https://yuki1enjoy.com

CARレビュー GRカローラ TOYOTA コンパクト

【GRカローラ初公開!2022年後半に発売】GRヤリス超えの304PSに注目!

2022年3月31日(日本時間4月1日)、突然の発表だった。

この日はアメリカカリフォルニア州ロングビーチでのフォーミュラドリフト開幕前日。

TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ自動車)は新型車である「GRカローラ」(北米仕様・プロトタイプ)をアメリカで世界初披露した。

世界を驚かせたトヨタの発表。

主な特徴を本記事では紹介していこうと思う。

お客様を虜にするカローラを取り戻す「モリゾー社長」自ら開発に携わる

GRカローラ 大きくワイド化 全幅は1850mmとなる

GRヤリスがヨーロッパで大人気となり現在も品薄が続いているように、

GRはかなり早いペースで人気とブランド力が強化されてきたように感じる。

しかしながらアメリカ国内ではこのGRヤリスの発売はされておらず、

アメリカの車好き達の不満を招いていた可能性は高い。

このことがGRカローラをアメリカで発表することに繋がったのかもしれない。

このような背景もあり、このGRカローラはGRヤリスと基本を共有しながら進化を遂げた形となっている。

開発に当たっては「お客様を虜にするカローラを取り戻したい」という豊田章男社長の強い想いから開発がスタート。

レースで勝つことを前提に鍛え上げられた車を市販化するというテーマを実践。

レーシングドライバーの石浦宏明選手、全日本ラリーチャンピオンである勝田範彦選手たちに加えて豊田社長もマスタードライバーとして走り込みを行った。

この走り込みにはサーキット走行はもちろん、ダートや雪道も含め実施されておりあらゆる面を想定した走りが期待できる。

GRヤリス超えの304PSに注目

GRカローラ スポーツ走行シーン

このGRカローラに搭載されるエンジンは、GRヤリス同様の「1.6リットル直列3気筒多ボーボエンジン」。

今回トヨタはこのエンジンをさらに強化し、最高出力を「304PS(224kW)」にまで引き上げることに成功している。

この数値はGRヤリス比で+32PSと大幅な進化。

圧倒的な加速に加えて、回転数の伸びをより感じることのできるエンジンに仕上がった。

車重はGRヤリスに比べ約190kg重くなってはいるが、この専用チューニングは大きなアドバンテージとなることが期待される。

GRヤリスでも十分に満足できた加速性能をより強化したという点は、十分にこの車の魅力を伝えることに成功しているかもしれない。

バルプ付きの3本出しマフラーも両サイドに2本と中央に楕円形が1本と非常に珍しい形をしている。

このマフラーにより排圧低減と消音性能を両立しながら、最高出力の向上が可能となった。

GRカローラに搭載されるエンジンは、GRヤリス同様の「1.6リットル直列3気筒多ボーボエンジン」

駆動方式もGRヤリス譲りの電子式多版クラッチによる前後駆動力可変式のスポーツ4WD「GR-FOUR」。

4WDモードとドライブモードを分けることでドライバーそれぞれの好みや走行環境に応じた選択が可能となっている。

ワイド化軽量化をこだわりの技術で

「バルプ付きの3本出しマフラー:中央は楕円形」 シビックタイプRを思い出す

このGRカローラのボディベースはカローラスポーツ。

ロングホイールベースによる優れた走行性能はそのままに、フロントを60mm、リヤを85mmワイドトレッド化することで高速旋回性能を高めた。

これにより走行時の安定性、コントロール性が向上し、限界域での走りを意のままに楽しむことができる。

そして5ドア・5人乗りという利便性の高さを維持することで、スポーツ性能と日常生活での使い勝手を両立している。

全体的にコンパクトな印象を持つが、フェンダーが広がっておりフロント部分の迫力は十分。

GRらしいフロンマスクやGRエンブレムを採用
ホイールは18インチ

そして多くの開口部を持つボディは冷却性能と空力性能を徹底追求している。

ボディ剛性についても強化されており、「元町工場 GR Factory」にて生産されることで実現する高剛性基本骨格を持っている。

ただ単に剛性を高めるだけではなく、CFRP素材のルーフパネルを使用することで軽量化にも成功していることが特徴だ。

機能美に満たされたスポーツデザイン

フロントを60mm、リヤを85mm

内装にも十分なこだわりを感じることができる。

ショートストロークのシフトレバーを採用し、ステアリングから自然に腕を降ろした位置に配置。

iMT 6MT ショートストローク メーターはフルTFT ハンドブレーキ採用

またサイドブレーキはドリフト走行などの使用も視野に入れたレバー式となっている。

メーターパネルに関してはGR車専用に開発されたフルTFT式を新規採用しており、スポーツ走行時の視認性を高めた作りである。

可能な部分はアナログにこだわり、「走るよろこび」にこだわった仕様となっていることが大きな特徴だ。

動画でも紹介しているため、ぜひご覧いただきたい。

GRカローラ(北米仕様)主な諸元(開発目標値)

※販売価格は未定

パワートレイン直3気筒DOHC 1.618cc ターボ
最高出力304PS/6,500rpm
最大トルク370Nm/3,000-5,550rpm
使用燃料無鉛プレミアム
トランスミッション6速iMT
駆動方式スポーツ4WDシステム"GR-FOUR"
全長×全幅×全高4,410mm×1,850mm×1,480mm
車重1,475kg
作動装置前後トルセンLSD

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-CARレビュー, GRカローラ, TOYOTA コンパクト
-, ,