新型オデッセイ

車ニュース

新型車の最新情報リーク!2023年から2024年にフルモデルチェンジする国産車

今回は、多くのユーザーから期待を集める新型車(フルモデルチェンジ)について、紹介する(リーク&スクープ)。

YUSA
消費者有利な自動車市場を目指す車YouTuber YUSA がご紹介させていただきます!

トヨタ 2023年から2024年にフルモデルチェンジが予想される車たちをスクープ

新型クラウンSUVとセダン

新型クラウンのポイント

現行型の発売時期:2022年
発売時期:2023〜24年ごろ(他3車種)

  • TNGA GA-K「FFプラットフォーム初採用」
  • クロスオーバーは2022年9月に発売済み
  • 左からスポーツ→セダン→エステートの順で発売予定
  • SUVは後発で2車種販売
  • スポーティな走りを楽しめるクラウンスポーツ(画像の赤色)
  • 機能的なSUVスタイルのクラウンエステート(画像の黄色)

新型プリウス

新型プリウスのポイント

現行型の発売時期:2015年12月
発売時期:2023年1月

  • 現行型と共通の「TNGA GA-C」
  • 車両サイズ4600×1780×1430mmとなる
  • ホイールベース2750mm
  • 第五世代ハイブリッド&リチウムイオン電池
  • 電動パーキング非採用の可能性が高い
  • ベンチレーション採用
  • 新世代12.3インチDAPLUS
  • デジタルインナーミラー
  • ドライブレコーダー前後
  • パノラマムーンルーフ

新型アルファード

現行型アルファード エグゼクティブラウンジ
新型はキープデザインを採用する見通し

新型アルファードのポイント

現行型の発売時期:2015年
発売時期:2023年春から夏

  • 2022年4月が最後の改良で一年前後に発売が濃厚
  • 「ダイナミックスフォースエンジン採用」
  • TNGA GA-K採用
  • V型6気筒エンジン廃止
  • クラウン先行採用の直列4気筒2.4Lデュアルブーストハイブリッドシステム搭載(ハイオク仕様)
  • ホイールベース3000mm拡大
  • キープコンセプトデザイン
  • 価格大幅UP

新型アルファード【発売は2023年春以降!新TNGAや内装など】フルモデルチェンジ最新情報リーク!

新型ランドクルーザープラド

現行型ランクルプラド
新型はデザインをキープしつつ上質感向上を狙う

新型ランクルプラドのポイント

現行型の発売時期:2009年
発売時期:2023年から2024年

  • 2022年8月が最後の改良で一年前後に発売が濃厚
  • GRグレード新設定
  • TNGA GA-F採用
  • 新型V型6気筒エンジン
  • キープコンセプトながらランクル300系のように先進化
  • 価格大幅UP

新型C-HR

新型C-HRコンセプトカー

レクサス 2023年から2024年にフルモデルチェンジが予想される車たちをスクープ

RZ

RZ 異形ステアリングが確認できる
センターディスプレイはNXと共通

RZのポイント

発売日:2023年

新型ISワゴン

新型ISワゴンのポイント

発表:2024年ごろか

  • スピンドグリルボディ
  • セダンより後席空間を拡大
  • ラゲッジスペースは、荷室長を50mm拡大
  • 新開発「2.4L-T HEV DIRECT4」搭載か

LBXと名乗るか?ヤリスクロスのレクサス版が登場へ!!

レクサスLBXイメージ

LBXのポイント

発売日:2023年ごろ

  • UXより小さい車両サイズ
  • 機械式立体駐車場は非対応
  • 全幅は1800mm以下となる
  • PHEVも用意か
  • ヤリスクロスと共通のTNGA採用
  • 新世代レクサスの内装外装を採用
  • スピンドグリルボディ
  • 価格300万円前半〜か

日産 2023年から2024年にフルモデルチェンジが予想される車たちをスクープ

新型エルグランド

新型エルグランドのポイント

現行型の発売時期:2010年
発売時期:2023年中頃から2024年

  • 第二世代e-POWERを採用による大幅走行性能向上
  • EVアリアのように薄型LEDヘッドライトを採用
  • Vモーショングリルは維持
  • 日産新世代エンブレム
  • ノートシリーズと共通のフルデジタルインフォメーションディスプレイ採用
  • 先進感を強調しながらも存在感のあるデザインを目指す(EVアリア似)
  • 電動パーキング初採用

新型スカイラインクロスオーバー

新型スカイラインクロスオーバーのポイント

2016年販売終了
発売時期:2023年中頃から2024年

  • 第二世代e-POWERを採用による大幅走行性能向上
  • Vモーショングリル採用
  • 日産新世代エンブレム
  • ノートシリーズと共通のフルデジタルインフォメーションディスプレイ採用
  • ハリアー打倒へ高級を強く意識

新型マーチ

新型マーチのポイント

発売時期:2023年中頃から2024年

  • 第二世代e-POWERを採用による大幅走行性能向上
  • 日産新世代エンブレム
  • ノートシリーズと共通のフルデジタルインフォメーションディスプレイ採用

新型GT-R

新型GT-Rのポイント

現行型:2007年10月
発売時期:2023年中頃から2024年

  • 電動化しモーター搭載する可能性あり
  • 新型ファレディZと同じようなビッグマイナーチェンジの可能性もあり
  • プラットフォームやパワートレインは現行型から流用の可能性もあり
  • より先進的なフルLEDヘッドライトを採用

ホンダ 2023年から2024年にフルモデルチェンジが予想される車たちをスクープ

N-SUV

N-SUVのポイント

発売時期:2024年ごろ

  • Nシリーズの新車種
  • ホンダ初の軽クラスSUVタイプ軽自動車
  • EV搭載可能な新プラットフォーム
  • タフなイメージを強調する外装デザイン

ZR-V

ホンダ HR-V

ZR-Vのポイント

発売時期:2023年春

  • シビックと共通のプラットフォーム採用
  • 全長4566×全幅1840×全高1610mm
  • ダブルウィッシュボーン式サスペンション採用
  • ホンダ初採用ヒルディセントコントロール
  • 部品供給不足の影響を受け延期が懸念される

新型オデッセイ

新型オデッセイのポイント

発売時期:2023〜24年

  • 中国生産車両を輸入にて販売
  • アルファード並みまで車両サイズ拡大
  • 直列4気筒2Lハイブリッド
  • ヴェゼルやステップワゴンに類似するデザイン
  • 高級志向のユーザーに応える内装外装の品質を提供

新型フリード

新型フリードのポイント

現行型の発売時期:2008年
発売時期:2023年

  • 次世代2モーター式e:HEV採用
  • 9インチホンダコネクトディスプレイ
  • ホンダの新らしい内装外装デザイン採用
  • 電動パーキング採用
  • 新型シエンタを意識した価格を設定し値上がりとなる

フリード見積もり価格と限界値引きは?特別仕様車や一部改良の内容とは?

ホンダ再生リスト

マツダ 2023年から2024年にフルモデルチェンジが予想される車たちをスクープ

新型MAZDA6

MAZDA6

新型MAZDA6のポイント

現行型の発売時期:2012年
発売時期:2023年から2024年

  • CX-60のようなフロントマスク
  • プラスのデザインで迫力を持つ
  • CX-60にて採用の直6エンジン搭載を予定
  • CX-60にて採用の8AT
  • 内装外装の先進化
  • 安全先進装備の向上
  • SUV注力のため延期されている

CX-80

CX-8

CX-80のポイント

発売時期:2023年中

  • CX-8販売終了→後継としてCX-80
  • パワートレインはCX-60で採用の直列6気筒、PHEVを含む4つを展開か
  • CX-60にて採用の8AT採用
  • CX-60にて採用の新デザインコンセプト内装外装か
  • CX-60が全幅1890mmのため全幅1920mm周辺まで拡大か

YUSA LOVES CAR マツダ動画再生リスト

スバル 2023年から2024年にフルモデルチェンジが予想される車たちをスクープ

新型XV 新名称クロストレック

新型クロストレックのポイント

発売日:2023年春

  • デジタルマルチビューモニター
  • 現行型を踏襲するデザインしながらも新世代のスバルデザインを採用
  • 2.0L e-BOXER
  • 車名:クロストレックへ変更

新型インプレッサ

新型インプレッサのポイント

発売日:2023年

  • RSグレード新設定し2.5L水平対向4気筒エンジン採用
  • 11.6インチマルチインフォメーションディスプレイ
  • 2ピニオン電動パワーステアリング
  • 新世代アイサイト標準装備
  • スマートフォンアプリでのリモートロック

新型WRX STI

WRX S4

新型WRX STIのポイント

発売時期:不明 販売見送りか

  • 米国スバル市場投入を否定
  • 当面S4のみで販売
  • 中古車市場では先代WRX STIの価格が高騰

WRX S4【見積もり公開!グレードの違いとは?】装備の内容やオプションなど解説

YUSA LOVES CAR スバル動画再生リスト

スズキ 2023年から2024年にフルモデルチェンジが予想される車たちをスクープ

新型ジムニーロングホイールベースバージョン5ドア

新型「ジムニー5ドア」

新型ジムニーのポイント

現行型の発売時期:2018年
発売時期:2023年以降 納期落ち着き次第進行か

  • ジムニー5ドア化
  • 後席居住空間の確保
  • 乗り心地向上
  • アフリカ、中南米へ輸出

新型スイフト

新型スイフトのポイント

発売時期:2023年以降

  • 新プラットフォームハーテクト
  • 直列4気筒1.4Lエンジンでマイルドハイブリッド初採用
  • 燃費向上ながら走行性能を向上
  • 電動パーキング非採用
  • ATとMT販売

YUSA LOVES CAR スズキ動画再生リスト

ダイハツ 2023年から2024年にフルモデルチェンジが予想される車たちをスクープ

新型ムーヴ

新型ムーヴのポイント

現行型の発売時期:2014年
発売時期:2023年

  • e-SMART HYBRID
  • S-PDL(ワンペダル操作)
  • 電動パーキングシステム
  • 安全先進装備の強化(スマートアシスト)
  • ロッキーにて初採用されたDNGAを採用予定

YouTubeダイハツ再生リスト

車を購入するお金が不足している方は、車を売る正しい手順について解説している関連記事を見てほしい。

愛車が何円か?日頃から確認を。45秒です!

商談前の相場確認が重要

カーディーラーは、ユーザーの車を50万円以上も安く下取りします(実際の査定額)。大きな損をしないために、日頃から「愛車が何円で売れるのか?」相場の確認をすべきです。

「愛車が何円で売れるのか」確認すべき理由

  • 50万円以上の損をしないため
  • 次の車の購入計画を作るため
  • 車の販売店に騙されないため

そして、愛車の相場が簡単に確認できる「ナビクル車査定」を利用すべきです。

「ナビクル車査定」を利用すべき理由

  • 45秒で申し込み完了
  • 買取データがすぐ確認可能
  • 相場の確認でも利用可能
YUSA
公式サイト「ナビクル車査定」からの利用で無料です。

 

ディーラーの下取りは120万円も安い!

\ 買取相場を見たい人が利用中! /

愛車をクイック診断する

ナビクル車査定:金額は実際の査定額

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YUSAと申します

「消費者有利な自動車市場を目指して」を合言葉に活動中! 車売買で後悔する消費者ゼロを目指して情報発信を行い、自動車業界に貢献して参ります。 私YUSAは、公正な情報の記載をここに誓います。

-車ニュース
-, , , , , , , ,