https://yuki1enjoy.com

ノア・ヴォクシー CARレビュー TOYOTA ミニバン

【13の注意点】ノア・ヴォクシー買って後悔ないよう覚えておきたいこと

今回は、1月13日に発売されたトヨタ新型ノア・ヴォクシー(2022年フルモデルチェンジ版)の購入をサポートする内容。

内装外装、装備、グレードなどを分析したところ、買う前に見て欲しい13点の注意点が見つかった。独自情報を細かすぎる視点で、紹介する。

私は、消費者有利な自動車市場を目指すYUSAです。

新型ノア・ヴォクシーの価格をさらりと確認!

YUSA
注意点の前に、価格展開を確認しましょう。興味のあるグレードだけ、ご覧ください。
新型ノア ガソリン2WD4WD
X(7人乗り/8人乗り)2,670,000円2,868,000円
G(7人乗り/8人乗り)2,970,000円3,168,000円
S-G(7人乗り/8人乗り)3,040,000円3,238,000円
Z(7人乗り)3,240,000円3,438,000円
S-Z(7人乗り)3,320,000円3,518,000円
新型ノア ハイブリッド(HEV)2WD(7人乗り/8人乗り)4WD(E-Four)(7人乗り)
X3,050,000円3,270,000円
G3,320,000円3,540,000円
S-G3,390,000円3,610,000円
Z(7人乗り)3,590,000円3,810,000円
S-Z(7人乗り)3,670,000円3,890,000円
新型ヴォクシー ガソリン2WD4WD
S-G(7人乗り/8人乗り)3,090,000円3,288,000円
S-Z(7人乗り)3,390,000円3,588,000円
新型ヴォクシー ハイブリッド(HEV)2WD(7人乗り/8人乗り)4WD(E-Four)(7人乗り)
S-G3,440,000円3,660,000円
S-Z(7人乗り)3,740,000円3,960,000円

【本題】トヨタ ノア・ヴォクシー買う前の注意13点!後悔しないように覚えておこう!

YUSA
それでは、買う前の注意点を確認しましょう!

ノア・ヴォクシーの注意点

  1. 17インチアルミホイールはS-Zの2WDだけ
  2. 快適利便パッケージはややこしい
  3. 両側スライドドアは上位グレードだけ
  4. ウインカー(ターンランプ)がハロゲン
  5. テールのデザインが異なる
  6. 災害時に使えるアクセサリーコンセントはハイブリッドのみ
  7. ハイブリッドの窓は高遮音性ガラスとなる
  8. Gはスピーカーが4つだけで物足りない
  9. CD・DVDを装着するとオープントレインの形が変わり収納が狭くなる
  10. フロントLEDフォグランプはノアだけ
  11. センターコンソールがグレードにより大きく異なる!
  12. シフトレバーが3種類ある!
  13. 値引きが非常に辛い!

ノア・ヴォクシー注意点!①17インチアルミホイールはS-Zの2WDだけ

17インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)

新型ノア・ヴォクシーは、エアロボディの最上位グレードS-Z(2WD)のみに、17インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)を標準装備する。流れるようなスポークデザインでとてもカッコいいホイールだ。

17インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)

しかし、この17インチアルミホイールは、他のグレード、駆動方式(4WD)においては、装備することができない。

左(S-Z 4WD,S-G):右(Z,G)

S-Z 4WDは、中間グレードS-Gと同じ16インチアルミホイールで、ノーマルボディは全車16インチサイズとなる。

Z 16インチ

個人的に、背の高いミニバンで16インチサイズは、見た目が物足りないと感じるため紹介した次第だ。

ノア・ヴォクシー注意点!②快適利便パッケージはややこしい

出典:TOYOTA

新型ノア・ヴォクシーの上位グレード(S-Z、Z)は、快適利便パッケージ(High)を選択できる。

快適利便パッケージ(High)
HEV 2WD 148,500円
HEV 4WD 126,500円
など
--装備内容--
●ハンズフリーデュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付)
●パワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能・パワーバックドアスイッチ〈車両サイド〉付)
●「ナノイー X」
●ステアリングヒーター
●キャプテンシート(シートヒーター・オットマン[2WD車のみ]・角度調整付アームレスト[2WD車のみ])

しかし、2WDで装備できるオットマン、角度調整付きアームレストは、4WDでは設定されない。この分4WDは価格が安くなるが、二列目キャプテンシートの快適性は落ちる。後席の快適性を重視する方は、要注意だ。

また、中間グレード(G、S-G)で選択できる、快適利便パッケージ(MId)にも注意が必要だ。

快適利便パッケージ(MId)
HEV 172,700円
GS 178,200円
など
--装備内容--
■ハンズフリーデュアルパワースライドドア
■ナノイーX
■左右独立温度オートエアコン+リヤオートエアコン
■快適温熱シート(運転席・助手席)
■独立型センターコンソールボックス(後部充電用USBType-C2個付き:ガソリンGSのみ)

まず、S-Z、Zに設定の快適利便パッケージ(High)から内容が大きく変わる点に注意。

また、快適利便パッケージ(MId)の内容は、GS車の方が多い。独立型センターコンソールボックス(後部充電用USBType-C2個付き)は、HEVでは標準装備になっているのが理由だ。

快適利便パッケージは、購入すると満足度が大きく上がるオプションで購入がおすすめだ。セットオプションになっていて、内容が細かくことなるため、紹介した。

ノア・ヴォクシー注意点!③両側スライドドアは上位グレードだけ

ユニバーサルステップ装着車

ワンタッチスイッチ付きパワースライドドアは、ドアノブの操作をすると、スライドドアを自動で開閉できる便利な機能。両側に欲しい人が多いだろう。しかし、両側は、上位グレード(Z、S-Z)のみで、中間グレード(G,S-G)では助手席側のみ標準装備となる。

ただし、オプションで購入すれば解決できる。中間グレードは、ワンタッチスイッチ付きパワースライドドア(両側)を62,700円で設定する。買い物シーンを想定すると、運転席側にパワースライドドアが無いのはやはり不便だ。選択忘れのないよう、ご注意いただきたい。

ノア・ヴォクシー注意点!④ウインカー(ターンランプ)がハロゲンになってしまう

新型ノア・ヴォクシーは、LEDヘッドランプ(オートレベリング)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト)+AHS(62,700円)を選択すると、機能性、デザイン性がよくなる。上位グレード(S-Z、Z)のみ選択可能なオプションだ。

対して、、標準装備のヘッドランプだと、デザイン性、機能性が低下する。特に、新型ノアはハロゲンウインカーになってしまい、やや古臭くデザイン性が低下する。

S-G

新型ヴォクシーは全車LEDウインカーのままとなるが、こちらも少しデザイン性が低下するのは事実だ。三眼LEDヘッドランプがなくなってしまうのが、主な要員だろう。

また、新型ヴォクシーのテールランプは、全車でウインカー(ターンランプ)がハロゲンタイプになる。点灯している様子は、正直古臭いのだ。確認してから購入するのがよいだろう。

一方、新型ノアのテールランプは、全車で全てのライト類をLEDランプとする。点灯する様子は、当然ノアの方が先進的な印象となる。

見た目において、ライトは重要な要素だ。後悔しないように、理解して購入してほしい。

ノア・ヴォクシー注意点!⑤テールのデザインが異なる

出典:TOYOTA(左が上位グレード:右が中間グレード)

ヴォクシーは、全車で同じテールランプを採用するが、ノアはグレード間で差別化を確認した。

前述の通り、ノアは全車でテールランプをフルLEDとする。しかし、上位グレード(S-Z、Z)において中央バックドア部分も点灯するが、中間グレード以下のグレードにおいてはバックドア部分が点灯せず、差別化される。

出典:TOYOTA ノア(Z,S-Z)

少々の違いとなるが、ワイド感や迫力を重視するなら、やはり上位グレード(S-Z、Z)のテールランプが欲しいところだ。こういったところも購入した後に知ると後悔するかもしれない。事前にお伝えできたのであれば、幸いだ。

ノア・ヴォクシー注意点!⑥災害時に使えるアクセサリーコンセントはハイブリッドのみ

出典:TOYOTA HEV上位グレード標準装備

新型ノア・ヴォクシーは、ハイブリッド上位グレード(S-Z、Z)のみに、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)を2個標準装備とし、車両で電気製品を使用することが可能だ。この他のグレードは、ハイブリッドのみオプション設定される。

出典:TOYOTA 情報詳細はこちら

近年日本では、災害に備えるために装着率が増加している。ガソリン車では、非設定で装備できないため、注意して欲しい。

YUSA
では、次のページで⑦〜⑬の注意点をご覧ください。

次のページへ >

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-ノア・ヴォクシー, CARレビュー, TOYOTA ミニバン
-, , ,