https://yuki1enjoy.com

ステップワゴン ホンダ CARレビュー

【16の注意点】新型ステップワゴン後悔ないように覚えてほしいこと

今回は、2022年1月7日に発表され5月の発売を予定しているホンダ新型ステップワゴン(2022年フルモデルチェンジ版)の購入をサポートする内容。

内装外装、装備、グレードなどを分析したところ、買う前に見て欲しい16点の注意点が見つかった。独自情報を細かすぎる視点で、紹介する。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

新型ステップワゴンの価格をさらりと確認!

YUSA
注意点の前に、価格展開を確認しましょう。興味のあるグレードだけ、ご覧ください。
新型ステップワゴン ガソリン2WD4WD
AIR(7人乗り)2,998,600円3,240,600円
AIR(8人乗り)3,020,600円3,262,600円
SPADA(7人乗り)3,257,100円3,477,100円
SPADA(8人乗り)3,279,100円3,499,100円
SPADA PREMIUM LINE(7人乗り)3,462,800円3,653,100円
新型ステップワゴン e:HEV2WD
AIR(7人乗り)3,382,500円
AIR(8人乗り)3,404,500円
SPADA(7人乗り)3,641,000円
SPADA(8人乗り)3,663,000円
SPADA PREMIUM LINE(7人乗り)3,846,700円

【本題】ホンダ ステップワゴン買う前の注意16点!後悔しないように覚えておこう!

YUSA
それでは、買う前の注意点を確認しましょう!

ステップワゴンの注意点

  1. 車両サイズが大きくなりすぎている
  2. マルチビューカメラシステムはPREMIUMのみ標準装備
  3. マルチビューカメラシステムは9インチ以上のナビのみ
  4. 純正ナビゲーションが高い
  5. 左の補助ミラーは取れない
  6. ブラインドスポットインフォメーションはSPADAのみ
  7. 二列目シートのオットマンもSPADAのみ
  8. 運転席&助手席シートヒーターもSPADAのみ
  9. AIRは実質ベースグレードで不満が出る可能性が高い
  10. 二列目シートヒーターはPREMIUMのみ
  11. PREMIUMのシートは蒸れて暑い
  12. エンジン音と燃費性能はライバルに劣る可能性が高い
  13. AC100Vアクセサリーコンセントの設定がない
  14. アダブティブドライビングビームはPREMIUMのみ
  15. 運転が苦手なら自動駐車支援機能を持つトヨタ車がお勧め
  16. 低金利1.9%残価設定クレジットは早期に終了する

ステップワゴン注意点!①車両サイズが大きくなりすぎている

全長×全幅×全高(AIR)4800×1750×1840mm
全長×全幅×全高(SPADA)4830×1750×1845mm
全長×全幅×全高(ノア・ヴォクシー)4695×1730×1895mm
ホイールベース2890mm

先代の5ナンバーサイズから、新型は3ナンバーサイズへ拡大。特に、全長110mm、全幅60mmと大きく拡大している。当然、運転の取り回し性は低下するし、小さな車庫には入れにくくなる。

ライバルの新型ノア・ヴォクシーも5ナンバーサイズから3ナンバーサイズへ拡大された。サイズ拡大は、時代の必然的な流れとも言えるが、日本ユーザーとしては扱いづらくなるため要注意なポイントだ。個人的には、、5ナンバーミニバンの最大特徴である、「小さなミニバン」というメリットは何とか維持して欲しかった(3ナンバーへ拡大されてしまう)。新型ステップワゴン(SPADA)は、新型ノア・ヴォクシーより全長135mm全幅20mm大きくなる。

ステップワゴン注意点!②マルチビューカメラシステムはPREMIUMのみ標準装備

出典:HONDA

マルチビューカメラシステムとは、フロント、リヤ、左右ドアミラー下に配置されるカメラ映像を合成し、上から見下ろしたように360度車両周囲を確認できるシステム。

新型ステップゴンは、これを上位グレード「SPADA PREMIUM LINE」に標準装備。この他のグレードにおいては、メーカーオプションで設定される。

設定グレードメーカーオプション
AIR,SPADAマルチビューカメラシステム(88,000円)
(HONDA説明サイト)

ステップワゴン注意点!③マルチビューカメラシステムは9インチ以上のナビのみ

11.4インチ Honda CONNECT ナビ

新型ステップワゴンは、オーディオレス仕様(ナビ無し)で、必ずナビ画面を購入する必要があり、ディーラーオプションで8インチから購入することが可能だ。しかし、マルチビューカメラシステムを購入する場合は、9インチ以上のナビ画面をディーラーオプションにて購入する必要がある。8インチ以下の純正ナビ、社外品ナビでは、マルチビューカメラシステムが装備不可となるため、注意が必要だ。

ステップワゴン注意点!④純正ナビゲーションが高い

SPADA 前席インテリア(11.4インチ Honda CONNECT ナビ装備)

新型ステップワゴンは、中央に配置するナビ画面を必ず購入する必要があり、ディーラーオプションから購入する場合、ナビの画面サイズを大きくするに連れて、下記の通りどんどん高額になる。

新型ステップワゴンのナビは三種類金額
8インチナビ155,210円
9インチナビ235,730円
11.4インチ Honda CONNECT299,530円

8インチのサイズで15万円の価格は、割高と感じる。さらに、公式画像で使用されている「11.4インチ Honda CONNECT」は、299,530円も費用が発生する。高いと感じるのが、素直な感想だ。

近年は、ナビゲーションシステムを標準化、若しくはディスプレイオーディオを標準装備する車種が増加傾向で、高額なナビをユーザーに買わせる姿勢は時代に逆行していると言える。もちろん、車は全体的なコストパフォーマンスで評価すべきだが、ユーザーに割高な印象を持たせてしまう懸念がある。

ユーザーは、ナビの金額だけで判断すべきではない。見積もりの総額がいくらになるのか?ノア・ヴォクシーと比べて、支払い総額が安くなるのか?高くなるのか?で、判断すべき。同じ条件で見積もりを作成すると、新型ステップワゴンの方が少し安くなる金額になるため、お伝えしておきたい。ナビの料金だけで、判断すべきではないといことで、注意点として紹介だ。

ステップワゴン注意点!⑤左の補助ミラーは取れない

SPADAの補助ミラー

新型ステップワゴンは、車両左、死角部分の安全確認をサポートする補助ミラー(俗に「耳たぶミラー」と言う)を全車に標準装備し、法規制に対応する。しかし、この補助ミラーは、多くの車種において、死角部分の安全確認を十分サポートするものではない。

SPADA

また、サイドミラー下へ、耳たぶのように補助ミラーが配置されるため、車の外観が損なわれる。

このため、補助ミラーは外せるとよいのだが、新型ステップワゴンはマルチビューカメラシステムを購入しても補助ミラーが強制装備されてしまう。マルチビューカメラシステムを購入すれば、前述の通り死角部分の安全確認は映像で十分に可能で、補助ミラーは必要ない。全車に補助ミラーを付けることで、作り分けによる製造コストを低減する狙いと思われるが、これは残念な仕様だ。シンプルなデザインを売りにするなら、補助ミラーは外せるようにすべきだ。ライバルの新型ノア・ヴォクシーは、パノラミックビューモニターを購入すると補助ミラーが外れ、スッキリとした見た目になる。

ステップワゴン注意点!⑥ブラインドスポットインフォメーションはSPADAのみ

出典:HONDA

ブラインドスポットインフォメーションは、車両の斜め後方を監視し車両を検知した場合に、サイドミラーのLEDを点灯させドライバーへお知らせする機能だ。多くの車で普及が進んでいるが、新型ステップワゴンにおいては、SPADA、SPADA PREMIUM LINEのみに標準装備。AIRにおいては、オプション含めて非採用だ。所有する車に装備したいと考えるユーザーが増加しているなか、安全装備に対してこのような設定は不満が残る。

AIR

ステップワゴン注意点!⑦二列目シートのオットマンもSPADAのみ

SPADA 二列目シート

オットマンとは、足を支えてストレスのない着座姿勢をサポートする機能で、新型ステップワゴンは、これをSPADA、SPADA PREMIUM LINEのみに標準装備。AIRにおいては、オプション含めて非採用となる。オットマンは、ミニバンオーナーから需要が強い機能で、AIRを購入すると不満が出てくる可能性がある。ご注意いただきたい。

ステップワゴン注意点!⑧運転席&助手席シートヒーターもSPADAのみ

出典:HONDA

シートヒーターは、座面を暖めて、冬場の快適性を向上する機能。一度体験したら辞められない機能で、不可欠と考えているユーザーが多いが、新型ステップワゴンは、これをSPADA、SPADA PREMIUM LINEのみに標準装備。AIRにおいては、オプション含めて非採用となる。ご注意いただきたい。

YUSA
AIRの注意点は、他にもございます。長くなりすぎてしまうので、次にまとめて記載しました!

ステップワゴン注意点!⑨AIRは実質ベースグレードで不満が出る可能性が高い

出典:HONDA

前述の内容を含めてAIRは、人気装備を非採用とする。まとめた内容が下記の通りだ。

SPADAにあってAIRにない

  1. ブラインドスポットインフォメーション非採用
  2. 二列目シートオットマン非採用
  3. 運転席&助手席シートヒーター非採用
  4. パワーテールゲート非採用
    重いバックドアを手動で開ける必要あり
  5. 全席USBチャージャー非採用
  6. トリプルゾーン・フルオートエアコン非採用
    ※AIRのガソリン4WDのみ標準装備される

新型ステップワゴンは、シンプルなデザインのAIRと、エアロデザインのSPADAと二種類に分かれる。シンプルなデザインを特徴としたAIRが、ベースグレードという位置付けなのは残念だ。AIRが新型ステップワゴンの象徴と認識していたユーザーは、非常に多いだろう。せめて、上記の装備をオプション設定してほしかった。

YUSA
早期に一部改良で、変更される可能性が高いですね。
それでは、次のページで残りの注意点をご確認ください!

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ステップワゴン, ホンダ, CARレビュー
-, ,