https://yuki1enjoy.com

アルファード ハリアー ヤリスクロス ヴェルファイア CARレビュー 車ニュース RAV4 RAV4 PHV TOYOTA ミニバン TOYOTA SUV

【最新トヨタ2022〜23年】新型車とマイナーチェンジ情報!フルモデルチェンジをスクープ!徹底リーク!

多くのユーザーから愛されるトヨタ自動車の車。取材で確認することができた、新型車(フルモデルチェンジ)とマイナーチェンジ(一部改良)情報をお届けしよう。

2022年〜2023年に発売予定!トヨタ新型車(フルモデルチェンジ)&マイナーチェンジ(一部改良)を徹底リーク!

YUSA
それでは、トヨタ自動車の最新情報を確認していきましょう!下記の順番で、紹介して参ります!

記事の流れはこちら

  • シエンタ
  • アルファード
  • ランドクルーザープラド
  • ヤリスクロス
  • RAV4
  • GRカローラ
  • ハイエース
  • ハリアー
  • 他まとめ

新型シエンタ

進化のポイント

現行型の発売時期:2015年
発売時期:2022年夏頃 8月有力 (部品供給不足による延期の噂も浮上)

  • ヤリスクロスと共通の「TNGA GA-B」
  • 車両サイズ4260×1695×1695mmとなる
  • 後席膝前空間80mm拡大
  • 「新型THSII ハイブリッド バイポーラニッケル水素電池」
  • 電動パーキング非採用の可能性が高い
  • アクアと共通点を持つフロントデザイン
  • トヨタセーフティセンス
    プリクラッシュブレーキ交差点・右左折時対応

新型アルファード

出典:ベストカー

進化のポイント

現行型の発売時期:2015年
発売時期:2023年中

  • 「ダイナミックスフォースエンジン採用」
  • TNGA GA-K採用
  • V型6気筒エンジン廃止
  • クラウン先行採用の直列4気筒2.4Lデュアルブーストハイブリッドシステム搭載(ハイオク仕様)
  • ホイールベース3000mm拡大
  • キープコンセプトデザイン
  • 価格大幅UP

新型プリウス

現行型プリウス
出典:ベストカー

進化のポイント

現行型の発売時期:2015年12月
発売時期:2022年末から2023年

  • PHVの性能大幅向上
  • 新世代HEV採用
  • 燃費34km/Lを目標数値とする
  • 一文字テールランプ採用
  • 他のトヨタ車と差別化のため未体感をデザインで強調
  • EV新設定

新型ランドクルーザープラド(ランクルプラド)

出典:Spyder7

進化のポイント

現行型の発売時期:2009年
発売時期:2023年から2024年

  • GRグレード新設定
  • TNGA GA-F採用
  • 新型V型6気筒エンジン
  • キープコンセプトながらランクル300系のように先進化
  • 価格大幅UP

ヤリスクロス 2022年に初のマイナーチェンジ(一部改良)

進化のポイント

発売時期:2022年8月ごろ

  • アドベンチャー新設定
  • GR新設定
  • インナーミラー常時録画機能採用
  • 内装ブラックカラー
  • カラー変更
  • カラー廃止

RAV4 一部改良の変更はわずか!特別仕様車を新設定へ

RAV4ハイブリッド アドベンチャー
日本仕様:ガソリン「特別仕様車 Adventure “OFFROAD package”」
米仕様:ガソリン「特別仕様車 Adventure “OFFROAD package”」

進化のポイント

発売:2022年秋〜冬

  • ハイブリッドに「特別仕様車 Adventure “OFFROAD package”」新設定
  • ディスプレイオーディオ10.5インチへ大型化
  • TFTマルチインフォメーションディスプレイ12.3インチへ大型化
  • デジタルミラー常時録画機能を追加装備
  • プリクラッシュセーフティ「交差点・右左折時対応」に追加対応
  • USB typeAからtypeCへ変更

新型ハイエース 2023年以降にフルモデルチェンジ

従来型はキャブオーバーデザインのボンネットを持ち室内空間を最大に確保

進化のポイント

発売:2023年〜2025年

  • 従来通りのキャブオーバーデザイン
  • 衝突安全性確保のためセミボンネットデザイン
  • 初のハイブリッド採用
  • トヨタセーフティセンス採用による安全性向上

ハリアー 2022年中にもマイナーチェンジ(一部改良)!PHEVを新設定へ

ハリアーPHEVはRAV4PHEVと同じ専用加飾を採用するであろう

進化のポイント

発売:2022年秋〜冬

  • G“Leather Package”の廃止
  • 「12.3インチT-Connect SD純正ナビ」を「ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus」へ変更
  • プリクラッシュセーフティ「交差点・右左折時対応・緊急時操舵支援機能」を追加
  • TFTマルチインフォメーションディスプレイ12.3インチへ大型化
  • ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉をプラチナホワイトパールマイカ〈089〉へ
  • PHEV追加

新型カローラクロス マイナーチェンジ(一部改良)へ

従来型はキャブオーバーデザインのボンネットを持ち室内空間を最大に確保

進化のポイント

発売:2023年

  • ディスプレイオーディオPLUS10.5インチを採用か
  • プリクラッシュセーフティ「交差点・右左折時対応」に追加対応
  • アドベンチャー新設定か
  • GR新設定か
  • インナーミラー常時録画機能採用
  • 内装ワインレッドカラー追加へ
  • カラー変更
  • カラー廃止
  • 第五世代ハイブリッド採用

新型カローラ・スポーツ・セダン・ツーリング 2022年マイナーチェンジ(一部改良)へ

左からカローラツーリング・スポーツ・セダン
ヘッドライトなど新デザインが確認できる
(欧州仕様)

進化のポイント

発売:2022年8月〜秋

  • ディスプレイオーディオPLUS10.5インチ
    クラウド経由での音声エージェントなど採用
  • 外装ヘッドライトを中心としてデザイン変更
  • 内装新カラー設定などデザイン変更
  • 12.3インチTFTフルデジタル表示
  • 第5世代ハイブリッド
  • 上位グレードのヘッドライトはAHSシステム採用
  • 高度駐車支援トヨタチームメイトアドバンストパーク
  • デジタルキー

この他、カムリ ヤリス GR86など

さらに、受注が好調なヤリス、カムリ、GR86も一部改良を実施する。ヤリスに関しては、電動パーキング採用に期待が高まるが、今のところ販売店に情報はない。この他は、法規制に対応する小さな変更に留まる見通しだ。

YUSA
こちらの記事は、最新情報で常にアップデートします。ブックマーク登録がオススメです!

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-アルファード, ハリアー, ヤリスクロス, ヴェルファイア, CARレビュー, 車ニュース, RAV4, RAV4 PHV, TOYOTA ミニバン, TOYOTA SUV
-,