ナビベーション、後席温度を独立で調整できる3ゾーンエアコンなどを標準装備とする。
  • CX-60PHEVは、シートの座面を冷やす前席ベンチレーション、12.3インチセンターディスプレイ、夜間インテリアイルミ、パノラマルーフなどを標準装備とする。

ココが気になる

  • アウトランダーPHEVは、夜間インテリアイルミネーションが非常に少なく、ディーラーオプションで購入すると価格が高いのが気になる。また、ベンチレーションを非採用とし、夏場のシート座面蒸れが発生するのが気になる点だ。見積もり解説記事で、夜間照明の価格などを記載している。

価格は462,1万円!新型アウトランダーPHEV【見積もり公開!注意点9つ!コスパいいじゃん】

  • CX-60は、価格を考慮するとメーカー純正ナビゲーションは標準で搭載がほしかった。また、アウトランダーも同様となるが、デジタルミラーの非採用は残念だ。

YUSA
それでは、次のページで内装外装、パワートレインの航続距離、広さなどを確認しましょう。

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

車の任意保険である自動車保険は、毎年3万円から30万円ほどの高額な費用がかかる。保険は使わずに済むことが一番だが、使わなければ「ただの無駄金」で、できる限り安い自動車保険に加入したい。 見直しを考えて ...

2

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

3

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

-アウトランダー, マツダ, CARレビュー, CX-60, 比較, 三菱
-, , ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.