https://yuki1enjoy.com

CARレビュー RAV4 TOYOTA SUV

【19の注意点】RAV4を検討中なら見てほしい!2021年12月マイナーチェンジ版

トヨタ自動車は、2021年12月1日に新型「RAV4,RAV4 PHV」のマイナーチェンジ(一部改良)を発売した。

今回は、取材や調査で明らかになった、マイナーチェンジ版RAV4の買う前に注意したい19点を紹介する。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

RAV4マイナーチェンジ 買う前19の注意点

YUSA
では早速、注意点を見ていきましょう!

RAV4注意点!①価格が非常に高くなる

2021年12月1日に発売予定のマイナーチェンジ版RAV4は、下記の価格で販売される。

直列4気筒2.0L ガソリン2WD4WD
X2,774,000円3,005,000円
G設定なし3,447,000円
G “Z package”設定なし3,595,000円
Adventure設定なし3,487,000円
特別仕様車 Adventure “OFFROAD package”設定なし3,637,000円
直列4気筒2.5L ハイブリッド(HYBRID) 2WD4WD(E-Four)
X3,374,000円3,627,000円
G設定なし4,085,000円
Adventure設定なし4,106,000円

改良前のモデルから価格は、約3万円〜約17万円値上がりする。購入を検討していたユーザーには、痛手になるだろう。

ただし、装備は次の内容が追加される予定だ。

RAV42021年の主な改良点

  1. HEV,PHVのLEDヘッドランプ意匠変更
  2. HEV、ガソリンのフォグランプLED化
  3. HEVにアドバンチャー新設定
  4. 全車ホイールデザイン変更
  5. 既存カラー廃止と新カラー新設定
  6. ルームランプをLED化
  7. フロント中央ドリンクホルダーに爪を増設
  8. ベンチレーション標準化
  9. おくだけ充電のオプション設定変更

上記の通り、追加される装備が多い。内容を考慮すると許容すべきだが、躊躇する値上がりであることは間違いない。内容を理解して納得できるなら、検討してよいだろう。貴方にとって、必要ない装備が追加されていると思うなら、中古車も検討すべきだ。

また、PHEVの価格は下記の通り。こちらは、改良前と同価格だ。

2.5L 直列4気筒PHV4WD
PHV G4,690,000円
PHV G“Z”4,990,000円
PHV BLACK TONE5,390,000円

RAV4注意点!②おくだけ充電のオプション設定が変更される

改良前のRAV4は、Adventureにもおくだけ充電をオプション設定としていた(13,200円)。シフトレバー奥に配置されるもので、トレイにスマートフォンを置くだけで充電できるものだ。

しかし、2021年12月1日に発売されるマイナーチェンジ版RAV4は、おくだけ充電の設定を変更。Adventureなどから廃止し、改良後はG “Z package”,HEV Gの2グレードのみオプション設定される(13,200円)。

特に、Adventureは悪路を走行するユーザーが多く、充電位置がズレてしまった事態が多かったと想定される。オプション購入率の多かった装備のため、注意点として紹介しておこう。

RAV4注意点!③フォグランプはハイブリッド&ガソリンで変更される

改良前のガソリン車

RAV4改良前は、上級グレードでも茶色のハロゲンフロントフォグランプを採用。オフロードSUVらしく悪くないが、先進的な印象は薄かった。

マイナーチェンジ版のRAV4では、ガソリン&ハイブリッドにてフォグランプがLED化され白色になり、先進的な見た目を確保する。

RAV4注意点!④ハイブリッドとプラグインハイブリッドのLEDヘッドランプが変更される

改良前:ハイブリッド:出典TOYOTA

RAV4ハイブリッドは、改良でヘッドライトデザインを変更。改良前はコの字型を表現するデザインだった(LEDクリアランスランプ+LEDデイタイムランニングランプ付+ハロゲンフォグランプ)。

RAV4(ハイブリッド車)

デザイン変更する改良後のRAV4(ハイブリッド車)、RAV4 PHV(全車)モデルは、デイライト、クリアランスランプのアイライン表現を強調。目力を強くすることでRAV4のタフさをより強調する。上位グレードのみデイライト機能を採用する。(Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ(LEDデイタイムランニングランプ[DRL]機能付)+LEDターンランプ)。

改良後:PHV

ライトの点灯方式は、上部の点灯しているエッジ部分が常時点灯デイライト兼クリアランスランプで、その下の一灯のライトがBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能・オートマチックハイビーム)だ。また、ハロゲン式だったウインカーが、LEDウインカーとなる。

RAV4注意点!⑤ガソリンのLEDヘッドランプは廉価版になる

改良前ガソリン:アドベンチャー

ガソリン車のヘッドランプは、改良前のシンプルなデザインから変更されない。このため、フォグランプはLED化されるものの(前述済み)、ハイブリッドとガソリンは大きく差別化される。ハイブリッドと見比べると、廉価版な印象を受けるのは間違いないため、ガソリンを検討しているなら注意が必要だ。

RAV4注意点!⑥ガソリンは数年後に買うべきかも

前述した通り、2021年12月に発売されるRAV4では、ガソリン車のヘッドランプデザインが変更されない。もし、変更後のデザインが欲しいなら、一旦購入を見直した方がよいだろう。

一方、米国仕様は、ガソリン車のヘッドランプデザインも刷新された。現時点で、これが日本仕様に投入されるかは未知数だが、可能性は高いだろう。

YUSA
日本仕様がしょぼいのは、非常に残念ですね。この他、日本仕様では改悪点があります。この後で、いくつか紹介します!

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

YUSAのオススメ記事

1

車の任意保険である自動車保険は、毎年3万円から30万円ほどの高額な費用がかかる。保険は使わずに済むことが一番だが、使わなければ「ただの無駄金」で、できる限り安い自動車保険に加入したい。 見直しを考えて ...

2

こちらでは、車を売却するのに必要な書類や要する期間など、車を賢く売却する手順をご紹介します。 知らないと大損する車の売却。情報格差により損をしてしまう方が少しでも減ればと思い、情報をまとめました。 私 ...

3

車の購入には沢山の高額なコストがかかります。 住宅の次に高額な買い物になる車購入において、できる限り賢く買い物をしたいと考えるのは当たり前のこと。こちらの記事では、発生するコストと節約するための知識を ...

-CARレビュー, RAV4, TOYOTA SUV
-, ,

Copyright© YUSA LOVES CAR , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.